就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

息子のママっ子はいつまで続く?見守り方と年齢別対策アイデア

息子のママっ子はいつまで続く?見守り方と年齢別対策アイデア

年齢別のママっ子な息子への接し方

【0~2歳】順調に発達している証拠

乳幼児期はとにかくママが大好き。とくに0~1歳の時期は授乳やおむつ替えなど、付きっ切りでお世話をするため、子どものママに対する信頼はとても大きなものです。

人見知りやママが見えなくなると泣くということは、人の顔を認識し、ママを区別できているということ。ハイハイやあんよができるようになると後追いをし、ママが行くところへどこにでもついて行こうとします。

1歳半頃から徐々に自我が芽生え、ママから離れて遊べるようになる子もいますが、少し経つとママのところに戻ってきます。

これは、不安になるとママのところへ戻り安心感を得たら、また離れて遊ぶということを繰り返すことで自立の準備をしています。これらすべての行動は、心身ともに順調に発達している証拠ですよ。

【3~4歳】集団生活が原因になることも

3~4歳になると、ほとんどの子が保育園や幼稚園で集団生活を経験します。ママから離れていた時間を取り戻すかのように、家ではママにべったりになる子も少なくありません。

園では「自分のことは自分で」と教えられるため自立心が育っていきますが、ママがいるとママとやりたがることがあります。

そのようなときは、「自分でできるでしょ」などといわず、「できるかな?」「格好よくやるところが見たいなぁ」とやる気を促すような声がけをしましょう。また、なかなかできないと口を出したくなりますが、ぐっとこらえて見守るように心がけてください。

母子分離の不安がある子には、短い時間をパパと留守番してもらうなど、ママ以外との時間を作り、戻ったらたくさん褒めるようにしてみてください。

【5~6歳】わがままとの違いの見極めが鍵

小さい頃は「ママ抱っこ~」「ママと寝る!」と分かりやすい甘え方でしたが、5歳くらいになってくるとわがままとも取れる甘え方をすることがあります。

例えば、「今日は幼稚園バスに乗らないでママと行く!」というような場合は、わがままと決めつけ「バスに乗らないと幼稚園に行けないよ」といったりせず、なぜバスに乗りたくないのか聞いてあげてください。

甘えとわがままの区別は難しく、子どもの性格やママの受け取り方によって違ってくるでしょう。しかし、子どものいうことに耳を傾けているうちに子どもの心の中が見えてくるかもしれません。

自立にはそれぞれ子どものペースがあります。ほかの子と比べていると、子どもの自己肯定感を低くしてしまう恐れがあるので注意してくださいね。

まとめ

成長のペースはその子によって違い「周りより遅いのでは」と思っても、自立はいつかやってきます。男の子は思春期になると、ママとの会話も少なくなってしまうかもしれません。

長い子育ての中で、ママにべったりしてくれるのはほんの短い期間です。大変だったり心配だったりすることもありますが、ママ大好きサインをたくさんキャッチして、幸せな時間を満喫してくださいね。

ママにたくさん甘えて信頼関係を築くことで、いくつになってもママが見守ってくれていると感じてくれるのではないでしょうか。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND