就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママの無駄遣い防止節約術!習慣化するために必要なこととは

子育てママの無駄遣い防止節約術!習慣化するために必要なこととは

子育てにはお金がかかりますね。「節約」の文字がいつも頭をよぎっている、というママも少なくないでしょう。頭では分かっていても、無駄遣いグセというのはなかなか直らないものです。節約を習慣化させるためのコツを知って、教育資金や老後資金を計画的に貯蓄していきましょう。

節約のため無駄遣い防止を習慣化するには

モチベーション維持のため「目標」を明確化

子育てに関する雑誌やサイトでは、こぞって「節約」「時短」がうたわれています。自分も節約生活をしなければ…という危機感を持っているママは多いと思いますが、実際はどこから手をつけてよいのか分からないということもあるでしょう。

漠然と「節約」と思っていても、なかなかうまくいかないですし、習慣化しません。節約を成功させたいのであれば、まずは「目標」を明確化することがポイントとなります。

目標は具体的であればあるほど、モチベーションが維持されます。例えば「子どもが就学するまでに100万円貯める」など、明確な数字があるとそれに向かって動くことができるでしょう。遠すぎず、大きすぎない、現実的な目標を設定してみてくださいね。

我慢しない無理しない!「ストレス」は敵

無駄遣いが直らないママに多いのが「必要以上の節約生活」によるストレスです。「節約は苦労してするのではなく、楽しみながらする」くらいの気持ちでないと、毎日の生活が苦しくなって、反動で散財してしまうという逆効果が考えられます。

節約生活を習慣にしたいのであれば「物欲」とうまくつき合っていくことが大切ですよ。我慢のしすぎ、無理のしすぎはストレスを生むだけで、本当の意味での節約成功には至らないでしょう。

とはいえ、なんでもかんでもほしいままにお金を使ってしまうのはいけません。節度を持って、ストレスを溜めない程度にお金を使いたいですね。いきなりハードルを上げるのではなく、徐々に節約のレベルを上げる方が成功しやすいので、焦らず始めていきましょう。

たまには「プチ贅沢」で自分にご褒美を

節約のために無駄遣いを防止する作戦として、「プチ贅沢」で自分にご褒美をあげるというのもおすすめです。「私は妻として、ママとして頑張っている!」と自分で自分を褒めて、ねぎらってあげましょう。

我慢ばかりでは日々の暮らしが辛くなってしまいます。明るく楽しく子育てするためにも、ママは定期的にプチ贅沢で「ガス抜き」しましょう。美容室でヘッドスパを受けるのもよいですし、コンビニスイーツをこっそり食べるのもよいでしょう。

プチ贅沢はママのエネルギー源になります。決して無駄ではないので、罪悪感を抱く必要はありませんよ。プチ贅沢でご褒美タイムを楽しんだら、また今日から家事育児と節約生活を頑張ればよいのです。

無駄遣い防止にやめられることを書き出そう

可愛いという衝動だけで購入するのをやめる

節約が続かない人は、不必要なものをつい買ってしまう傾向にあります。100円ショップで何千円も買い物したり、セール時期に大量買いしたり、「安いから」「お得だから」「可愛いから」という安易な理由で衝動買いすることは「無駄遣い」といえるでしょう。

買った後で「これ必要なかったな…」という経験がある人は要注意です。使わない掃除道具や似合わない服など、もう一度家の中を整理して不必要な買い物が何なのか洗い出してみてください。

買い物かごに入れる前に、本当に必要なのかよく考えることが大切です。「お得だから」という理由ではなく、「必要だから」という理由で買うことを徹底すれば、無駄遣いは徐々に減っていくでしょう。

外出には水筒を持参して飲料を購入しない

外出先で缶やペットボトルの飲料を買う頻度はどれくらいでしょうか。子ども用の麦茶とママ用のコーヒーをコンビニで買うと、一度に300円の出費です。そんな日が月に10日あったとしたら、1カ月で3,000円もかかっていることになります。

1本なら100円、200円と思うかもしれませんが、積もり積もればそれなりの金額になります。外出には水筒を持参して、飲料を購入しないということを徹底してみましょう。

浄水器やウオーターサーバーがあればよいですが、ない場合は水道水になりますね。水道水を飲むことに抵抗があるなら、ミネラルウオーターをまとめ買いしておくのがよいですよ。外出の度に飲料を購入するよりもずっと安く済むでしょう。

消費速度が速まるのでまとめ買いは控える

ミネラルウオーターのまとめ買いをおすすめしましたが、なんでもかんでもまとめ買いが節約になるかといえば、そういうわけでもありません。例えばお菓子のまとめ買い、ビールのまとめ買いなどをすると、消費速度が速まる場合があるので注意が必要です。

「あると助かるけれど、なくても困らないもの」を大量に保有していると、無駄に消費するだけで、途中で飽きて賞味期限を過ぎてしまうなど、廃棄することにもなりかねません。

野菜や肉のまとめ買いも、上手に小分け保存できないのならやめておいた方がよいでしょう。ほかにもシャンプーや洗剤、掃除用品など、「ポイント倍増デー」などに誘われてまとめ買いすると、無駄になってしまうこともあります。過度なまとめ買いは控えた方が節約になりますよ。

子育て中のママへ!無駄遣い防止の節約術

入場料を払う遊び場より学びがある公園へ

家計の見直しをしていると、子連れでお出かけしたときの支出が多いことに気づくかもしれません。「子どもを楽しませたい」「子どもに色々な体験をしてほしい」と、遊びに行くことへの支出は惜しまないというママも多いでしょう。

しかし、動物園や遊園地、アミューズメント施設などに入場料を払って遊びに行くと、交通費や移動費なども含めて一度のお出かけで数万円かかることもありますね。「子どものため」と思って出かけても、意外と子どもが乗り気でない場合もあるでしょう。

子どもにとっては、お金をかける遊び場よりも、山や川などの自然や、近所の公園でパパやママと遊ぶ方が、学びがあって楽しいかもしれませんよ。近場に無料で遊べるスポットがないか、よく調べてみることをおすすめします。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC