就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと幼稚園行事を楽しもう!行事の種類や知っておきたいこと

子どもと幼稚園行事を楽しもう!行事の種類や知っておきたいこと

幼稚園では子どもたちのために多くの行事が行われます。1年間の流れや、パパやママが参加する行事がどのくらいあるのかをまとめてみました。「行事に参加するのは大変」と感じるママたちも多いかもしれませんが、わが子の成長を見る0ことができる幼稚園行事を楽しむコツなども紹介します。

幼稚園での1年間にはどんな行事がある?

新たな門出、春の行事

幼稚園には年間を通してさまざまな行事があります。ここでは一般的な行事について、ある幼稚園を参考にして紹介します。幼稚園によって行事は異なりますので、子どもが通う幼稚園の情報が詳しく知りたい場合は、その幼稚園のパンフレットやホームページなどを確認してくださいね。

4月
・始業式
・入園式
・PTA役員決め

5月
・幼稚園の近くで親子遠足

春の一番大きな行事は入園式ですね。新しい年度が始まって、子どもも親も幼稚園生活に少しずつ慣れていく時期です。行事は少なめで、毎日の生活を大切にして、生活リズムをつくります。

暑い夏をたのしく過ごすための行事

幼稚園での生活リズムがついてくるこの頃は、行事も少しずつ増えてきます。

6月
・夏服(制服)への衣がえ
・土曜参観

7月
・七夕
・プールや水遊び

8月
・夏祭り
・夕涼み会
・お泊り会

幼稚園に慣れてきたこの頃、子どもたちの幼稚園生活を見ることができる土曜参観があります。見るだけでなく、パパやママも参加して工作やゲームなどをすることも。

夏休みには、夕方から家族で参加する夕涼み会や、年長さんが幼稚園に1泊するお泊り会があります。

運動や食欲の秋に行う行事

秋は、子どもたちががんばって練習をしたり、準備をするような行事が多くなる季節です。

9月
・遠足

10月
・冬服(制服)への衣がえ
・運動会

11月
・芋ほり
・幼稚園祭り

幼稚園の運動会では、年少さんは運動の楽しみやお友達と力を合わせる楽しみを学ぶことができます。年長さんになると競争を意識したり、応援団などの係を任されるなどして責任感や達成感を感じられる子も多いようです。

幼稚園祭りでは、子どもたちが工作したものを販売するお店やさんごっこをしたり、PTAが地域の人も参加可能なバザーを行ったりします。

日本の風習と学期末らしい行事が多い冬

冬は、クリスマスやお正月、節分、ひな祭りなど風習を感じる行事が多く行われます。

12月
・クリスマス会

1月
・餅つき
・凧あげ

2月
・節分
・発表会

3月
・卒園式

クリスマスには外国人のサンタクロースが来たり、節分では、大人が怖い鬼のお面をかぶり、子どもたちが本気で豆をぶつけたりするような、子どもにとっては真剣な行事になることもあります。

年度の終わりが近づくと、発表会や卒園式といった1年間をしめくくる行事が行われます。

幼稚園の行事にはママやパパの協力が不可欠!?

幼稚園には親の参加が必要な行事が多い

「幼稚園は親の参加行事が多くて大変」といわれることがありますが、幼稚園の方針によってかなり違っています。

親が幼稚園活動に参加することが多い幼稚園では、参観日や運動会などの当日参加する行事だけでなく、発表会の衣装の作成や、バザー用の販売品の作成、幼稚園の草むしり、大掃除などといったいろいろな仕事があります。

赤ちゃんがいたり、仕事などでどうしても参加できないママには、家でできる作業を分担するなどの配慮があることもあるようです。

これらの情報は幼稚園に通っている保護者や、幼稚園の説明会などで先生に聞いてみることをおすすめします。最近は、働いている保護者が増えているためか、親への負担を軽くする傾向があるようです。

役員さんの選定と仕事内容が知りたい

PTA役員は、入園して最初の保護者会で決めます。役員の種類や人数、決め方は幼稚園によって違いますが、立候補やくじなどで決める園が多いようです。

ある幼稚園のPTA組織は、以下のようになっています。
<PTA本部役員>
・会長 1名
・副会長 2名
・書記 2名
・会計 2名

<クラス役員>
・学級委員 1名 (クラスのまとめ役)
・クラス会計 2名 (月1回の集金を担当)
・広報委員 1名 (幼稚園の様子を伝える手紙を作成)
・文化教育委員 1名 (1学期に1回親のための勉強会を開催)
・バザー委員 2名 (バザーのまとめ役)

