就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳児の社会性や発達はどの程度?目安や特徴について知ろう!

6歳児の社会性や発達はどの程度?目安や特徴について知ろう!

6歳になると言葉や知能が発達し、ママの助けなしにできることが格段に増えてきます。成長を嬉しく思う一方で、我が子の発達は順調なのか、心配になるママも少なくないと思います。そこで今回は、6歳児の社会性や発達の目安と目標、さらに社会性を育てる遊びなどを紹介してきます。

6歳児の社会性とは?発達の目安と目標

お友達との関わり方について

幼児期後期になると、お友達との関わりが重要な意味を持つようになってきます。特定の子と仲よくしたり、多くのお友達ができたり、子どもによって関わり方は千差万別ですが、家族以外の人とうまく関わっていく中で、社会性が育まれるでしょう。

この頃から、ケンカなど子ども同士のトラブルが頻繁に起き始めます。子どもから、「幼稚園でケンカした」「友達に嫌なことをいわれた」などと聞くと、ママは一瞬ドキッとしてしまうかもしれませんね。しかし、ケンカは子どもにとっては学び体験する場。

その瞬間は傷ついたり怒ったりしますが、経験を積む中で、してはいけないことや、いってはいけないことを理解していくでしょう。ママは子どもの気持ちをくみ取って、受け止める余裕を持つことが大切です。

相手の目を見て話したり聞いたりできる

小学校入学を控え、集中して話が聞けない我が子に不安を感じるママも多いのではないでしょうか。「人の話を聞く」というのは、大人でも苦手な人がいるくらい難しいことですね。6歳の子どもが常に聞き上手というのはちょっと無理があるかもしれません。

一方で、6歳くらいの子どもは、自分の話をするのが大好き。語彙(ごい)も増え、表現力もついてくる頃で、話をするのが楽しいといった感じです。真剣になると、相手の目をじっと見ながら一生懸命に言葉を探して話をするでしょう。

「聞くこと」に関しては、「話すこと」よりも難しく、相手を認めて理解しようという気持ちがないとできません。しかし、聞く力がつくと、想像力や相手を思う心が育つので、焦らずじっくりと見守ってくださいね。

公共の場のルールを理解できる

6歳頃には、幼稚園や保育園の集団生活の中で、「順番を待つ」「相手を傷つけない」「あいさつをする」など基本的なルールを学び、理解することができます。ルールのある遊びをする中で、社会性や協調性が育まれていくでしょう。

また、公共の場でのルールを大人が教えることで、理解して守ることができるようになってくる時期でもあります。特に、小学校入学前に身につけたいのは「交通ルール」ですね。通学の際、必ず知っておくべきルールです。

そのほかにも、公園や児童館などの遊戯施設でのルールや、買い物をする際のお店でのルール、公共交通機関(バス・電車・飛行機など)を利用する際のルールなども、しっかりと理解させておきたいですね。

数、巧緻性、絵画など、6歳児の目標を知る

正しい数字の読み書き

最近では幼児教室などで、早いうちから算数を学んでいる子どもも多いようです。小学校入学前に、2桁同士の足し算引き算ができるという子どももいるでしょう。子どもは興味を持ちだしたら一気に吸収して成長します。数字が好きな子どもは数字の読み書きができるのが早いといえそうです。

「うちの子は数字に興味がないみたい…」と心配なママ。6歳児の数に関する目標としては、

・10までの数字の読み書きができる
・1桁同士の簡単な足し引きができる
・100まで数えられる 

などがあげられます。就学を見据えて、

・時計が読める(〇時、〇時半など)
・カレンダーが読める

などができるとよいかもしれません。個人差があるので、あまり焦らないように注意してくださいね。

リボン結びできるかな?

