就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期に大事なことってなに?子どもの心と体を育てるには

幼児期に大事なことってなに?子どもの心と体を育てるには

「幼児期の経験や習慣が大人になってからも影響する」と、よく耳にすることはないでしょうか。でも「実際にどんな影響があるのか」「具体的にはどんなことをしたらいいのか」わからないママやパパが多いのではないでしょうか。今回は幼児期に経験した方がよい大事なことを調べてみました。

睡眠をたっぷりとって脳をイキイキさせる

早起きをして太陽の光を浴びよう

アンチストレスホルモンのセロトニンはご存知ですか?セロトニンとは人間の脳内で作られ分泌される3大神経伝達物質のひとつです。起きているときに活発になります。

「セロトニンが子どもの早起きにどう関係があるの?」と疑問に思うママもいるでしょう。セロトニンには精神を安定させる作用があります。ほかにもやる気を高めたり、集中力がアップしたりとプラスの作用が働きます。けれどもセロトニンが不足すると、落ち込みやすくなったり、飽きっぽくなったり、怒りやすくなってしまうようです。

しっかりとセロトニンを分泌させるためには、早起きをして太楊の光をたくさん浴びましょう。セロトニンが活性化すると体内時計も整い、夜ぐっすり眠ることができます。

適度なお昼寝をしよう

脳や体にとって大切なホルモンは、睡眠時に分泌されます。乳幼児期には心や体の成長の土台となる脳が作られる大事な時期ですから、たっぷりと睡眠を取りたいですよね。

子どもの年齢によって必要な睡眠時間は変わってきます。0歳児では14~15時間、1~3歳児では12~14時間、4~6歳児では10.5~12時間ほどが適切なようです。とはいっても、子どもが夜寝てくれなかったり、なかなか思うように睡眠がとれなかったりしますよね。

そんなときはお昼寝を活用しましょう。だいたい2時間程度のお昼寝がいいようです。ただし、夕方近くに寝てしまうと、夜眠れなくなるおそれがあります。お出かけや遊び時間を工夫してお昼寝するといいでしょう。

早寝をして脳を育てよう

「早寝をすると脳が育つ?どうして?」と思うパパやママもいるでしょう。その秘密には、ホルモンが関係しています。

脳や体の成長や回復を助けてくれる、成長ホルモン。このホルモンは睡眠時に分泌されます。眠りについてから4~5時間分泌されますが、夜9時から12時の間では通常の2倍の量が分泌されるといいます。

なので、たとえば夜8時に寝たとしたら、一番よい時間帯に脳と体が新陳代謝を行うことができるということですね。ほかにも睡眠時には、メラトニンという情緒安定や性のコントロール、成熟の発達をうながすホルモンも分泌されます。

子どもの脳は大人の脳に比べ、未発達です。規則正しく良質な眠りを習慣づけ、脳を育て心と体も成長させていきたいですね。

正しい食生活で脳がすくすく育つ

決まった時間にしっかり食事をとろう

朝食や昼食、夕食を食べる時間は、いつもバラバラの時間ではありませんか。もしそうなら決まった時間に食事を取るようにしましょう。

規則正しい食事習慣を身につけることは、子どもの体に消化吸収のリズムをつけることにつながります。食事と食事の間隔を空けると、きちんとお腹が空くため、次の食事をおいしく食べることができますね。また、おやつを食べる時間も決めてしまうとよいでしょう。時間を決めることで、子どもは「食事」と「おやつ」の違いを学ぶことができます。

「子どもの成長は6歳までの食事で決まる」という学説があるほど、乳幼児期は食事や食生活の基礎ができる大切な時期になります。パパやママと一緒に、規則正しい食事の習慣を身につけるようにしましょう。

食経験を増やして心と体の成長を促そう

子どもには食を通していろんな経験をして欲しいものです。食事の大切さはもちろん、食べることの楽しさも知ってもらいたいですよね。

そのためには、子どもと一緒に食卓を囲むことから始めるとよいでしょう。パパとママが「おいしいね」と会話しながら食事をすることで、子どもは食事=楽しいと認識し、食べる意欲が育ちます。

