就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アジアの子育て事情を知ろう!育児の考え方や人気の国をご紹介

アジアの子育て事情を知ろう!育児の考え方や人気の国をご紹介

日本以外のアジアの国では、子育て事情はどうなっているのだろうと気になっているママもいることでしょう。日本との子育てに関する相違点などを知っておくと、今後家族で旅行したり、パパの転勤で引っ越すことになったりしてもちょっと安心ですよね。そこで今回は、アジアの子育て事情についてお話しします。

アジアの子育てに対する考え方とは?

子どもが元気よくのびのびと生活できる!

日本で子育てをしているママの場合、「電車で子どもが泣いたら迷惑だから」「公園であまり大きな声で騒ぐと近隣の人に迷惑だから」と常にほかの人への害にならないか気遣いながら生活していることでしょう。しかし、アジアでは子どもが公共の場で大騒ぎしていても、誰かに冷たい目で見られたり、注意されたりということはほとんどありません。

子どもは子どもなのだから騒いで当然、静かな方がおかしいという風潮があるからです。ときには道でおしゃべりしている大人の方がうるさかったりもしますよ。

周りが寛容な目で見守っているので、子どもが子どもらしく、元気よくのびのびと生活することができるのもアジアで子育てする大きな魅力の一つです。

パパやママだけではなく、みんなで育てる

アジアの国によっては、家事と育児はママの仕事、パパは台所にすら入らないという国もあります。一見日本より大変そうですが、食事の支度中にぐずった子どもを近くに住む親戚があやしてくれたり、家事を手伝ってくれたりなど、気がつくと手伝ってくれる人がそばにいるので日本のようにママが孤独感を感じる必要がありません。

プライバシーはあまりないかもしれませんが、子どもをパパやママだけでなく、周りにいるみんなで育てるというスタンスは、日本でワンオペ育児に疲れてしまっているママにはちょっと羨ましくも思えますよね。

育児で悩みがあっても、すぐそばに話を聞いてくれる親戚や隣人がいるので、ママが1人で悩む必要はないのです。

子どもだって、社会の一員になれる

アジアでは、子どもは小さい頃から近所に住むおじさんやおばさんなど色々な人と日常的に接し、コミュニケーションを取ることによって社会に慣れていきます。子どもが悪いことをすれば、近所のおじさんが叱ってくれるなど、まるで日本の昭和時代のような光景が今でもアジアでは見られます。

アジアでは小さい子どもも地域の一員、社会の一員として周りから認識されているようです。

それに比べ、日本では、近頃は子どもを狙った悪質な事件もあるので、ママは子どもから目を離すことができず、常に子どもと一緒に行動し、行く場所も限られてしまいますよね。親戚や近所付き合いも減ってきているので、家族以外の人と子どもが話す機会も少なくなってきています。

アジアの知っておきたい子育て事情

日本とどう違う!?アジアの交通事情

日本は交通ルールが細かく定められており、歩行者も赤信号では渡らないなど、ルールを比較的よく守って歩いていますよね。しかしアジアでは日本とは交通事情もまったく違います。

1台のバイクに4~5人も乗り込んでよろよろと走っていたり、信号はないも同然の交差点で車や数多くのバイクが猛スピードで走り込んできたりなど、横断歩道を青信号で渡っているからといって必ずしも安全とは限りません。

例えばタイのバンコクなどは歩道橋もたくさんあるので、歩道橋があるときは階段を上るのが面倒でも、子どもの安全のため、歩道橋を使って横断することをオススメします。アジアに行ったら、日本の感覚で道を渡ったり、車を運転したりしないように気をつけましょう。郷に入れば郷に従えですよ。

子どものために心構えを!トイレ事情

アジアでも国によってトイレ事情が大きく変わってきます。例えば台湾では、トイレットペーパーをトイレに流すと詰まってしまうので、便器内に流すのは禁止とされています。使用したペーパーは横にあるゴミ箱に捨てるシステムになっています。

整備されたホテルを除き、地元の人が集まるレストランなどにあるトイレは、日本の和式のようなスタイルのものが多いようです。中には水を流すためのタンクなどもなく、横に水の入ったバケツとひしゃくが置いてあり、自分でその水を使って流すところもあります。

トイレにはトイレットペーパーを常備していないケースも非常に多いので、アジアを旅行する際はポケットティッシュをたくさん持参するようにしましょう。

アジアは子連れで出かけても安全?

