就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの生活リズムを直したい!直すためのポイントと睡眠の重要性

子どもの生活リズムを直したい!直すためのポイントと睡眠の重要性

子育てする中で、寝かしつけが一番苦労する、というママも少なくないと思います。幼児期の子どもにとって、正しい生活リズムを作り、十分な睡眠をとることはとても重要な意味を持ちます。そこで今回は、乱れがちな生活リズムを直すためのポイントと、睡眠の重要性について解説していきます。

今の生活から原因を探ってみよう

夜の寝る時間は遅くなっていないか

子どもの生活リズムが整わない理由はなにか、まずはその原因を探ってみましょう。最初に疑うべきは、夜寝る時間です。大人の時間に合わせて、23時、24時と、深夜になってから布団に入る、といった生活になっていないでしょうか。

幼児期の子どもに必要な睡眠時間は、1~2歳で11~14時間、3~5歳で10~13時間程度が理想とされています。仮に3歳児が朝8時に起きると考えると、19~22時には寝つくようにしたいところです。

夜寝る時間が遅くなれば、必然的に朝起きる時間も遅くなってしまいます。無理やり起こそうとしてグズってしまうと、ママのストレスも増すばかりでしょう。遅くとも21時頃までには布団に入って寝る準備ができるように、段取りよく時間を使うことが大切です。

朝ごはんはしっかり食べているか

パパやママも、子どもと一緒に朝ご飯をしっかり食べていますか?朝食は一日の生活リズムを作る第一歩となる大切なものです。朝食をとることで血糖値が上がり、脳に栄養がいきわたります。脳にとっては目覚まし代わりといってもよいでしょう。

逆に朝食を抜くと脳が栄養不足状態に陥り、一日中ぼーっとして、集中力や記憶力がないまま過ごすことになってしまいます。もちろん脳にとってだけでなく、身体にとっても朝食で栄養補給することは大切です。食後は体温が上がり、元気に活動できるでしょう。

また、朝食を食べることで胃腸にも刺激を与え、食後に便意をもよおすきっかけになります。朝の「よいウンチ」は、健康的な生活習慣には欠かせない要素です。

運動(遊び)は十分に足りているか

子どもが夜なかなか寝つかなかった日を振り返ると、あまり運動をせずに過ごしていた、ということはありませんか?日中外で思いっきり遊んで、子どもの有り余る体力をしっかりと消耗することができれば、夜は苦労せずすんなりと眠りについてくれるかもしれません。

子どもは、ママが「寝かしつけよう」と必死になるから逆に寝ない、ということもあります。なぜか、ママの焦りやイライラが伝わるのですね。たくさん運動して、しっかりと疲れていれば、無理に寝かしつけをしなくても、時間になればウトウト眠たくなりはじめるものです。

ただし、疲れすぎてお風呂や夕飯の前に寝てしまわないように、うまく時間調節することは必要ですね。お日様の光を浴びると、思った以上に疲れて眠くなるようですよ。

生活リズムを直すためのポイント

まずは「早起き」からはじめてみよう

日々の生活習慣を見直してみて、改善すべき点は見えてきましたか?乱れた生活リズムを直すなら、まずは「早起き」からはじめてみてはいかがでしょうか。先ほども書いたとおり、起きる時間と寝る時間には密接な関係があります。

人間は、朝日を浴びることで体内時計をリセットするといいます。早起きして、お日様の光をたっぷりと浴びるように子どもに教えてみてください。早起きを実践することで、早寝もできるようになってくるでしょう。

体内時計がリセットされることで、生活リズムが整い、夜になれば自然と眠たくなります。質のよい睡眠で一日の疲れをとり、翌日また元気に動ける丈夫な身体を作ることができます。「早起きは三文の徳」と昔からいわれるのも納得ですね。

お昼寝の時間や必要性を見直してみよう

子どものお昼寝には個人差があります。1歳くらいで卒業してしまう子どももいますし、5歳頃でもお昼寝を欠かさない子どももいるでしょう。夜の寝つきが悪い場合、ママは子どもの体力やリズムをよく観察して、お昼寝の時間や必要性を見直してみてください。

