就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティフォトで思い出に残そう!セルフで撮るコツや撮影アイデア

マタニティフォトで思い出に残そう!セルフで撮るコツや撮影アイデア

妊娠してお腹が大きくなった姿。少し恥ずかしいような、でも誇らしいような気持ちになりますね。妊娠中は女性が一番美しくなるともいわれる時期です。ぜひ、この素晴らしい瞬間をマタニティフォトとして記念に残しておきましょう。スタジオ撮影だけでなく、綺麗に撮れるセルフ撮影やポーズのアイデアをご紹介します。

マタニティフォトの撮影時期や値段を知ろう

マタニティフォトってなに?

妊娠して大きくなったお腹を惜しげもなく披露する海外モデルや芸能人の姿を、雑誌のカバーやSNSの投稿でみかけることも珍しくない現代。写真スタジオでもマタニティフォトのプランがあったり、マタニティフォト専門スタジオもできたりと、そのブームは一般にも広がっています。

マタニティフォトはお腹の大きくなった妊娠中の姿を美しく残すために撮影するものです。生まれてくる赤ちゃんとの初めての記念撮影の意味もあり、「いつか子どもに見せてあげたい」という思いから撮影するママが多いようです。

赤ちゃんを待ち望む姿は、被写体として素晴らしい瞬間であることは間違いありません。赤ちゃんとママが一心同体だったころの神秘的な姿をぜひ残してみてはいかがでしょうか。

マタニティフォトの撮影時期の目安

マタニティフォトで写したいのが、大きなお腹と幸せがあふれる表情です。撮影時期の目安は、この二つがそろう妊娠7カ月から8カ月ごろがおすすめです。

臨月に入ってしまうと、いつなにが起きるかわかりません。マタニティフォトの撮影には予約が必要ですので、余裕をもったスケジュールにしましょう。

マタニティフォトのだいご味は大きいお腹が目立つように撮影することです。中にはセミヌードさながらに、肌を露出する演出も人気です。

ロケーション撮影といって野外で撮影するプランもありますが、お腹を出したい場合気温が低い冬などは避けた方がよいですね。お腹が大きくなる時期と、希望の撮影プラン、もちろんママの体調も考えてふさわしい時期を選びましょう。

マタニティフォトの値段の相場は?

マタニティフォトを写真スタジオで撮る場合、一般的なプランを利用すると30,000円前後になります。撮影時間は1時間ほど、衣装やメイク付きで撮影データの購入、またはアルバム作成などをすることができます。

写真はワンカットのみ、衣装もメイクも自分で用意すれば10,000円以内でも撮ることができます。近所の写真館でも希望を伝えれば協力してくれることがありますよ。

ですが、マタニティフォト専門スタジオで撮影すれば素敵なマタニティドレスやさまざまなオプションがそろっているので、芸術的、神秘的な1枚が撮れるアイデアやプランが利用できるなどのメリットがあります。

もちろん、ロケーション撮影をしたりやボディペイントなどを施したりすればその分高額になります。

セルフでマタニティフォトを撮影するコツ

実際に写真に写るので背景はこだわろう

体調が安定しない妊婦さんや、スタジオ撮影が恥ずかしい妊婦さんには自宅でのセルフ撮影もおすすめです。初心者でも綺麗に撮れるコツを覚えておくと、赤ちゃんが生まれた後も美しい写真が残せますね。

まず、被写体であるママがお気に入りの衣装やポーズで写ることが大前提ですが、ここで背景にこだわるかこだわらないかで仕上がりがまったく違ってきます。生活感があふれる室内やごちゃごちゃした棚などが写り込むと芸術的とはいいがたい写真になってしまいます。

写真スタジオのようなスクリーンを用意するのは大変ですが、その代わりに真っ白な壁やレースのカーテンの前などで撮影すると雰囲気が出ます。屋外で撮影する場合は、電柱や看板などの人工物が少ない場所を選びましょう。

自然光で撮ると綺麗に!

