就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママのストレスは、やっぱり子育て!笑顔あふれる家庭にする方法

ママのストレスは、やっぱり子育て!笑顔あふれる家庭にする方法

我が子は可愛いはずなのに、最近怒ってばかり…子どもの寝顔を見て自己嫌悪に襲われるママも、少なくないと思います。子育てにストレスはつきものですが、溜め込む前に解消したいですよね。そこで今回は、子育てのストレスとどう向き合うべきか、解消法とあわせて紹介していきます。

心のモヤモヤ、イライラが溜まったときは?

自分だけの育児日記を書いてみる

日々の家事育児に疲れ、イライラが溜まってきたな、と感じたら、イライラしたできごとを書き出してみるとよいですよ。書くことで自分の置かれた状況が客観視でき、「こんなことでイライラしてたんだな」と、改めて気付くことができます。

ただ書き出すだけでもよいですが、おすすめは「育児日記」として書くことです。今は大変な状況かもしれませんが、過ぎてみれば「こんなときもあったな」と、よい思い出になっているかもしれません。ただし、書くときは「自分だけ」が見ることを前提にするとよいですよ。

SNSやブログなどで、不特定多数が見るような日記の方法もありますが、そうするとどうしても本当の気持ちが書けないときがあると思います。自分しか見ないと思えば、正直な気持ちが書けますよ。

家族の協力を得て睡眠時間を確保しよう

乳幼児期は夜中の授乳や夜泣きなどがあり、ママは睡眠不足になりがちです。睡眠不足は心にも身体にもダメージを与えます。無理せず、家族の協力を得て睡眠時間を確保しましょう。

いつもはすぐ隣で子どもが寝ているので、ママはちょっとしたことでも目を覚ましてしまいがちですよね。パパがお休みの日に1、2時間だけでも、1人で眠ることができれば、かなりスッキリすると思います。

慢性的に睡眠不足の状態が続くと、頭がボーっとしたり、イライラしたり、正常な判断ができないことがあります。「嫌なことも寝れば治る」とよくいいますよね。育児ストレスも、寝ることで体力や精神力が回復して、起きてからまた頑張る力がわいてくると思いますよ。

育児ノイローゼになってないかチェックする

日々の小さなストレスが蓄積していくと、育児ノイローゼへと発展してしまう恐れがあります。育児ノイローゼは、子育てしているママなら誰しも起こりうる症状です。自分は大丈夫か、チェックしてみましょう。

【育児ノイローゼの症状】
・眠れない、眠りが浅い
・イライラが止まらない
・わけもなく涙が出る
・ボーっとすることが増えた
・やる気が出ない
・子どもをかわいいと思えない
・食欲がない
・食べ過ぎてしまう
・自分を責めることが多い など

子どもに一生懸命向き合っているまじめなママほど、育児ノイローゼになりやすいといわれています。ママが辛い思いをしていると、それは子どもにも伝わります。症状が重くならないうちに、こまめに息抜きをしていきましょう。

ママの時間を増やし、ストレスを減らす

家事のハードルを下げてみよう

子育てママが忙しいのは、子育てしながらも通常の家事をこなさなくてはならないからです。でも、もしその家事の負担が少しでも減れば…ストレスを減らすことができるのではないでしょうか。

もちろん家事は毎日やるに越したことはないですが、体調や気分次第で、すべてを完璧にやらなくてもよいかもしれませんよ。いきなり家事をさぼるのは難しいという場合、まずは家事のハードルを下げることから始めてみてください。

例えば洗濯物を干すのはやめて乾燥機に任せる、掃除機はやめてモップ掛けだけにする、洗い物は1日分溜まってからする、夕飯はレトルトを利用する、など。すべてに時間をかけてやる必要はありません。手を抜くところは抜いてしまいましょう。

楽ちん!ミールキットのデリバリー

小さい子どもを連れて買い物に行くのは、近所だとしても一苦労ですよね。ネットスーパーや日用品の宅配などを利用しているママも増えてきているようです。

最近では、欲しいものをただ届けてもらうというだけでなく、「ミールキット」をデリバリーするサービスも人気です。「ミールキット」とは、レシピ付きの食材が調味料などとともに自宅に届くものです。すでに調理の下処理ができているものも多く、洗ったり、切ったりする必要がないので、あっという間においしいお料理ができあがります。

食材は使い切りで準備されていて余ることがないですし、なにより献立を考える手間がないというのが嬉しい点です。少し割高になるかもしれませんが、週に何度か利用するものよいと思いますよ。

こんなに楽なんだ!家事代行サービス

子どもとの時間を大切にしたいけれど、家事が溜まってしまうのも耐えられない…家事育児を両立できずにストレスが溜まってしまっているママにおすすめなのが「家事代行サービス」です。

プロがおこなう「ハウスクリーニング」とは違い、一般家庭でできる範囲の掃除や洗濯、料理や洗い物、片付けなどを代行してもらえるサービスです。金額の相場は、2時間で4,000~6,000円程度といわれています。

利用料のほか、交通費や時間帯によって金額は変動します。週一回ペースで利用した場合、月に20,000~30,000円ほどかかるでしょう。過度なストレスから解放されることを考えれば、この金額はそう高くはないのかもしれませんね。

どんなママでもたった1人のママだから

子どもの「ママ大好きサイン」に応えよう

子育てに休日はなく、ママはほぼ24時間営業中。ときにはイライラしたり疲れを見せることもあるでしょう。でも、子どもにとってはどんなママでもたった1人のママです。

怒ったり泣いたりするママがいてもよいと思います。でも、子どもが「ママ大好き」というサインを出してきたら、それにはしっかり答えてあげる方がよいですね。「子どものママ大好きサイン」は、甘えだったり、逆にわがままだったり、そのときどきで色々だと思います。

「もっとこっちを見て!」「一緒にいて!」というサインが見えたら、短時間でもよいので「見ているよ」ということを伝えましょう。どうしても手が離せないときは「あとでね」といって、手が空いたらちゃんと見てあげれば、子どもも安心すると思いますよ。

深呼吸して、子どもを抱きしめてあげよう

仕事や家事で忙しくしていると、つい子どもとふれあう時間が少なくなってしまいがちです。抱きしめてあげる回数は減っているのに、叱る回数だけは増えている…そんな状況が続くと、子どもは「ママに嫌われちゃったのかな…」と不安な気持ちになるかもしれません。

忙しいとき、怒ってしまったときにこそ、数秒でもよいので子どもをぎゅっと抱きしめてあげてください。そうすることで、子どもは「嫌いだから怒ったんじゃなんだ」と安心感を得ることができるでしょう。

また、ママにとっても子どものぬくもりを直接感じることができて、精神を安定させる効果があるとされています。不安や孤独を感じたら、抱きしめることで、子どもへの愛情を確認することができ、前向きに頑張る元気が出てくると思います。

どんなときでも笑顔の安全地帯になろう

ママがどんなに疲れていても、子どもはお構いなし、ということもありますよね。「うるさい!」「後にして!」といってしまい、後悔した経験はありませんか?ママがストレスで追い詰められてしまうと、このような冷たい態度をとってしまうこともあるかもしれません。

しかし、子どもにとってママは絶対的な存在です。なにをいわれようとも、「ママが好き」という気持ちは消えないでしょう。ママは、どんなときでも子どもの「安全地帯」でなければなりません。

特に乳幼児期の子どもにとって、ママが受け入れてくれる、愛してくれるという実感は、将来の人格の基礎を作るうえでも非常に大切な要素です。どんなときでも笑顔でいられるように、息抜き・手抜きをしていきましょう。

まとめ

昔から「子は親を映す鏡」といいますよね。ママが元気がなかったり、イライラと怒っていたりすると、子どもも不安な気持ちになるものです。子育てに一生懸命になるあまり、ストレスで笑顔が消え、子どもも笑わなくなってしまっては本末転倒です。

一番大切なことは子どもの幸せ、子どもの笑顔ですよね。笑顔あふれる家庭にするためにも、ママは自分に合ったストレス発散方法を見つけて、心身ともに健康であることが大切です。育児の悩みは1人で抱え込まず、周りの助けも借りながら、楽しく子育てできるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018