上記役員にならなかった保護者も、各行事などのお手伝いの係など、1人1役を担当することもあります。

役員さんのメリットとデメリット

役員を引き受けるのはとても大変なイメージがありますが、実際はどうでしょうか。役員を経験した方の意見からメリット、デメリットをまとめてみました。

<メリット>
・幼稚園に行く機会が増えるため、幼稚園や子どもの様子がよくわかる
・先生とお話しする機会が多くなる
・ママ友が増えたり、一生の友達ができることもある
・ママが幼稚園にいると子どもが喜ぶ
・初めは嫌だと思っていたが、終わってみたら楽しい思い出になった

<デメリット>
・幼稚園にかかわる時間が長くなる
・仕事の内容が詳しくわからないまま引き受けたため苦手なパソコン操作に苦労した
・決めることがスムーズに決まらなかったり、保護者からクレームが入ることがある(卒業記念の品の選定など)

子どもも楽しみ!親子で参加の行事

最初は親子でいっしょの遠足

パパやママも参加する行事はどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものを三つ紹介します。

親子遠足は、親子で参加する遠足です。幼稚園から比較的近くで行うことが多く、公園で親子遊びをしたり、体験施設へ行ったりします。まだ幼稚園生活に慣れていない子どもたちにとっては、パパやママと一緒に参加できる楽しさや安心感がある行事です。

親同士もまだ顔や名前がよくわからないことが多いので、ママは参加することに不安を感じることがありますが、子どものお友達に会ったり、お友達のママに挨拶をするよい機会です。

また、先生たちとも約1日一緒にいることになりますので、先生たちが子どもたちにどのように接しているかも見ることができますね。

パパやママの競技もある!運動会

運動会は、家族みんなで応援に行くことが多い行事ですね。幼稚園の運動会では、よく親子競技が行われます。玉入れや親子障害物競争など、子どもと親が一緒に協力しあう競技が行われます。

子どもたちは、運動会でパパやママに練習した成果を見てもらうだけでなく、一緒に競技ができることがとても嬉しいようです。

競技の内容などが事前によくわからないことが多く、パパやママは少し心配になるかもしれませんが、当日は何年も運動会を経験している先生たちが説明をしてくれますので、安心して参加してくださいね。

パパやママは動きやすい服装で行き、勝敗やうまくできたかどうかなどにこだわることなく、子どもと一緒に楽しく参加したいですね。

手作り品も並ぶ、幼稚園バザー

バザーは、幼稚園の子どものための資金調達をするために行われます。子どもの小さくなった洋服や、使わなかったおもちゃ、食器など、自分にとっては不用品でも商品価値のあるものや、ママたちの手作り品を持ち寄って販売します。

ママたちの手作り品は、幼稚園や小学校で使えるサブバッグや上履き入れ、巾着などの布物や、子どもたちが喜びそうなアクセサリーや、剣やマイクなどのおもちゃなど、いろいろなものが並びます。

幼稚園によっては、地域の方にもお客さんとして来てもらうこともあり、PTAが中心となって開かれる大きなイベントです。休日に行われる場合は、わたあめや、ポップコーンや、ゲームコーナーなどの模擬店を用意することもあるようです。

幼稚園行事が苦手!そんなときの対処法

行事が面倒だと感じてる人は意外と多い

子どものために幼稚園に行くのはよいのだけれど、ほかのママたちとの付き合いが面倒だと感じる方は少なくないようです。その理由を聞いてみましたので一部を紹介しますね。

・顔や名前が覚えられず、挨拶をするべきかどうか悩む
・しゃべってばかりいる仲よし集団がいる
・相手は悪気はないのかもしれないが、傷つくことをいわれた

このように面倒だと思っている反面、頑張って行事に参加している理由も聞いてみました。

・ママが幼稚園に行くと子どもが喜んでくれる
・集団の中での子どもの様子が見られる
・子育てのちょっとした悩みを先生やほかのママに相談できる

デメリットがありながらも、子どもの様子をより知ることができたり、交流が広がるメリットがあるようです。

ママ同士の会話に参加しなくても大丈夫

ママたちのグループができていると、疎外感や孤独感を感じてしまうことがありますが、あまり気にせず、無理にグループに入ろうとしなくても大丈夫です。

幼稚園のママたちは、いろいろな人が集まっていますから、だれとでも仲よくなれるとはかぎらないですよね。特に、人見知りのママは知らない人と世間話をすることも辛いでしょう。