写真撮影にはある程度の明るさが必要なのは常識ですが、照明を間違うと思ったような仕上がりにならない場合がありますので注意しましょう。とくに蛍光灯は肌色を悪く見せることがあるので、撮影は自然光を基本に、日差しのある日中に撮りましょう。

室内が暗いと感じるときは、照明やフラッシュなどは使わず窓際などの日が入る場所で撮れば大丈夫です。露出の調整ができるカメラであれば明るめに設定しておくとよいでしょう。

同じ部屋でも時間の変化で室内の明るさや日差しの方向などが変わってきます。最近はスマホのカメラで簡単に試し撮りができますので、本番前に何枚か写真を撮って時間帯や場所の選定をしておくと撮影もスムーズに進みますよ。

逆光や斜めからの光で撮影しよう

明るくポップな写真も可愛いですが、マタニティフォトで人気なのが神秘的で神々しい雰囲気の写真です。ブライダルフォトにも近い「美しい写真を撮りたい」ママが多いようです。

着る衣装やポーズにこだわることである程度の雰囲気は作ることができますが、よりプロっぽく仕上げるポイントは逆光や斜めからの光で撮影することです。スナップを撮るときに、どうしても顔に対して真正面から光が当たる場所を選んでしまいがちですが、こうすると証明写真のようなのっぺりした顔になってしまいます。

あえて逆光で撮ることで柔らかく、神々しい雰囲気に。斜めに光が当たることで影ができ、神秘的で落ち着きのある仕上がりになります。大きくなったお腹も目立たせる効果があります。

マタニティフォトの撮影アイデア

パパと一緒に写るときのポーズ

マタニティフォトの主役は大きくなったお腹のママですが、パパと一緒に撮れば1番最初の家族写真にもなります。せっかくのマタニティフォトですので、新しい家族を待ち望むパパの姿も残しておきましょう。

家族写真というと、家族が横並びに写ったものが多いですが、マタニティフォトではポーズをとって嬉しい気持ちを表現すると素敵な写真になります。「パパにママのお腹にキスしてもらう」「パパがママを後ろから抱きしめ2人でお腹に手を添える」などが定番のポーズです。

赤ちゃんが生まれたときにも同じポーズで撮ったり、連作になるような作品を考えたり、アイデア次第で面白いマタニティフォトになるので、夫婦で一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

小物を使っておしゃれに!

撮影のためのポーズがなかなか決まらないママは、小物を上手に利用してみましょう。小物を手に持つことで自然なポーズが出やすくなります。

おすすめはブーケやマタニティサッシュベルト。ブーケは手に持つことで画面が一気に華やかになります。

マタニティサッシュベルトとは、妊婦さんのお腹に巻く布製のベルトです。花をたくさんあしらったものなどエレガントなベルトもあり、妊娠線が出てきたママの気になる部分が隠せるのでおすすめ。

手作りもできるので、妊娠中に作成してみてもよいですね。ほかにもエコー写真を一緒に写したり、赤ちゃん用の小さな靴やおもちゃなどを手に持ったりすると、ママの優しい気持ちがあふれる写真になります。

上の子と楽しく撮るのも可愛い

マタニティフォトはお腹の中の赤ちゃんとのはじめての家族写真という意味もあるので、兄弟姉妹がいる場合は上の子も一緒にフレームにおさめるのも可愛いですね。

パパやママと同じように、上の子も赤ちゃんの誕生を心待ちにしています。その素直な気持ちを写真に残せば、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる心構えもより大きく芽生えるはずです。

上の子との楽しいマタニティフォトを撮るためにおすすめなのが、マタニティペインティングなどの楽しい演出です。ママのお腹に思い思いのイラストを施すマタニティペイントに上の子のはじけるような笑顔が合わさると可愛さも満点!

ほかにも、ママのお腹にキスしたり、ママとお腹の大きさを比べっこしたり、子どもならではの可愛い表情を残してくださいね。

まとめ

赤ちゃんが生まれる前はドキドキ、わくわく、毎日が待ち遠しい気持ちでいっぱいですね。その幸せな瞬間を切り取るマタニティフォトは、きっと産後、忙しいママの癒しになります。

産後は、赤ちゃんのお世話でとっても大変。ママも泣きたくなってきます。

そんなとき、マタニティフォトのアルバムを開けば、そのころの待ち遠しかった気持ちが蘇り「まだまだ頑張らなくちゃ」と思えるものです。つらい気持ちもあっという間に思い出になりますので、マタニティフォトを眺めて、いつまでも初々しい気持ちを忘れないでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018