6歳頃になると巧緻性(こうちせい)が高まります。巧緻性とは、手先の器用さ、自分で思うとおりに指先を動かすことができる能力のことです。だんだんハサミなどの道具も上手に使えるようになるでしょう。

幼稚園や保育園のお友達で「リボン結び」ができる子がいて、「自分もやってみたい」といわれたことのあるママは多いようです。リボン結びができるようになるには、反復練習が必要です。子どもの忍耐力を養うためにもチャレンジしてみたいですね。

リボン結びのほかに、「三つ編み」なども6歳くらいならできるようになるでしょう。巧緻性を高めることは脳にもよい刺激になるといわれています。遊び感覚で練習して、できるようになれば達成感を味わうこともできて一石二鳥ですね。

場面や状況の絵を描ける

幼児期の子どもの多くは、絵を描くことが好きですよね。見たものを描いたり、想像して描いたり、個性豊かで大人が見ても楽しい絵に仕上がることが多いですね。

3、4歳くらいまでは、一つの画面に好きな絵を描き連ねていくことが多いですが、6歳くらいになると、場面を想像して関連性のあるものを描いていく傾向にあります。たとえば「海・船・鳥・空・雲・太陽」といった具合です。

これは記憶力や情緒的な面が成長することで起こる変化です。今日あったできごとや、楽しかった思い出などを、子どもの目線で上手に表現することができるでしょう。園だけでなく、お家でも子どもに自由なテーマで絵を描かせて、どんな作品になるのか見てみるのも楽しいと思いますよ。

社会性と可能性を育てる遊び3選!

おままごとやヒーローごっこ

子どもたちが大好きな「ごっこ遊び」。実は自然と社会性が身につく、とても意味のある遊びなのです。2、3歳頃のごっこ遊びは、1人またはママと2人ですることが多いですが、6歳児になると数人のグループで、役割分担しながら遊ぶようになります。

女の子なら「おままごと」、男の子なら「ヒーローごっこ」などが人気ですね。相手の意見を取り入れたり、自分の考えを伝えたりしながら、お友達と協力してストーリーを展開していく中で、コミュニケーション能力がついていくでしょう。

友達との関わりの中で、子どもたちなりのルールを守りながら、集団での対応力の基礎が身についていきます。ごっこ遊びをすることで、社会性だけでなく、想像力や観察力、言語能力や表現力なども育まれていくでしょう。

運動が苦手でも楽しい鬼ごっこ

ママたちも子ども時代に「鬼ごっこ」を楽しんだのではないでしょうか。子どもは大きな声を出しながら、思いっきり走り回るのが大好きですよね。しかし近頃は、残念ながらそういった遊びがしにくい環境になってきています。

広い園庭やホールのある幼稚園や保育園ならば、安心して鬼ごっこができますね。6歳くらいになると、ルールを守りながら遊ぶことができるので、チームに分かれて追いかけたり、仲間を助けたりする鬼ごっこが楽しめるでしょう。

お友達と協力して遊ぶ中で、協調性が養われます。また、鬼に捕まって悔しい気持ちに折り合いをつけるという、難しいことも求められます。ゲームやインターネットの中では体験できない、「実感」をもって学べる鬼ごっこを、ぜひ積極的にさせたいですね。

リトミックで楽しく心を開放!

未就学児に人気の習い事の一つに「リトミック」があります。リトミックとは、音楽を使って全身を動かしながら、音楽を作ったり演奏したりする教育法です。幼い子どものリズム遊びのように思われがちですが、実は社会性や創造力、集中力などを育むことができるといわれています。

リトミックは多くの場合、何人かの子どもたちとグループで行います。1人が自由に音を奏でたり、踊りだしたりするのではなく、みんなで協力して一つの音楽を作り出すという作業があります。

そこでは忍耐力や協調性が求められるため、純粋に音楽を楽しむだけでなく、結果として社会性も育まれていくというわけです。全身を動かして楽しく心を開放しながら、子どものさまざまな能力を向上させることが期待できるでしょう。

まとめ

我が子には、将来社会に出て困ることのないように育ってほしいと願うのが親心ですよね。とりわけ「社会性」を身につけることは簡単なことではないだけに、悩むママも多いと思います。

社会性は、一つのことだけすれば身につくというわけではなく、さまざまな経験をする中で徐々に育まれていくものです。家庭ではたっぷりの愛情を注ぎ、外ではお友達と思いっきり遊ぶ、そんな子どもらしい健康的な生活こそが、社会性を身につけることにつながるのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018