アジアの治安が気になるママも多いと思います。旅行先が決まったら、外務省サイトの「海外安全ホームページ」をチェックしてみましょう。

海外安全情報の検索ページを見ると、国別さらに地域別に危険情報が掲載されています。アジアでは日本と違い、政情が不安定なところも多く、クーデーターや反政府デモなどが発生することも珍しくありません。

外国人観光客が多いリゾート地であっても決して例外ではないので、事前に目的地が危険でないかどうかチェックしてから渡航するようにしましょう。もし危険情報が出ていたら、子どもの安全を優先にし、旅行先を変えるかキャンセルする決断も必要です。

また、渡航先によっては予防接種が必要な場合もあります。事前にチェックするようにしましょう。

アジアで人気の国の子育てをご紹介

多民族が暮らす「マレーシア」

あまり日本に馴染みのないマレーシアですが、マレーシアにはインド系、マレー系、中国系の人たちが住んでおり、多民族国家として知られています。さらにクアラルンプールには、中東系、欧米系、アジア系の移民も多く、様々な国の人々と触れ合うことができます。

他民族国家ゆえに、外部からやってくる外国人にもフレンドリーで、特に抵抗なく地域に馴染んでいくことができます。学校もタミル語で教える学校、中華系の学校、マレー語で教える学校など各民族のニーズに応じて学校を選ぶことができるのも興味深いですよね。

またプレスクールやナーサリーなどの保育教育施設も充実しており、親の就労に関わらず入園させることができるので、ほとんどの子どもが園に通っています。

パパも子育てに参加「シンガポール」

シンガポールでは、ママがワンオペ育児で頑張るといった光景はあまり見られません。シンガポールにも日本と同様、パパが取得できる育児休暇「パタニティリーブ」と呼ばれるものがあり、シンガポールのパパたちは育休を当然の権利として取得し、積極的に子育てに参加しています。

「周りに取っている人がいないから育休なんて」という日本のパパとはちょっと違いますよね。さらにシンガポールは共働き家庭が多く、兵役で2~3年留守してキャリアが出遅れてしまう男性と違い、ママの方がパパより出世して一家の稼ぎ頭ということも珍しくありません。

さらに国全体でメイドの雇用促進を行っているので、家事などをメイドに任せている家庭もたくさんあります。

幼児教育から力を入れている「韓国」

今や韓国は日本以上に学歴社会だといわれており、幼児教育に熱心なママやパパも珍しくありません。2歳にして幼児教室はもちろん、英語や美術、音楽を学ぶ幼児もたくさんいます。日本人にとっては、2歳はまだ習い事には早いような気もしてしまいますよね。

幼稚園でも英語や簡単な算数などを習うことは珍しくなく、リトミックやお遊戯が中心の一般的な日本の幼稚園とはちょっとカリキュラムも違うようです。

小学校入学の時点で、ハングルや簡単な計算などわかっているという前提で授業が進められることが多いので、小学校入学までに基礎をマスターしておかないと学校の授業についていけなくなるという心配もあり、幼児教育は当然視されています。

まとめ

今回はアジアの子育て事情についての記事でしたが、いかがでしたか?アジアといっても、国によって習慣も社会システムも違うので、どこの国が子育てに向いているとは一概にいえません。

ほかのアジア諸国に比べ日本は清潔で整っていて住みやすい国だといわれますが、その反面、秩序を乱しがちな子どもには厳しい面があるのは否めません。アジアの国々は、設備は日本ほど整ってはいないかもしれませんが、その分、周りの人の子どもに対する態度は寛容で受け入れてもらいやすいというのがあるので、どこの国も一長一短かもしれませんね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018