就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

双子用ベビーカーを利用しよう!種類や使用方法と選ぶ際の注意点

双子用ベビーカーを利用しよう!種類や使用方法と選ぶ際の注意点

赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムといえばベビーカー。最近ではコンパクトなものが主流ですが、双子用のベビーカーとなると大きさや使いやすさが気になります。これから双子を出産するママも、そろそろ双子用ベビーカーを用意したいと考えているママも必見の双子ベビーカーの気になるポイントをまとめました。

双子用ベビーカーの種類と良い点悪い点

見た目が可愛いことで人気「横型タイプ」

双子用のベビーカーと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、この横型タイプ。すぐに双子とわかり、見た目にも可愛いので人気です。

双子を横に並べて座らせるので、外出時はそのままおやつや食事をあげることも可能。リクライニング機能を使えば生後1カ月から使えるものもあります。

また、操作性がよく重量がある割にはスムーズに動かすことができます。ただし、左右に双子を乗せる前提の設計なので、1人だけ乗せた場合はバランスがとりにくいことも。

そして、横幅が大きいことで駅の改札やせまい通路、ちいさな商店や電車内ではほかの人の迷惑にならないかひやひやしてしまうことがあります。物理的に通れない場合は一度双子をおろして折りたたむ必要も出てきます。

狭い通路も楽々?「縦型タイプ」

1人用のベビーカーを縦に並べたような形状の縦型タイプは、横幅が通常のベビーカーと変わらないので、狭い通路や改札もスムーズに通れるのがポイントです。段差をつけることでさらにコンパクトになるよう設計された双子用ベビーカーもこの縦型タイプに分類されます。

このタイプは幅の問題をクリアした分、縦に長いため直進は得意でも曲がるのが難しいという特徴があります。双子が成長すると重さが出るのでさらに取り扱いが難しくなります。

また、双子が自分の意思を主張し始めると、ベビーカーの前に乗るか後ろに乗るかでけんかをすることも考えられます。出かけるたびにこの問題に向き合わなければいけないと考えるとちょっと憂鬱になってしまいますね。

機能が充実「バギータイプ」

コンパクトにたためて軽量、簡易タイプのベビーカーがバギータイプです。バギータイプは作りが簡単になっているため、リクライニング機能はなく生まれてすぐは使用できません。お座りができるようになった生後7カ月以降から使用可能です。

このバギータイプにも双子用があり、横型タイプをさらにコンパクトにしたような形で普通のベビーカーに比べれば軽くて操作性が高いという特徴があります。折りたたんだときのコンパクトさも魅力です。

重い双子用のベビーカーから乗り換えると非常にフットワークが軽く感じます。ただ、軽いので双子の一方を抱き上げたり、荷物を持ち手にかけたまま双子を下ろしたりするとバギーが倒れる危険性があるので注意が必要です。

双子用ベビーカーを選ぶ際の注意点

女性でも簡単に折りたためるものを選ぶ

双子用のベビーカーは普通のものに比べると幅が大きく、または縦に長くなるので、折りたたみやすさが選ぶ大きなポイントになります。パパにお任せというママもいるかもしれませんが、大きな双子用ベビーカーが通れない場所や狭い空間ではママ1人で折りたたまなければいけないという場面もあるかもしれません。

双子が歩き出していれば目を離している時間などありませんので、なるべく手早く操作することが必要です。外出時に折りたたむことができるように操作が簡単なものや、折りたたみに力が必要のないものなど選ぶ前にしっかりチェックしておきましょう。

さらに、ママだけでも持ち上げることができるか、たたんだときに自立するのかも忘れずに確認してください。

自分の車に載せることができるサイズを!

