就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと秋のお散歩に行こう!お出かけアイテムやお散歩のポイント

赤ちゃんと秋のお散歩に行こう!お出かけアイテムやお散歩のポイント

夏は暑すぎて外出を控えていたママもいることでしょう。暑い夏が過ぎると、赤ちゃんとのお散歩にぴったりの季節、秋がやってきます。そこで今回は、赤ちゃんと初めて秋のお散歩をするにあたり、なにを持参したらよいのか、気をつけるべきことなどについてお話しします。せひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんに秋のお散歩がおすすめな理由

生活リズムが作りやすくなる

赤ちゃんが小さいうちは、夜中の授乳などに何度も起きることがあり、就寝時間や起床時間が安定しないことが多いと思います。赤ちゃんの生活リズムを整えるためにも、日中外に出て日の光を浴びるようにしましょう。

朝の光を浴びると、体内で睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌をうまく調節できるようになり、夜きちんと眠れるようになってきます。さらに、外でしっかりと日光を体全体で感じると、赤ちゃんも昼時間を体全体で認識し体内時計が整ってきます。

赤ちゃんの生活リズムが整えば、ママも夜間、少しまとまった睡眠をとることができるようになりますよ。日中はできるだけ赤ちゃんとアクティブに過ごし、夜は早く寝かせるようにするなど、生活リズムが一定になるよう心がけましょう。

外気に触れて心身ともに刺激を受けよう

室内にいるときと違い、外に出ると、鳥の鳴き声や木のそよぐ音、頬をなでる風、目に入ってくる明るい光など、赤ちゃんの五感を刺激するものがたくさんあります。外気に触れることにより、心身ともによい刺激を受けることができます。

赤ちゃんの視力はまだ弱いので、はっきりと景色を見ることはできませんが、ぼんやりとした風景を眺めたり、光を感じたりすることはできます。家の中では聞きなれない音も、赤ちゃんの好奇心をくすぐることでしょう。

外気に触れることにより、体の粘膜や皮ふも鍛えられていくので、積極的に外出するようにしたいですね。ただ、車などの音が騒がしい場所や人の多い場所は避けるようにし、直射日光が赤ちゃんの顔に当たらないように心がけてください。

赤ちゃんだけでなくママも気分転換になる

家の中に赤ちゃんと2人でこもっていると、人目を気にせず気楽な反面、言葉の通じない赤ちゃんとの空間を息苦しく感じてしまうこともあるかもしれません。ほどよい外出は、赤ちゃんだけでなくママにとってもよい気分転換になりますよ。

赤ちゃんと出かける支度をするのは少し面倒かもしれませんが、短い時間でも外に出てみるとよいですよ。思い切ってお散歩に出かけると、明るい日の光を浴びながら外の空気を吸って、ママの育児疲れも少し発散することができますよ。

公園に行くと、同じような年ごろの赤ちゃんを抱えたママと知り合うことができるかもしれません。ママ同士の何気ない世間話がよい気分転換になることでしょう。ママの気持ちを穏やかに保つためにも、赤ちゃんとお散歩を楽しみたいですね。

赤ちゃんの秋のお散歩に持参したいアイテム

コンパクトなブランケットは移動に便利

秋はまだ暑さを感じる日があるものの、急に天候が変わって肌寒く感じることもあるので、移動するときはコンパクトなブランケットを持参するように心がけましょう。分厚いウール製のものだと、赤ちゃんが暑く感じて汗をかいてしまうことがあるので、薄手のもので上手に調節するようにしたいですね。

外出のときに忘れないように、おむつセットと一緒に、コンパクトなブランケットをマザーズバグの中に常備しておくと安心です。お散歩中、ベビーカーの中で赤ちゃんが眠ってしまったときにも、薄いブランケットをベビーカーのひさしの上にかけてクリップで留めれば、日よけにもなり便利ですよ。

抱っこ紐でお出かけの場合、薄いブランケットなら抱っこ紐の上から包み込むようにして防寒することもできます。

ベビーポンチョならさっと羽織れてラク

秋のお出かけには赤ちゃんにもカーディガンのような羽織りものがあると便利です。ベビーポンチョがあると、いざというときにさっと羽織らせることができてラクですよ。

ベビーポンチョはサイズ感もゆったりとしており、アームホールが広い分、腕を自由に動かすことができるので、赤ちゃんも嫌がらずに着てくれることでしょう。少し大きめのサイズを買えば、2シーズン着せることも可能です。

ベビーポンチョは広げると、ブランケットのようにひざ掛けとして使える物もあるので、お気に入りのものを探してみてくださいね。素材も、タオルケット素材やフリース素材などいろいろなものがあるので、肌触りのよいものを見つけてみましょう。フードがついていれば、頭まで防寒することができます。

靴下やレッグウォーマーで体全体を温めて

最近では、赤ちゃん用のレッグウォーマーもよく見かけますよね。秋には厚めの綿素材、もしくはウールの入ったニット素材のものがよいでしょう。

レッグウォーマーには月齢別にサイズが表記されていることが多いですが、それはあくまでも参考程度にし、できれば実際に赤ちゃんの太ももを合わせてみて選ぶようにしたいですね。きつすぎると赤ちゃんの太ももにゴムが食い込んで血行を妨げますし、ゆるすぎると落ちてきてしまうのでちょうどよいサイズのものを選ぶことが重要です。

レッグウォーマーに靴下を重ねれば、暑いときはレッグウォーマーだけを脱がせるなど、簡単に温度調節をすることができるので便利ですよ。靴下も、レッグウォーマー同様、ジャストサイズのものを選ぶように心がけましょう。

赤ちゃんと秋のお散歩にいくときのポイント

いつ外出する?秋のお散歩によい時間帯

赤ちゃんとの秋のお散歩、どの時間帯に散歩に出たらちょうどよいのか悩んでしまいますよね。秋は日によっては日中は半そでで十分な日もありますが、夏よりも日が暮れるのが早くなるのでタイミングが難しいですよね。

できれば昼前から夕方4時前ぐらいの間に散歩を楽しむようにしたいですね。朝晩は冷え込むことが多いので、日中の明るいうちにお出かけするようにしましょう。秋はまだ日中の紫外線も強いので、帽子などで紫外線対策をするようにしてください。

朝の掃除や洗濯が一通り終わってから赤ちゃんとのんびりお散歩に行き、帰宅してから洗濯物を取り込むぐらいのスケジュールで動くとママの動きにもムダがありません。日中は赤ちゃんと外出し季節の変わり目を楽しむようにしましょう。

出かける前は天気予報をチェックしておこう

秋は夏に比べ、天気も変わりやすく、急に気温が下がったり雨が降ったりすることも珍しくありません。出かける前は天気予報をチェックしておくようにしましょう。

テレビの天気予報だと見逃してしまうことが多いので、スマホの天気予報アプリなどを上手に利用するようにしたいですね。細かい地域別に確認でき、風の強さなども表示されていることが多いので参考になりますよ。

その日の気温や気候に合ったファッションコーディネートを表示してくれる天気予報アプリなら、赤ちゃんはもちろん、ママも羽織りものをどうするかなどお散歩ファッションに悩まずに済みますね。

急に暑くなったり寒くなったりしても上手に対応できるよう、薄手のものを重ね着してお出かけすることをおすすめします。

外の様子を赤ちゃんに話しかけてあげよう

赤ちゃんとお散歩しながら、外の様子を赤ちゃんに話しかけてあげるようにしましょう。まだ言葉が通じないからと思っても、赤ちゃんはママの優しい話し声や色々な音に耳を傾けています。

ママの声のトーンからも外の雰囲気などを感じ取っていますよ。落ち葉を踏む音などは秋ならではの風物詩です。紅葉の様子や空の色など、色々なことを語りかけるようにしたいですね。

ベビーカーでお出かけの場合は、ときどきベビーカーから抱き上げて外の景色を見せてあげるようにしましょう。抱っこ紐の場合は、途中抱き方を変えて、違った景色を楽しめるように工夫してあげたいですね。

ママとのんびりと行くお散歩は、赤ちゃんの五感によい刺激をあたえ大きく成長させてくれるでしょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんとの秋のお散歩がおすすめの理由と、持参したいアイテムや気をつけたいポイントについてのお話でしたが、いかがでしたか?秋になると厳しかった日差しもやわらぎ、気候的に赤ちゃんのお散歩にはぴったりの季節になります。

紫外線や寒さに注意しながら、赤ちゃんとのお散歩を楽しむようにしたいですね。普段家事と育児に忙しくしているママにも、たまにはのんびり空を見上げてリラックスする時間が必要ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018