就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

20代のしわに効くスキンケア方法は?しわの原因と肌ケアのポイント

20代のしわに効くスキンケア方法は?しわの原因と肌ケアのポイント

20代からでも肌の老化が始まっているのはご存知ですか?目元や口元の小じわが気になるというママもいると思います。30代40代になってから後悔する前に、早い時期からしわ対策をしましょう。ここでは、20代のしわの原因やしわ対策の方法、育児中にできるスキンケアのコツなどをご紹介します。

20代でしわができてしまう原因とは

20代から肌の老化は始まっている

20代の肌は見た目もきれいでハリや弾力もありますよね。少しぐらいスキンケアを怠っても大丈夫だと安心しているママも多いのではないでしょうか。しかし、20代から肌の老化は始まっています。

きれいな肌を維持するためにはコラーゲンやセラミド、エラスチンなど、さまざまな成分が必要です。しかしそれは20歳をピークに少しずつですが減少して、肌のターンオーバーも遅くなり乾燥やしわ、くすみ、しみなどの肌の悩みがでてきます。

また、肌のバリア機能も低下していきますので、紫外線や乾燥などの外部刺激によるダメージも蓄積されて、30代に向けてしわやしみなどが目立つようになるのです。油断していると、20代後半にはいろいろな肌トラブルに悩まされるかもしれません。

肌の乾燥はしわやほかの肌トラブルの原因に

年齢を重ねるごとに、肌はうるおいを作り出す力やうるおいを維持する力が衰えていき、乾燥やかさつきなどの悩みがでてくるでしょう。

たとえば、肌が乾燥して水分を貯め込むことができなくなると、肌表面の角質層が厚くなったり、肌のキメが粗くなったりします。その結果、肌がくすんで見えたり、透明感がなくなったり、しわも目立つようになるかもしれません。

ほかにも、肌が乾燥するとターンオーバーも乱れてしメラニンを排出できなくなるので、しみができやすくなったり、濃くなったりします。さらに、古い角質が毛穴を詰まらせることにより、毛穴の黒ずみが目立ったりもします。

肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因を引きおこすきっかけになりますので、気をつける必要があるのです。

不規則な生活習慣が肌トラブルをおこす

子育て中のママは、あまり寝る時間を確保できなかったり、ゆっくり食事をする時間がなかったりなどで、規則正しい生活を送るのはむずかしいでしょう。不規則な生活習慣を続けていると肌トラブルをおこすことにつながります。

たとえば、しっかり食事できていないと栄養バランスが悪くなり肌の調子が悪くなります。子どもと一緒にしっかりと食事をする習慣をつけてくださいね。

また、ストレス発散にと甘いお菓子をたくさん食べてしまうママもいるでしょう。甘いお菓子の食べすぎは便秘になりやすく、乾燥やニキビなど肌に悪影響を与えますので注意が必要です。

睡眠不足になると、肌細胞の修復や再生を促す成長ホルモンの分泌が悪くなり肌が乾燥しやすく、しわが気になるようになります。

20代のしわ対策に適したスキンケアの方法

洗顔はたっぷりの泡で優しく洗う

毎日の洗顔はたっぷりの泡で洗えているでしょうか。時間がなくて洗顔料をあまり泡立てられていない状態で洗っているママもいるかもしれませんね。肌に負担をかけずに洗顔をするには、たっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。

しっかりと泡立てができていないと、摩擦で肌にダメージを与える原因になります。たっぷりと泡立てて肌の上で泡を転がすように洗ってください。直接、指が顔に当たらないようにして洗うことが、肌に負担をかけずに洗顔をするコツです。毎日する洗顔を気をつけることが、今後の肌の状態に大きく影響するのです。

泡立てに時間をかけたくないときや、泡立てがうまくできないというママは、泡立てネットがおすすめです。10秒もかからずたっぷりの泡を作ることができますよ。

化粧水と乳液でこまめにたっぷり保湿を

しわができる大きな原因は肌の乾燥です。毎日のスキンケアで化粧水と乳液を使ってこまめにたっぷりと保湿するようにしましょう。

化粧水にもいろいろ種類がありますので、時間がないママには保湿効果の高い化粧水がおすすめです。肌がベタベタしていたり、テカリが気になったりするような場合でも、水分が足りているとはかぎりませんので保湿はしっかりとしてくださいね。

化粧水だけだと、せっかく保湿した水分も蒸発して出ていってしまいますので、乳液で肌に水分を閉じ込めましょう。化粧水や乳液をつけるときは、パパッとのせるだけだと肌の奥まで浸透しにくいです。手のひらをぴったりとくっつけて、ゆっくりとなじませるようにすると効果が高まりますよ。

メイクは必ず落としてから寝よう

子どものお世話や家事、仕事などをいろいろこなし、子どもが寝たら「やっと1日が終わった。疲れたな」と、メイクを落とさずにそのまま寝てしまうことはありませんか。でも、メイクをしたまま寝ると肌の負担になりますので必ず落としてから寝るようにしましょう。

メイクをしたまま寝ると、寝ているあいだに分泌される成長ホルモンがうまく分泌できなくなり、ターンオーバーが正常に行われません。そのため、しわだけでなく毛穴の黒ずみやしみなど、肌の老化を早める原因につながります。

また、顔にはメイク以外にも、古い角質や1日分の皮脂やほこり、排気ガス、砂などの汚れが付着しています。汚れはその日のうちにしっかり落として、たっぷり保湿をしてから寝るようにしてくださいね。

育児の合間にできる!しわ予防のコツとは

親子で日焼け止めをきちんと塗って外出を

子どもと公園で遊んだり、食料品の買い物に行ったりなど、ママと子どもは日焼けをする機会が多いですよね。紫外線は肌を黒くしたり、しみができたりするだけでなく、肌を乾燥させる原因にもなりますので、外出するときは親子で日焼け止めをきちんと塗りましょう。

紫外線を浴びると肌が乾燥するのは、コラーゲンが壊れたり、ヒアルロン酸が減少したりすることで、肌に水分を保持できなくなるからです。特に紫外線が強くなる6~9月は、紫外線B波がたくさん降り注ぎ、日焼けした肌の炎症を治すためにヒアルロン酸が過剰に必要になり、その結果肌がたるんでしわになりやすくなります。

あまり日差しの強くない秋や冬の時期は油断しがちですが、紫外線は降り注いでいるということを忘れないでくださいね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事