体調不良や疲れすぎで、やむを得ずお昼寝してしまったとき以外は、日々のお昼寝の時間を徐々に短くしていき、最終的にはお昼寝卒業を目指してもよいでしょう。

2、3歳くらいで、まだまだお昼寝が必要という場合は、遅くても15時頃までにはお昼寝から目覚めておくことを心がけたいですね。お昼寝中はママもほっと一息つけて、貴重な時間だと思いますが、子どもの生活リズムのためにも、長時間寝かせることは避けた方がよいでしょう。

お風呂と食事の時間を見直してみよう

生活リズムを整えるうえで大切なことは、ママが段取りよく一日の流れを作ることです。大人が1人で生活するのと違って、子どもの世話と家事をしながら、食事やお風呂を済ませるのは本当に大変ですよね。

なにをするにも予定していた時間どおりに済ませられず、「あ~!もうこんな時間!」ということはよくあると思います。日々やらなくてはならないことを、ルーティーンにしてしまえば、規則正しいリズムで生活できておすすめです。

なんとなく時間を使うのではなく、「17時にお風呂」「18時に夕飯」「19時に寝かしつけはじめる」など、およその時間を決めておくと、無駄が省けてリズムが作りやすいですよ。お風呂や食事の時間が日によって違ったり、極端に遅かったりしないか見直してみましょう。

寝る子は育つ!子どもの睡眠の重要性

大人とはちょっと違う子どもの睡眠

大人にとって睡眠は、一日の疲れを回復させるため、翌日働くための英気を養うため、といった意味を持ちますよね。しかし、子どもにとっての睡眠は、大人とは少し違っています。成長するうえで欠かせない、重要な役割を担っているのです。

乳幼児期の子どもは、夜寝ている間に分泌されるホルモンの働きによって、筋肉や骨、脳など、さまざまな部分が発達します。昔から「寝る子は育つ」といわれているのはこのためですね。

心と身体を成長させるためのホルモンが、一番分泌される時期が乳幼児期です。特に、成長ホルモンが分泌する時間帯は22時~深夜2時頃とされています。この時間にしっかりと睡眠をとって、健康的な心と身体を育ててあげたいですね。

睡眠不足は自律神経の乱れにつながる

睡眠不足が引き起こす悪影響はいろいろありますが、その原因は「自律神経の乱れ」です。自律神経とは、簡単にいうと臓器や血管などをコントロールする神経系のこと。自律神経が乱れるということは、全身に不調があらわれやすくなる、ということです。

さらに、自律神経が乱れると、身体だけでなく脳にも影響します。集中力がなくなったり、わけもなくイライラしたり、子どもの様子がおかしいなと思ったら、まずは生活習慣を見直すべきかもしれません。

幼児期に睡眠不足の悪い習慣ができてしまうと、大きくなってから「うつ」や「摂食障害」、「不登校」など、より深刻な影響が出てしまうおそれがあります。子どもの夜更かしを軽く考えず、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

よりよい睡眠のためにできること

子どもにとっての睡眠は、ただ眠ればよいというわけではありません。ママは、眠りの「質」「量」「リズム」に気を配り、よりよい睡眠のためにできることをするべきでしょう。

【質のよい眠りのためにできること】
・入浴は寝る1~2時間前に済ませておく
・快適な室温を保つ
・寝る30分前以降はテレビやスマートフォンの画面を見ない
・部屋を暗く、静かにする
・入眠儀式(読み聞かせなど)で子どもに安心感を与える
・日中たくさん動いて身体を疲れさせておく
・朝日を浴びて夜には自然と眠くなるように習慣づける
・毎日同じ時間に布団に入る など

どれも難しいことではありませんね。ママのちょっとした気遣いで、子どものための質のよい睡眠は実現できます。

まとめ

子どもに規則正しい生活リズムをつけることは、健康や成長のためにもとても重要ということがわかりましたね。生活習慣を、急に改善するのは難しいかもしれません。しかし、記事に書いてあるようなことは、今日から早速実践することができますね。

子どもの生活リズムを整えるのに一番の近道となるのは、「家族みんなで早寝・早起きする」ということではないでしょうか。規則正しい生活は、ママやパパの健康にとってもよいことです。家族のコミュニケーションを楽しみながら、よい生活リズムを作っていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018