双子用のベビーカーは軽量、コンパクトとうたっているものでも1人用に比べるとどうしても大きくなります。折りたたんだとしても1人用のベビーカーと変わらないサイズにしかならないこともあり保管も場所をとります。

そして、車で移動の際にベビーカーを荷物として乗せることがありますが、双子用の場合はトランクに入らないこともあるので要注意。とくに軽自動車の場合はその可能性が高くなります。

購入前に実際にベビーカーをトランクに入れることは難しいので、折りたたんだときのサイズ表記を忘れずに確認するようにしましょう。最近では積載スペースの大きい軽自動車などもありますし、双子出産に備えて車の買い替えを検討するのもいいかもしれません。

生活圏内で問題にならないサイズであるか

縦型、横型それぞれにメリット、デメリットがありますが、それ以上に大事なのは実際に使ったときに問題がないかです。自分の生活圏内や行動範囲を思い浮かべてどちらがよりスムーズに移動できるか、迷惑にならないかをよく考えてみましょう。

近所に広々とした道があり、買い物はいつも大型スーパーやショッピングモールというママには横型タイプがピッタリです。しかし、横型タイプのベビーカーだと自宅マンションのエレベーターに乗れない、込み合った商店街によく行くなどの場合は縦型タイプにしておくのが無難です。

横型タイプを使用することによって行けなくなってしまう場所、行きにくくなってしまう場所が出てくることは確か。見た目だけでなく実用性が大事ですね。

購入せずにレンタルという選択肢も

レンタルする場合のメリット

ある程度赤ちゃんが大きくなってくると使わなくなるのがベビー用品。賢いママの中にはほとんどのベビー用品をレンタルですませている方もいます。

ベビーカーは生後1カ月ごろから使い始めて数年間は使うことが予想されますが、成長に合わせてA型、B型またはバギーと乗り換えることも珍しくありません。そこでレンタルという選択肢がでてきます。

双子が成長したらバギータイプに乗り換える予定のママは、ベビーカーをレンタルしておけば使用期間もある程度予想ができ、使わなくなったときの処分に困るということもありません。

レンタルのよさは、使用期間が短ければ購入するよりも安いという点です。とくに双子用となるとそれだけで高額になってくるので使いたい期間だけ使えるシステムは便利です。

また、レンタルしたベビーカーが合わないと感じたり、赤ちゃんがベビーカー嫌いだったりというときはほかのアイテムに交換、返品できるというのも大きなメリット。

双子用はとくに縦型、横型でまったく使用感が違いますので、どちらも試してみたいママにおすすめです。

レンタルする場合のデメリット

レンタルはリーズナブルと思われがちですが、使い方を間違えると購入するよりもお金がかかってしまうこともあるので注意しましょう。例えば、思った以上に使用期間が長くなってしまった場合、購入金額を超えてしまうことも。

ある時期にレンタル費用がベビーカーの購入金額を超えることがわかっていても、そのとき新品を買うという判断がしにくいのが悩ましいところ。かといって、ベビーカーのレンタルをすぐにやめるということもできないので見極めが難しいですね。

また、新品ではないこともレンタルをためらう理由になります。おじいちゃん、おばあちゃんの中には「せっかくの孫なのにレンタルはやめてほしい」と伝えてくることがあります。かわいい赤ちゃんに新品を用意してあげたいという気持ちは誰にもあるものですので、むげにはできませんよね。

さらに、双子用ベビーカーとなるとレンタルできる種類も限られることが多く、好きなものを試せるという印象とは違ったものになるかもしれません。レンタル業者によっても取り扱いアイテムが変わってきますので、よく比較検討することが大事です。

まとめ

双子とのお出かけは持って行く荷物も1人に比べて多く、目を配らなくてはいけない子どもも2人になるので大仕事。それでも双子にいろいろなものを見せてあげたい!いろいろなところに連れて行ってあげたい!とママはがんばって準備をしますよね。

そんなとき、双子用ベビーカーが力になります。幅もあって重くてちょっと邪魔になってしまうこともあるかもしれませんが、最近ではより軽く、より使い勝手のいい双子用ベビーカーが出てきています。

ピッタリのものをみつけて、親子でたくさんお出かけを楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018