就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが夜起きる原因は添い乳?回数を減らす授乳方法と夜泣き対策

赤ちゃんが夜起きる原因は添い乳?回数を減らす授乳方法と夜泣き対策

夜泣き…毎日だと大変ですよね。夜起きたらすぐに添い乳していますか?赤ちゃんが夜起きてしまうのは空腹、おむつが濡れた、暑い寒いなどいろいろな原因があります。そのほか添い乳も原因の一つかもしれません。なぜ、添い乳が原因になり得るのか一緒にみていきましょう。

添い乳が夜中起きる原因になってしまう理由

夜気づくとあったはずのおっぱいがなく不安

添い乳は、ママも赤ちゃんもとても楽な寝かしつけですよね。寝ながらできるので、赤ちゃんはお腹がいっぱいになって、大好きなママの温もりを感じながら寝ることができるのでとても幸せなことでしょう。ママも寝かしつけたあと、そのまま休むことができます。

添い乳が終わったあと、ほかの用事がある場合は、そっとおっぱいを外して離れますよね。すると赤ちゃんは眠りが浅くなったときに、口に咥えていたはずのおっぱいがないことに気づいて不安になり泣いてしまうことがあります。

また寝かしつけるために添い乳を続けて癖にしてしまい、それが一晩中繰り返しの毎日になるとママがつらくなってくるかもしれません。なんとか赤ちゃんの不安を取り除いてあげたいですよね。

添い乳が習慣でおっぱいがないと眠れない

添い乳が習慣になると、寝かしつけに添い乳、また1~2時間後に泣いて添い乳するサイクルを2~3回繰り返して、気づいたら朝になっているという経験はありませんか?添い乳が習慣になると、どうしても眠りが浅くなったときにおっぱいを求めてしまいます。

添い乳が入眠儀式になっていると、どうしてもおっぱいがないと眠れないという習慣になってしまうかもしれません。そうなると、添い乳以外では眠れなくなる可能性があり、ママ以外の寝かしつけが難しくなるかもしれませんね。ママの負担が増えて大変になってしまいます。

ママ友の話では、添い乳の習慣がついてしまうと、添い乳をやめたくてもなかなかやめることができずに大変だったと教えてくれました。

添い乳ではおっぱい量が足りず夜お腹がすく

添い乳だと、少し飲んですぐにウトウトしてしまう場合があります。浅飲みになってしまうと、どうしても時間を置かずにすぐにお腹がすいて起きてしまうでしょう。

おっぱいが出る出ないは個人差が大きいところではありますが、添い乳の際に不自然な姿勢や体勢で寝ることにより、寝不足や疲れが溜まっていると、おっぱいの生産量が落ちてしまい、赤ちゃんはおっぱいが足りずに夜お腹がすく場合もありえます。

また、ずっと同じ体勢で授乳していると、おっぱいが詰まってしまい白斑ができ乳腺炎につながるかもしれません。そのほか、大人でも寝ながら飲んだら誤飲するかもしれませんよね。赤ちゃんも寝ながら飲んでいると、鼻におっぱいが流れて入り中耳炎になる可能性がありますので気をつけましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

添い乳の回数を減らして夜眠るための方法

就寝前の授乳でお腹を満たしてから寝かせる

夜中にお腹がすいて起きる赤ちゃんの場合、就寝前は必ず添い乳しないで起き上がった状態でしっかり授乳しましょう。もし可能であれば、おっぱいの後にミルクを足してみてください。哺乳瓶を拒否する、ミルクの味を嫌がる赤ちゃんは難しいかもしれませんが試してみるとよいでしょう。

友人の話では、寝る前だけミルクにすると、腹持ちがよいため夜は寝てくれるようになったと教えてくれました。ついでに哺乳瓶でも飲んでくれるとママ以外の人に預けることができ、保育園に預けるのも安心ですね。

おっぱいの生産量は個人差がありますが、疲れがたまりやすい夕方以降はおっぱいの生産量が落ちる場合があります。昼間に赤ちゃんと一緒に休むことも大事ですよ。家事は最低限にしましょう。

夜の授乳でも抱っこして十分な量を飲ませる

夜中に起き上がるのは辛いところではありますが、起き上がって抱っこで授乳するように心がけましょう。お腹がすいて起きているのであれば、しっかり飲まないとまたすぐにお腹がすいて起きてしまうからです。

おっぱいを飲む時間と、眠る時間との区別をちゃんとメリハリをつけるためにもよい習慣になるでしょう。おっぱいをしっかり飲むことで、お腹がすいて起きることが減るとよいですね。

しっかり飲ませたあと、抱っこからおろすと泣いてしまったり、乳首を離すと泣いてしまったりする場合、どうしても辛かったらパートナーであるパパに少しだけ代わってもらいましょう。パパとママと交代して、なんとか乗り切れるとよいですね。そのほかにもSNSなどで同じような仲間がいると思うとがんばれますね。

【プルオフメソッド】で自力で眠れる子に

「プルオフメソッド」というのはご存知ですか?少しずつ自力で眠れるように促すネンネトレーニングです。

手順は以下のとおりです。
1. 寝る前に、起き上がっている状態でたっぷり授乳します。
2. 赤ちゃんがだんだんと眠たくなってきて吸う力が弱くなってきたと感じたら、指で優しくおっぱいを外します。
3. 赤ちゃんがビックリして泣いていたら、そっと顎を抑えます。
4. 泣きがひどくなるようなら、再びおっぱいをあげてください。
5. ゆっくり10秒数えてください。
6. 2~5を繰り返します。
7. 上記を繰り返していくうちに、顎を抑えても泣かなくなったらベッドや布団におろします。

10日間ほどで習慣がつき、赤ちゃんが自力で眠れるようになるようですよ。

夜中起きたときの添い乳以外の夜泣き対策

すぐには反応せずしばらく様子をみる

赤ちゃんは眠っているとき、泣いていても実は寝ているということがあります。寝ぼけていたり、寝言だったりすることがあるので、すぐには反応せずに、しばらく様子を見守りましょう。寝ているのにすぐに反応すると、わざわざ起こしてしまうことになりかねません。

赤ちゃんは大人と違って、脳の発達が未発達です。寝ているときの運動抑制がかかっていません。個人差はありますが、1歳を過ぎる頃に浅い眠りでも身体が動かなくなるようになってきます。

赤ちゃんが夜泣きしたら、まずは20秒ほど見守ってみてください。すると、自然にまた寝ることがあるかもしれませんよ。今まであやしていたつもりがまさか起こしていたなんて夢にも思いませんよね。まずは20秒見守ることを試してみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事