就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

母乳育児の悩みを解消したい!悩めるママに試してほしい方法やグッズ

母乳育児の悩みを解消したい!悩めるママに試してほしい方法やグッズ

母乳育児は赤ちゃんやママの体にもよいといわれていることもあり、「母乳をあげたい」と希望するママは多いです。しかし、母乳をあげているとうまくいかないこともあり、不安になるママも少なくありません。ここでは、ストレスなく母乳育児を続けられるように、色々な悩みを解消していきましょう。

多くのママは母乳育児の悩みがある

母乳育児のメリットとデメリット

妊娠中は「出産すると自然と母乳がでるもの」と考えているママは多いかもしれませんね。無事に出産し、母乳をあげ始めると「こんなに大変とは思わなかった」と感じるママもいます。母乳育児にはメリットも多いですが、デメリットもあることを知っておくとよいでしょう。

【メリット】
・赤ちゃんのアレルギー予防ができる
・赤ちゃんの食費が0円で済む
・ミルクを作らなくてよいので、お出かけのときも荷物が少なくて済む
・子宮収縮を促進するので、妊娠前の体に戻るのが早いといわれている

【デメリット】
・ママしか授乳できないので、ママがゆっくりする時間が少なくなってしまう
・ママは口にするものに注意が必要(栄養の偏りや、アルコールなど)
・赤ちゃんを何時間か預けるのが難しい

母乳育児のどんなことで悩んでいる?

先ほどご紹介したように母乳育児はメリットがたくさんありますが、ママの負担が増えるなどのデメリットもありますよね。先輩ママはどのようなことで悩んでいるのかをご紹介します。

先輩ママの話では、出産してしばらくの間は母乳で育てられて嬉しかったそうですが、夜中に何度も授乳するので何カ月も睡眠不足が続き大変だったそうです。赤ちゃんがお腹が空いて泣いていてもママしか対応することができないので、1人で育児をしている気分になり辛かったと話してくれました。

また、美容室や買い物に1人で行っても2時間ぐらいで帰ってこなければならないので、外出中も気持ちが焦ってしまいストレスを発散するのが難しいと感じていたそうですよ。

多くのママが母乳不足を感じる理由は?

育児をしているとさまざまなことでママは悩みますが、母乳のことで頭を悩ます方もいるでしょう。育児をしていて「母乳が足りていないのかな?」と思っているママも多いようです。

母乳不足を感じる理由は、
・体重がなかなか増えない
・授乳しているのに頻繁におっぱいをほしがる
・機嫌が悪く泣いているときが多い
などです。

友人は1人目の赤ちゃんを出産し、ずっと母乳で育児をがんばっていましたが、赤ちゃんが1日中ぐずって大変だったそうです。また、1カ月健診のときに先生に悩みを話したところ「疲れているときは、ミルクをあげてもいいんだよ」といってもらい、気持ちが楽になったと話してくれました。

ミルクも与えるようにしてからは、赤ちゃんもよく眠るようになったといいます。

母乳育児の辛い悩みを解消する方法

母乳の出をよくする方法は?

母乳は、最初からたくさんの量がでることは難しいでしょう。母乳がうまくでるようにするためには、生活習慣などを整えることが大切でしょう。ここでは、母乳がでやすくなる方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

・とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらう
・2時間おきくらいに夜中も授乳するようにする
・水分を普段よりも多めにとる
・食事は鉄分をしっかりとるようにする
・授乳しやすい体勢を見つける
・赤ちゃんが寝ているときはママも休憩して睡眠不足を解消する
・ストレスを上手に発散する
・血流がよいと母乳が作られやすいので、体を動かしたり体を温めたりする

色々試してもたくさんでない場合は、一度母乳外来に相談してみるとよいでしょう。

乳腺炎を予防、解消する方法は?

母乳不足に悩むママがいる一方で、「母乳を作りすぎておっぱいが張って痛い」「おっぱいが石のように固くなってしまい、どうしたらいいか分からない」など、赤ちゃんが吸う母乳の量よりも母乳が作られてしまうことに悩むママもいます。

母乳が必要な量よりも作られすぎると、乳腺が詰まり辛い乳腺炎になることがあるので注意しましょう。乳腺炎になってしまうと、おっぱいが痛くて睡眠もとるのが難しくなるだけでなく、数日間高熱がでるのでママはとても辛いです。

乳腺炎は発症すると大変なので、
・油ものや糖分を控えたバランスのよい食生活を心がける
・ノンカフェインの水分をたくさんとって血流をよくする
・授乳の体勢を変えて飲み残しをなるべくなくす
などを心がけましょう。

母乳にこだわりすぎないことも大切

妊娠中に「赤ちゃんには母乳をあげたい」というママは多いですよね。しかし、母乳がでる量はママによって個人差があるので「完全母乳じゃないとダメ」などと、こだわりすぎないことが大切でしょう。

母乳にはたくさんの栄養が入っていますが、ミルクにも同じように栄養がたくさん入っています。ですから、「母乳しかあげてはいけない」と、がんばりすぎてしまうとママのストレスになりますし、育児も楽しめなくなってしまいます。

ミルクを赤ちゃんに飲ませることは悪いことではありません。ミルクでも赤ちゃんは健康に成長してくれるので、「母乳が足りてないかな」と感じたときはミルクにするとよいですよ。お腹いっぱいに飲ませてもらえないほうが、赤ちゃんにはかわいそうですよね。

母乳育児ママをサポートする本やグッズ

母乳育児の参考になる本「母乳育児の本」

「母乳育児は悩みも多く大変」というイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。母乳育児の悩みを解消し楽しく赤ちゃんと生活できるように、母乳育児の参考になる一冊の本をご紹介します。

【母乳育児の本】
「母乳育児の本」はテレビや新聞などでも取り上げられたことがある、10人の子どもを出産したスーパー助産師さんの本です。新生児の頃の頻繁に授乳する時期から卒乳するまでの間を、ママがストレスなく母乳育児ができるように丁寧な説明でフォローしてくれますよ。

母乳育児は「食事に気をつけるのが大変」「赤ちゃんを預けられない」などの理由から、せっかく母乳がでていても断乳してミルクに替えてしまうママもいます。この本を読むと、母乳育児のすばらしさを思い出せそうですね。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC