就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋、いつから赤ちゃんは長袖を着る?9、10、11月ごとのポイント

秋、いつから赤ちゃんは長袖を着る?9、10、11月ごとのポイント

秋から冬にかけて風が冷たく感じても、日差しが強く暑い日があると、赤ちゃんの服装に迷ってしまうものです。半袖では夏っぽい服装になってしまい、長袖では汗をかいてしまうときはどうすればよいのでしょうか?9、10、11月に着せたい赤ちゃんの服装について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

残暑が残る9月、赤ちゃんに長袖着せる?

暑い日は半袖か薄手の長袖で袖を折り返して

9月になると朝夕が涼しくなり秋を感じるようになりますが、日によっては残暑が厳しく、暑いと感じる日もありますね。赤ちゃんは、体温調節が自分ではまだ上手にできないので、服装で調節してあげることが大切です。

「秋に半袖はおかしいかな?」と思うママもいるかもしれませんが、ママが暑いと感じるなら、夏の半袖を着ても大丈夫です。半袖は夏が終わってもすぐにしまわず、いつでも取り出せる場所に置いておきましょう。

晴れていても、「さすがに半袖では、少し肌寒いのでは?」と感じる日は、薄手の長袖が便利です。綿素材なら吸水性があり風通しもよいので、汗をかいてしまっても安心。暑いときは、袖をクルクルと折り返しておくこともできるので便利です。

秋色の半袖なら季節感を楽しめる

赤ちゃんの服装も季節感を楽しみたい!と思うおしゃれなママには、秋色の半袖がおすすめです。

ブラウンやカーキ、ネイビーなどの落ち着いたカラーは、暑い日でも秋らしいイメージで涼しく過ごせるでしょう。秋色とブラックとの組み合わせも落ち着いた印象になりそう。赤ちゃんを大人っぽくおしゃれに見せてくれそうですね。

秋色の半袖は、もともと秋に着ることも考えて作られているものが多いと思います。素材が厚めで保温効果のあるものや、前開きで重ね着ができるもの、7分袖のタイプもあるでしょう。薄い生地なら重ね着もおしゃれですね。

秋から冬にかけて、暖房が暑く感じるときも半袖を持っておくと便利ですよ。冬のインナーとしても重宝しそうです。

夜寝るときは薄手のパジャマを

秋はエアコンをつけずに、快適に眠ることができる季節ですね。しかし、日によっては夜中に暑くなって布団を蹴ってしまったり、気づいたら汗をかいていたりすることもあるでしょう。

赤ちゃんはとくに体温が高いので汗をかきやすいものです。そのため、秋のパジャマは薄手の長袖を選びましょう。お風呂上りで汗をかきやすいときは、半袖を着せておいて体が冷めてから薄手の長袖のパジャマに着替える方法もあります。

秋は夜中から朝方にかけて気温が下がるため、布団を蹴飛ばしていると寒くて風邪をひいてしまうこともあるかもしれません。その日の天候や気温をチェックして、天気が悪い日は肌着を下に着るなどの工夫をするようにしましょう。

肌寒い10月、赤ちゃんには長袖をメインに

長袖肌着にロンパース、長ズボンをベースに

10月になると、さらに気温が下がってきますね。しかし日によってはまだ暑いと感じることもあり、寒暖差が激しい時期ともいえるでしょう。大人でも体調を崩してしまう季節なので、赤ちゃんはなおさら気配りが大切ですね。

10月の服装に悩んだら、基本的には長袖肌着にロンパースと長ズボンの組み合わせを選んでみてはいかがでしょうか?これをベースに組み合わせを考えると寒い日でも暑く感じる日でも、気温の変化に対応できると思います。

寒いときでも、ロンパースは足の付け根にスナップがついているので、お腹が冷えることがなく安心です。羽織りものをしても温かいですね。反対に暑いときは、肌着を脱がせて、ロンパースと長ズボンで涼しく過ごすこともできるので便利です。

半袖をいくつか残して重ね着風にしても

「肌寒い10月に、半袖を着るの?」と疑問に思うママもいるかもしれませんが、体温が高くて汗をかきやすい赤ちゃんにとって、半袖は体温調節がしやすい便利なアイテムなのです。

そのため赤ちゃんが生まれたら、一年中半袖をしまわずに出しておくのもおすすめですよ。夏が終わってもいくつか残して、すぐに取り出せるところに置いておくとよいでしょう。

10月の秋晴れには、「風は冷たいけれど、日差しが強く暑い」と感じることもありますよね。赤ちゃんを連れて出かけるときは、服装に迷ってしまうものです。

そんなとき、半袖は重ね着にも使えるので便利ですよ。薄い長袖のTシャツの上に半袖を重ね着すれば、腕は涼しく感じられ、体は温かく過ごすことができるでしょう。

肌に触れる部分が多い長袖は綿素材がよい

赤ちゃんの肌着を選ぶときは、直接肌に触れるという意識が高いため、素材を意識して購入しますよね。肌着には、吸水性があり肌に優しい綿素材を選ぶママも多いのではないでしょうか。

肌着の上から着る長袖の服は、色やデザインを重視して選んでしまいがちです。しかし、暑さの残る秋に長袖を着るときは、半袖やノースリーブの肌着と組み合わせて着ることが多いので、袖の部分は長袖の服が赤ちゃんの肌に直接当たることになるのです。

そのため、長袖を選ぶときも素材を確認しておくことが大切ですね。赤ちゃんの肌に優しい素材はいろいろありますが、汗をかくことも考えるとやはり綿素材が安心でしょう。

綿素材は洗濯にも強いので、食べこぼしなどで汚れてしまっても大丈夫です。

寒い11月、赤ちゃんの長袖はどんな感じ?

外出時は帽子など小物やブランケット持参で

11月になると冬に近づき、寒い日も多くなりますね。お住いの地域によっては、雪が降ることもあるでしょう。赤ちゃんを連れて外出するときは、帽子や靴下で暖かくして、念のためにブランケットも持って行ったほうがよいでしょう。

帽子は、やわらかい素材で伸縮性があるものがよいですね。赤ちゃんは、髪の毛が細くて薄い子も多く、皮膚もデリケートです。風の強い日は、帽子があれば安心。かわいいデザインの帽子を準備しておしゃれも楽しみましょう。

靴下は、まだ歩かない赤ちゃんには出番の少ないアイテムですが、秋から冬にかけて外出するときは持っていると安心です。とくにベビーカーでのお出かけは、足先が冷えてしまうので靴下や靴を履いていると暖かいですね。
29 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND