就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子のおむつかぶれ対策をしよう!男の子のためのケアの仕方

男の子のおむつかぶれ対策をしよう!男の子のためのケアの仕方

男の子の赤ちゃんのママにとって、どう手入れをしてあげればよいのか迷ってしまうのが、デリケートゾーンのケアについてですよね。男の子のおむつかぶれの原因や対策、おむつかぶれになってしまったときの対処法について知ることで大切な部分を守ってあげましょう。

男の子の赤ちゃんのおむつかぶれとは?

おむつかぶれの原因は、主に排泄物の刺激

赤ちゃんは大人と比べると1日の中でおしっこやうんちをする回数が多いです。そのおしっこやうんちにはアンモニアや酵素など肌の刺激になりやすい物質が含まれているため、敏感な赤ちゃんの肌には強い刺激になってしまいます。

おしっこだけでなくうんちも母乳やミルクがメインのうちは水分が多め。さらに赤ちゃんは汗をよくかくので、特に夏場などおむつの中は高温多湿の状態にあります。高温多湿なうえに刺激になる物質が常に触れている状態が長く続いてしまうと、おむつの触れている部分はかぶれやすくなり結果として赤ちゃんはおむつかぶれになってしまうのです。

毎日のことなので、排泄のコントロールができるようになるまではずっとそのリスクがあるということになります。

男の子は性器の先が赤くなることも

おむつかぶれが出やすい部分はおしりの特に肛門まわりや股などが多いですが、男の子はおちんちんの先が赤くなってしまうこともあります。

これはおしっこがついたままの状態になりやすいということと、おむつをしたときにおむつに触れて擦れてしまいやすいということがあるからです。男の子の特徴でもありますから避けることは難しいですが、かぶれやすいおしりや股と合わせておむつ替えのときに赤くなっていないか確認してあげるとよいですね。

そこまで確認しているというママは少ないかもしれませんが、痛みがでるほどの炎症になる前に気づくことができるように、普段から何も問題のない状態を知っておくと症状が現れたときに早めに気づいてあげられます。

似た症状のあせもやカンジダとの見分け方

おむつかぶれと似た症状がでやすいのがあせもやカンジダです。それぞれ対処方法が異なりますので、症状からの見分け方をお教えします。

まず、あせもは汗を多くかくことで汗腺の出口がつまってしまうことで発生します。そのため、汗をかきやすい部分にブツブツができます。ただれるというよりは発疹がメインとなりますが、痒みをともなう赤いあせもの場合と、痒みなどがない透明のあせもができる場合があります。

次にカンジダの症状ですが、おむつかぶれと似ていて赤くただれたり膿を含んだブツブツができます。ですが、おむつかぶれがおむつの触れる部分だけに症状がでることに対してカンジダは菌の繁殖によるものなので皮膚のしわの奥まで症状がでます。

おむつかぶれになってしまったときの対処法

おしりふきで擦らず、おしりシャワーを

おむつかぶれになってしまうと、少しの刺激でも痛がったり症状が悪化したりすることもあります。おむつ交換の度に赤ちゃんに痛い思いをさせておしりふきで拭くのではなく、おしりシャワーで洗い流す方法を試してみてください。

おしりシャワーとは、ぬるめのお湯を直接おしりにかけて汚れを洗い流すやり方です。洗面器などを使って座浴をしたりお風呂場でシャワーを使ったりする方法もありますが手間がかかりますよね。おむつの上で直接お湯をかけて流してあげるおしりシャワーは手軽ですし、症状を軽減させるのにおすすめです。

ソースボトルやスプレーボトルなど様々なものを代用しているママもいますが、おしりシャワー専用の容器も販売していますのでチェックしてみてくださいね。

しっかり股を乾かしてから保湿をしよう

おしりをきれいにしてあげたあとは、おむつをつける前にしてあげて欲しいことがあります。それは、乾燥と保湿です。

まず乾燥ですが、おしりをきれいに洗ったりしたあとは水分が残っています。この水分がある状態でおむつをつけるとおむつの中が蒸れて、症状が悪化してしまう原因になります。最後に乾いたガーゼなどで拭く、うちわで仰ぐ、ドライヤーの弱い風をあてるなどしてしっかりと一度乾かしてあげてください。

次に大切なのが保湿です。赤ちゃんの肌は油分が少なく皮膚も薄いので保湿剤を塗ることで保護してあげる必要があります。

オイルでもクリームでも、保湿剤は赤ちゃん用として売られている低刺激のものを選んであげてくださいね。

おむつかぶれが治らないときは病院へ

清潔を保ち保湿をするなどのホームケアをしていても、まったく症状が改善しなかったり、ただれや皮膚がむけるなど悪化したりした場合には迷わず病院にいってください。

おむつかぶれ程度で病院に行くのはどうなのかなと気負わなくて大丈夫です。悪化して痛い思いをするのは赤ちゃんですし、できるだけ早く対処してあげる方が治るのも早く効果的です。

おむつかぶれと思っていたら別の原因があったということもありますから、医師にみてもらうのが一番安心ですよね。

症状の程度にもよりますが、たいだい2、3日から一週間ほどでよくなってきます。

病院はかかりつけがあれば皮膚科でもよいですし、普段通っている小児科でもかまいません。

おむつかぶれにならないための対策

おむつ交換の頻度を増やして清潔に保とう

おむつかぶれの主な原因はおしっこやうんちが触れている状態が続くことです。布おむつでも紙おむつでも汚れたらできるだけ早く交換してあげるようにしてください。

頻繁におむつ交換をしてあげることでおしりを清潔に保ち、おむつの中の蒸れている状態も軽減することができます。

特に最近の紙おむつは吸収率の高いものが多く出ているので、赤ちゃんも不快感のために泣くということが少ないことがありますからママも放置しがちです。定期的に時間を決めておむつをチェックするなどして、汚れたままの状態を続けないように心がけましょう。

成長にともない赤ちゃんの排泄の間隔も長くなってきますし、我が子の排泄のタイミングもわかるようになるとチェックの回数も減ってきます。

性器のしわや裏側までしっかり拭こう

男の子の性器は実はしわが多かったりして見えない部分が結構あります。うんちをしたあとはしっかりと汚れが残らないようにきれいに拭いてあげることが大切です。

表に見える部分だけでなく、陰嚢のしわや裏側まで必ず拭いてあげるようにしてください。少し持ち上げるようにして拭くとやりやすいです。

付け根のあたりも見づらいですが汚れが溜まりやすい場所なのでチェックしてあげましょう。強くひっぱったりしなければ痛がることはありませんので安心してください。

特に柔らかいうんちだと広範囲に広がってしまうことがありますから、おしりやおちんちんにばかり気をとられて忘れがちな足の付け根部分も拭き忘れないようにしてあげてくださいね。

成長に合ったおむつのサイズを選ぼう

おむつの中は蒸れやすいので皮膚もふやけて刺激を受けやすい状態です。擦れもおむつかぶれの原因の一つなので、サイズの合わないおむつをつけていると擦れている部分がかぶれてしまうことがあります。

こまめにおむつのサイズが合っているか確認して、成長に合わせて変えてあげるようにしましょう。

各メーカーによって様々ですが、目安となる体重などが記載されています。ですが、赤ちゃんは個人差がありますので体重だけではなく、お腹周りや足回りのフィット感も確認するようにしてください。

目安としては、おむつを外したときにお腹周りや太ももにおむつの跡がついているかどうかです。くっきりと跡がついているようならサイズアップを考えましょう。

まとめ

いかがでしたか?ママにとって男の子の扱いはとまどうことが多いかと思いますが、基本的に清潔と保湿を保つことが重要なので難しいことはありませんでしたよね。少し気を付けるポイントを押さえておくだけできちんと対処していけることがわかっていただけたと思います。

普段の生活の中でおむつかぶれにならないように対処しつつ、なってしまっても焦らずにホームケアや病院に相談するなどしてかわいい赤ちゃんのおしりを守ってあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018