また、子どものために特別な料理を毎回作る必要はありません。パパとママと同じもので大丈夫です。

酸味や苦味を感じる食材は、子どもは本能的に嫌がってしまう傾向があります。けれども、味覚の発達によっていずれ食べられるようになればよいので、心配はいりません。調理の仕方や切り方を工夫して、なるべくいろんな食材を食事に取り入れていきたいですね。

食べることはマナーや交流につながる

食べることが楽しい、好き、という気持ちは、残さず食べることや食事のマナーなどを学ぶ土台にもなります。食べ物への感謝の気持ちと一緒に、食事マナーについても伝えていくとよいですね。

マナーは無理矢理押し付けたりせず、優しく伝えるようにしましょう。また、幼児期の子どもは大人のやることをよく見ています。パパやママの仕草を真似ますので、お手本になるような食事の仕方をしたいですね。

子どもが食事を残さず食べたときや、お箸やスプーンを上手に使えたときは、一緒に喜んで褒めてください。子どもはもっとやりたいとやる気がでるでしょう。

マナーを学ぶことで、家族以外の人とも楽しく食事を取ることができるようになります。

運動遊びで丈夫な心と体をつくろう

体力と運動能力を育てることができる

幼児期は、タイミングよく動いたり、力の加減を自分でコントロールしたり、自分で自分の運動を調節する能力が目覚ましく育つ時期になります。この能力は、子どもが新しい動きを身につけるときに役立ちます。また、子どもが自分で状況を判断して事故や怪我などを防止できる力や、持久力を高めることもできるのです。

それだけでなく、運動は体を動かす必要な体力を育て風邪などの病気にかかりにくくしたり、かかっても治りやすくしたりします。バランスのよい丈夫な体を作ることができるのです。

幼児期にこの能力を高めておくことは、幼児期以降の運動能力の基礎を作るうえで重要になってきます。楽しみながらたくさん運動遊びをすることで、体力と運動能力を育てましょう。

個性や社会適応能力が発達する

運動遊びは体や体力を育てるだけでなく子どもの心を育てることにもつながります。子どもは遊びを通して、嬉しい気持ちや悲しい気持ち、たくさんの気持ちを学ぶことができます。

ごっこ遊びや運動遊びなど、複数の子どもと遊ぶとき、子どもたちは自分でルールを考えたり、遊びの上で設定を考えますよね。みんなで意見を出し合い協力し合ったり、助け合ったり。時には自分の意見が通らず、我慢しなくてはならないこともあるでしょう。そういったところから、創造力やコミュニケーション能力が育まれてゆくのです。

1人で遊ぶだけだった赤ちゃんのときとは違い、幼児期は周りと一緒に遊ぶことができる時期です。たくさんのお友達と一緒に遊ぶ機会を作ることをおすすめします。

脳の運動制御機能や知的機能が発達する

おもいきり体を動かす外遊びなどの運動遊びは、子どもの筋肉や体幹を鍛えることにつながります。筋肉や体幹を鍛えることで生きるために必要な筋力、バランス感覚が身につくでしょう。

細やかな指先を使う屋内遊び、どろんこ遊びやままごとは、子どもの脳を育てることに役立ちます。「指先は外に出た脳である」とドイツの哲学者カントはいいましたが、それほど指で感じる感覚は重要なのです。

「脳を育てるなら屋内遊びだけでいい」と思う方もいるかもしれません。けれども筋肉や体幹を鍛えることは、指先を意識して動かすことに繋がっています。また小学校入学以降は授業で長時間、座る姿勢を取り続けることにも役立つでしょう。

どちらの遊びもバランスよく取り入れたいですね。

まとめ

幼児期における大事なことを紹介させていただきました。

幼児期は今後の成長に繋がる大切な時期です。子どもにはいろんな体験をして、たくさん大事なことを吸収していって欲しいですね。けれども、大事な時期だからといって、無理に押しつけるようなことはしないようにしましょう。無理強いをすると子どもはもちろん、パパやママも疲れてしまいます。

普段の生活や遊びの中で少しずつで構わないのです。楽しみながらマナーやルールを伝えることで、子どもは自然と覚えてゆくでしょう。それが、心と体を育てることにも繋がりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018