就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと人気の入浴剤を使ってみよう!注意点と悩み別おすすめ入浴剤

子どもと人気の入浴剤を使ってみよう!注意点と悩み別おすすめ入浴剤

子どもと一緒のバスタイム、入浴剤は使用されていますか?どれを使ってよいか迷う方も多いかもしれません。入浴剤は種類が豊富で体を温めるだけでなく、保湿などスキンケアをかね備えている商品もあります。今回は子どもにも安心して使える入浴剤選びのポイントなどをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

入浴剤はいつから?使用の際の注意点

入浴剤は満3カ月を目安に始めてみよう

子どもと入浴剤を使う時期は、満3カ月頃が目安といわれています。そこで3カ月前の赤ちゃんの肌と、それ以降の赤ちゃんの肌を比べてみましょう。

生後3カ月前の赤ちゃんの肌はとてもデリケート。外の刺激に反応しやすく肌の状態が不安定です。1カ月頃をピークに皮脂の分泌も増え、多くの赤ちゃんが経験する乳児脂漏性湿疹が出始めます。入浴剤の刺激で肌にさらなる影響が出ることもあるので、まだ使用は控えましょう。

3カ月以降になると肌の状態が少しずつ安定します。あわせて皮脂量が急激に減り、肌が乾燥しやすくなります。乾燥による痒みや赤みがでることもあり、保湿が大切になります。スキンケアの意味もかねて、このころから入浴剤を上手に利用できるとよいですよね。

刺激や香りの強いものは避けよう

入浴剤を選ぶときの注意点をお伝えします。まずは肌への刺激が強いものは避けましょう。子どもの肌はとても薄く大人の半分ほどです。そのため大人では問題ないものでも、影響がでてしまうことがあります。

・疲れをいやす炭酸ガスがはいっているもの
・発汗作用のあるもの
・清涼感があるもの

これらは子どもの肌には刺激が強すぎるので、避けましょう。「赤ちゃんから使えます」という表示があるものや、低刺激のものを選ぶようにしましょう。

また特に女性に人気の香りの強いものも、子どもにとっては刺激が強すぎてしまいます。
香りも楽しみたい場合は、子どもでも大丈夫なハーブなどの天然由来の香りを使用しているものを選びましょう。

まずは少量から使用するのが安心

つぎは、入浴剤を使用する際の注意点をお伝えします。子どもの肌はまだまだデリケートですので、大人とおなじ方法で使用すると負担がかかります。

必ず使用量は定められている量、またはそれよりも少ないくらいで始めてみてください。量が多くなると、子どもに刺激の少ないものを選んでいても、肌へ多く浸透してしまい負担になります。まずは少量から試して肌の状態など、変化がないか様子を見ると安心ですね。

入浴剤を入れると、大人はゆっくり湯舟につかりたくなりますよね。しかし子どもは熱の影響を受けやすく、短時間でのぼせにつながります。特に赤ちゃんにおいては、つかる時間は3分程度、洗う時間も込みでトータル10分~15分程度を目安にバスタイムを設定しましょう。

お悩み別、おすすめの入浴剤を紹介

アトピーに悩む子の入浴剤3選

アトピー肌の場合、肌にあう入浴剤を見つけるのは大変ですよね。そこでアトピーに悩む子どもにお勧め入浴剤3つをご紹介します。

・アトブルーブ
皮膚科医が敏感肌の娘のためにつくった植物由来の和漢入浴剤です。トウキ根、 ジオウ根、紅花のエキスを黄金比で配合し、高い潤いと健やかさをたもちます。

・みんなの肌潤風呂
「ビート糖」成分による、浸透、吸水、保湿力があります。刺激物となる合成着色料、合成香料、エタノール・パラベン不使用。肌の刺激の原因にもなる水道水の塩素も中和してくれます。

・華密恋
ハーブの女王と呼ばれるカミツレ=カモミールにより抗アレルギー、保湿、消炎、沈静に効果があります。土からこだわった有機栽培のカミツレ100%使用。

乾燥肌に悩む子の入浴剤3選

子どもの肌はデリケートですぐカサカサしてしまいます。先にご紹介したアトピーに悩む子の入浴剤も乾燥を防ぐものなのでお勧めですが、それ以外にも保湿に重点を置いたこんな入浴剤があります。

・ベビタブ
重曹やクエン酸など食品グレードのものでつくられた無添加入浴剤。水道水の塩素も中和します。病院やクリニックなどでもお勧めされる安心入浴剤です。

・キュレル
乾燥性敏感肌向けに特化しており、セラミドとユーカリエキスによる保湿効果があります。弱酸性・無添加・無着色なので安心して使用できます。

・ウルモアクリーミー
潤いをあたえるコラーゲンとセラミドを含み、保湿効果が期待できます。赤ちゃんから高齢者まで利用でき、コストパフォーマンスも高いです。

安心の無添加入浴剤3選

入浴剤は意外と色々な成分が入っていることを、ご存知でしょうか。子どもの肌は敏感ですので、出来るだけ刺激となるものは取り除きたいですよね。

入浴剤で刺激とされるものはいくつかあります。例えば、温泉成分で有名な「硫黄」、化学物質である「合成界面活性剤」、「合成着色料」などです。商品表示では合成界面活性剤は見分けにくくなっているで、まず着色料や香料のチェックをぜひしてみてください。肌への負担を考えて、無添加入浴剤を試してみるのもよいのではないでしょうか。

・みんなの肌潤風呂
・華密恋
・ベビタブ

上記はアトピーや乾燥に悩む方用の入浴剤の中でもお伝えしましたが、余分なものを使っておらず、無添加なので安心して使用できおすすめです。

子どもに人気の入浴剤でお風呂を楽しもう

何が出てくる?「びっくらたまごシリーズ」

今度は子どもに人気の遊んで楽しめる入浴剤を、ご紹介いたします。まずはバンダイから出ている「びっくらたまごシリーズ」です。

入浴剤をお風呂に入れると、シュワシュワと溶けだし中からマスコットが出てきます。少しずつ見えてくるマスコットに、子どもは釘付けになるのではないでしょうか?おもちゃの種類は5~6種類あり、どれが出るかはお楽しみ。

とにかく種類が豊富なことにびっくり!アンパンマンやディズニー、そのほかにも幅広いキャラクターがそろっています。また全国の量販店、ドラックストアやおもちゃ屋さんなどで取り扱っているので、購入しやすいのもよいところです。子どもと一緒に何がでてくるか、ワクワクしながらお風呂を楽しめますね。

お風呂で実験「まぜまぜねるるんシリーズ」

こちらもバンダイから出ている「まぜまぜねるるんシリーズ」。名前から子どもが好きそうな予感がしますよね。使い方はまるでなにかの実験のようで、ワクワクします。

・付属のビーカーに粉(不思議粉)を入れ、液(不思議液)を注ぐと色が変わる
・混ぜあわせるともこもこの泡が出現
・お湯や水を少しずつ足して混ぜつづけると、どんどん泡が増えていく
・最後は泡を湯舟に入れて入浴剤に

今までになかった新感覚の入浴剤ですよね。次から次に起こる変化に、子どもは興味津々になるのではないでしょうか。お風呂なので、ちょっとくらい飛び散ったりこぼれたりしても大丈夫。ママと一緒に、初めての実験を楽しんでみてはどうでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子どもと一緒に使う入浴剤選びのポイントは、大人とちがう点が色々ありましたね。ぜひ参考にしてみてください。

お風呂を嫌がる子どもでも、気に入った入浴剤があれば喜んで入ってくれるかもしれません。入浴剤を使うときに、ぬるめのお湯にすることや、体をきつく洗いすぎないなど、お肌のためにあわせて注意してみてください。

お風呂は体を清潔にし、リラックスや親子のスキンシップの大切な時間です。家族みんなでつるぴかたまご肌になれるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018