無理せずにほかのママたちとお付き合いできる方法をとりましょう。目が合えば挨拶をする程度でよいと思います。もし、少し話せるママ友が欲しいのにできなくて悩んでいる場合は、役員や係などをひきうけることをおすすめします。

役員や係などで一緒にやらなくてはならない仕事があると、それをきっかけに連絡先のやりとりや会話をするようになれます。

パパ同伴やカメラマンになろう

なるべくほかのママたちと付き合わずに行事に参加する方法はないでしょうか。その対策として、一つはパパに一緒に来てもらうという方法があります。

幼稚園の平日の行事はママだけが参加するイメージがありますが、実際にはパパが参加している方もいます。パパがいればママも1人ではありませんし、ほかのママも無理には話しかけてこないでしょう。特に子どもが喜んでくれるのでよいですね。

また、カメラマンになる方法もあります。写真を撮ることに集中すれば、立ち位置をあちこち移動するのでほかのママと話している暇はありませんし、子どもの楽しそうな姿をたくさん残すことができます。

下の子がいる場合は一緒に参加すると、お世話が忙しくて話している暇がないということもあります。

幼稚園行事を楽しむための工夫

子どものがんばっている過程を意識する

幼稚園の行事は、わが子の様子を見ることができるという楽しみがありますね。さらに少しの工夫でもっと楽しめるようになります。

まずは、行事当日までの準備期間に子どもがどんなことをしているか想像してみましょう。幼稚園では各行事に向けて、先生が絵本や紙芝居や歌などを使って、子どもたちの気持ちを盛り上げてくれます。

そして、子どもたちは行事で使う道具を作ったり、演技の練習を行ったりします。まだ小さい子どもたちは毎日少しずつ作業や練習に取り組みながら、パパやママが見てくれるのを楽しみにしているのです。

先生からの連絡や子どもの話を聞いて、親子で楽しみにしている気持ちを共有することができるといいですね。

子どもの成長を楽しもう

幼稚園は2~3年通うことが多いので、毎年の行事で子どもたちの成長をよく感じることができます。入園した頃は「ママから離れて大丈夫かしら」と心配をしていたような子どもが、1人で堂々と演技や競技をしている姿を見ると感動してしまいます。

さらに、1年経って同じ行事をするときには、去年の様子と比べることができるので、特に子どもの成長を感じやすいです。

わが子だけでなく、子どもたち全体の様子を見ることも、幼稚園生の成長を感じることができるよい機会です。年少さんは小さくてとてもかわいらしく、年長さんはしっかりして迫力が出てきます。

わが子が年少のときの姿を思い出したり、年長になったときの姿を想像すると自然と笑顔になりますね。

子どもの晴れ舞台で一生の思い出作り

運動会や発表会などの前は、「うちの子は大丈夫かしら」とママはドキドキしてしまいますね。本番は、大きな声で歌をうたったり、みんなが見ている前でしっかりと踊ったり。まだ生まれて3~5年しかたっていないのに、がんばっているその姿に感動して涙が出ることもあります。

心配や感動が大きいせいか、親にとって幼稚園の行事の思い出は、とても心に強く残ります。小学生になると児童の数も増えるため、わが子が舞台に立つ姿を近くで見ることができなくなったり、恥ずかしがって親を避けるようになったりもします。

幼稚園では、ほどよい距離でしっかり見ることができますので、子どもががんばっている様子を感じて、たくさん褒めてあげましょう。きっとよい思い出になることでしょう。

まとめ

幼稚園の行事についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

子どもが小学校、中学校に通っているママたちに話を聞くと、「幼稚園は、子どもとの思い出がたくさんあって、とても楽しかった」という方が多かったです。パパやママが子どもから少し離れた距離で、しっかりサポートや応援をすることができるのは幼稚園のよいところでしょう。

そのためにも、ママも無理なく行事に参加して、子どもの様子をたくさん見てあげたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018