就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て中は掃除できない?掃除のコツと、ママにオススメの掃除機

子育て中は掃除できない?掃除のコツと、ママにオススメの掃除機

子育て中は、掃除をしてもすぐに散らかってしまうのが悩みというママも多いのではないでしょうか。毎日完璧に掃除機をかけることも難しいし、だれかコツを教えてくれないかな、なんて思うことも多いようです。ここでは子育て中のママにおすすめの掃除のコツや、おすすめ掃除グッズなどをご紹介していきます。

掃除ができないのは心のSOSかも?

子育て中は100%の部屋を目指さない

昔は難なく掃除ができたのに、子どもやパパが散らかしてしまうなどで、なかなか思うように掃除ができないという人もいるのではないでしょうか。また、忙しい日々を送る中で、心理状態が安定していないために、その心が部屋を片付ける気力を失わさせ、掃除がうまくいかない方もいるかもしれません。

これは多くのママにいえることで、特に赤ちゃんが生まれて1年目などは、清潔さを気にする気持ちと、汚れていく部屋の狭間で、ストレスをためることもあるようです。子育て中に完璧な掃除を求めると、心も体も疲れてしまいます。

まずは今までの掃除方法を見直して、100%を目指さない、ママの生活にあった掃除スタイルを見つけてみることから始めませんか?

1日5分の短時間お掃除からはじめてみる

みなさんは、掃除にどのくらい時間をかけるのがベストだと考えていますか?掃除が得意ではない人ほど、まとまった時間に一気に掃除する方法をとるようです。

しかし、子育て中は「まとまった時間」をとること自体が難しいので、なかなか掃除ができないと感じているのではないでしょうか。

そこでおすすめなのは1日1箇所5分でできる掃除を行う、1週間掃除リスト方式。月曜は玄関、火曜はトイレ、水曜はキッチンのシンク、木曜はキッチンのレンジ周りといったように5分でできるように小分けにし、生活の一部にしていくのがよいでしょう。ですが「毎日掃除することすら億劫」という方もいるかもしれません。そんなママにとっておきの方法を次にお話しします。

収納を考える前に、まずは捨てることから!

整理収納アドバイザーの先生に聞くと、必ずいわれるのは「収納よりもまず捨てろ!」です。物が多いと単純に汚く見えることもありますし、掃除の手間もかかります。掃除機がけや雑巾がけのときに、毎回、物をどかす作業が増えるので掃除時間も多くなってしまいますよね。

物を捨てられない人は、いったん3つの段ボールに「いる・いらない・保留」と書き、そこに分別していきます。いるかいらないか迷った物は、躊躇せずに「保留」にまわします。「保留」の箱に入ったものは、箱に封をして3カ月クローゼットの中へ。3カ月思い出さずにすごしたら「いらないもの」に認定しましょう。

いつかなおそうと思っている壊れた家電、子どもがもう触らないおもちゃは捨てましょう。

子どもの「いたずら汚れ」にはコレが効く

油性ボールペンの落書きを消す

子育て中の掃除のお困りごとの1つは、子どもの落書き。気づいたらテーブルにボールペンで絵を描いていたなんてこともありますよね。

水性ボールペンならば、ガラスクリーナーを綿棒などにつけてこすると比較的簡単にとれますが、油性ボールペンで落書きされたときは、なかなか落ちず大変といった声も。

そんなときは「エタノール」と「メラミンスポンジ」を用意してください。エタノールは、消毒用エタノールでも、除光液でも大丈夫。小さい布かコットンにエタノールをつけて、まずは汚れの部分だけ軽く拭き取ります。その次に「メラミンスポンジ」に水を含ませて、落書き部分を軽めに何回かこすってみてください。強くこすると素材によっては傷がつくので注意してくださいね。

床に描いたクレヨンはどう消す?

クレヨンの汚れは、書いた場所によって落とし方を変えます。どこに描いてしまったとしても、いきなり水拭きをしないこと。汚れが広がってしまうので注意してください。

もし書いたのが木のテーブルなど木製家具の場合、乾いたぞうきんで乾拭きをすることで落ちることもあるので、まずは乾拭きから始めてみてください。それでも取れない場所は、歯ブラシに歯磨き粉を付けてこすり、絞った濡れ雑巾で拭き取ります。

クレヨンは油性なので、ボールペンと同じくエタノールで拭くと綺麗に取れることも。ボールペンと同じく、メラミンスポンジでこするのもよいですが、強くこすりすぎて傷がつかないように気をつけましょう。最後に濡れ布巾でしっかり汚れを拭き取ることも忘れずに。

カーペットにお醤油をこぼしたら?

ちょっと目を離した隙に、お醤油をこぼされた!なんてことありませんか?そんな時は慌てずこんな方法を試してみてください。

まず、キッチンタオルでこぼしたお醤油の上から押して吸い取ります。グッと押しすぎると中にしみますし、ゴシゴシすると広がるので軽く押し当てる程度に。次に洗面器などに水を張り、台所用の洗剤を垂らします。分量は大体、水100mlに5、6滴程度です。雑巾の端を作った洗剤液に少し付けて、汚れをトントン叩いて落とします。何度か叩いていくと汚れが雑巾に移るので雑巾の場所を変え、汚れが落ちるまで続けます。

色が落ちたら、雑巾をすすぎ絞り、水拭きします。最後に乾いた雑巾でしっかり水気をとればOK。服についたシミも同じ方法でとることができます。

ママ世代に人気の掃除機と掃除道具

掃除機は、ハンディ派?ロボット派?

忙しいママに人気の掃除機といえば、サッと取り出せてコードがないタイプの掃除機。場所もとらず、普段は部屋の隅で充電できるので、押し入れから取り出して、コードを差して…という手間もなく、子どもがコードを抜いたり足を引っ掛けたりという危険もないためオススメです。

吸引力が魅力の「ダイソン」のハンディタイプ掃除機や連続運転で1時間ももつ、「東芝」のコードレスクリーナーも魅力的ですよね。

またアイロボットの「ルンバ」をはじめとしたロボット掃除機も、東芝の「トルネオ」やパナソニックの「RULO」など様々な会社から発売されていますが、価格で悩んでいるなら、ツカモトエイムの「mini neo」もチェックしておきたいところです。デザインもシンプル!
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC