就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

むくみや腰痛に!マタニティマッサージのメリットと注意点

むくみや腰痛に!マタニティマッサージのメリットと注意点

出産予定日が近づいてくるにつれてママのお腹は大きくなるので、腰痛や妊娠線、むくみなどのトラブルに悩む方は多いですよね。ここでは、マタニティマッサージをするとどのような効果があるのかや、マッサージをするときに気をつけたいところなどをご紹介します。

妊娠中にマッサージをするメリット

ママも赤ちゃんもリラックスできる

妊娠中は安定期まではつわりに悩む方が多く、安定期以降はむくみや腰痛、妊娠線などのトラブルに悩む妊婦さんがたくさんいます。また、ホルモンのバランスが乱れることで、ちょっとしたことでイライラしたり、悲しくないのに気持ちが落ち込んで涙がでたりなど、妊娠中は心のバランスをとるのも難しいですよね。

妊娠中にマッサージをするメリットはたくさんありますが、マッサージをすることでママだけでなく、お腹のなかにいる赤ちゃんもリラックスできるのでよいですよ。ママがストレスを抱えてイライラすると、お腹のなかの赤ちゃんの気持ちも不安定になってしまうといわれています。

ママが心も身体もリラックスすることで、赤ちゃんも安心できますよ。

つらいむくみや腰痛にも効果アリ

妊娠後期に入ってくると、「骨盤が開いてきたからか、腰が痛い」「ゾウの足のように、足がパンパンにむくんできて足がだるい」など、むくみや腰痛に悩むママは多いですよね。妊娠中は、少しずつ大きくなっていく子宮に圧迫されて、血流やリンパの流れが悪くなり足や手がむくんでしまいます。

また、骨盤が少しずつ開き、大きく成長していくお腹のなかの赤ちゃんを支えなければならないので、腰を痛める方も多いです。むくみや腰痛をそのままにしておくと、さらに悪化して下肢静脈瘤やこむら返り、ぎっくり腰などになってしまうこともあるので注意が必要ですよ。

マッサージで身体の血流をよくし、ガチガチに固まっている筋肉をほぐしてあげましょう。

オイルマッサージで妊娠線予防にも

妊娠中は身体にさまざまなトラブルが起きることが多いですが、とくに気がかりなのが妊娠線ではないでしょうか。妊娠線は一度でるとほとんど消えることはないので、できる前に予防することが大切ですよ。

妊娠線予防には、保湿することがとても重要です。オイルマッサージは血流がよくなるだけでなく妊婦さんの身体を十分に保湿できるので、妊娠線予防には最適ですよ。

友人の話では、妊娠してどんどん大きくなるお腹やお尻に「お肌も乾燥してカサカサだし、妊娠線ができたらどうしよう」と悩んでいたそうです。先輩ママに「オイルマッサージはしっかり保湿できていいよ」と教えてもらい、毎日オイルマッサージをしてみるとお肌がモチモチして妊娠線もできなくて嬉しかったと話してくれました。

妊娠中のマッサージの際の注意点って?

必ず事前にかかりつけの医師に相談を

マタニティマッサージは、妊娠中に起きるさまざまなトラブルの解消によいといわれているので、「マタニティマッサージをしたい」という方も多いですよね。しかし、マタニティマッサージはママの体調がよいだけでなく、妊娠経過が順調な方でないとすることができません。

マタニティマッサージをする前に、通っている産婦人科や病院のお医者さんに相談してみるとよいですよ。赤ちゃんのことを考えると、妊娠初期の頃のマッサージはおすすめではありません。安定期に入る16週目以降にマッサージするのがよいとされています。

また、臨月にマッサージするのも、お腹のなかの赤ちゃんによっては施術しないほうがよい方もいるので、安心してマッサージできるように相談するのは大切ですよ。

強く刺激するのはNG!無理のない範囲で

マッサージというと、お肌をさするように優しい力加減でするものから、身体を強く刺激して脂肪を燃焼させるようなマッサージまで、さまざまなマッサージの仕方がありますよね。妊娠中は、お肌に対して強い刺激を与えるのはあまりよくありません。

なるべく優しい力加減のマッサージで、ママの身体の無理のない範囲で行いましょう。また、マッサージ店で施術を受ける場合は、うつぶせでの施術はお腹を圧迫するのでうつぶせはNGです。仰向けでなるべく優しくリラックス効果の高いマッサージ店を探してみましょう。

足つぼマッサージは、正しい知識がないと子宮を収縮させるツボを押す危険性もあるので、妊娠中は控えておいたほうがよいかもしれませんね。

中には注意が必要なアロマも

アロマはリラックス効果が高く、ストレス発散にもなるので妊娠中の方だけでなく女性に人気ですよね。マッサージのなかでも、アロママッサージは癒やし効果が高いので妊娠中にも「アロママッサージを受けたい」という方は多いでしょう。

アロマには種類がたくさんあり、リラックス効果やリフレッシュ効果があるものだけでなく、ホルモンのバランスを整えるものなどもあります。なかには、ホルモンのバランスを整え、子宮の収縮を促す効果があるアロマもあるので、施術を受ける場合には、妊娠中であることを伝えた上で相談しながらアロマを選びましょう。

妊娠中に使用しないほうがよいアロマは、ゼラニウム、ジャスミン、ローズなどがあります。効果を確認し自分がよいと思うものを選びましょう。

気軽にできるセルフマッサージでリラックス

足のむくみにはリンパマッサージが効果的

妊娠後期に入ってくると、足のむくみがどんどん悪化していく方が多いでしょう。「マタニティマッサージに通いたいけど、なかなか行く勇気がない」という方は、お家で簡単にできるリンパマッサージをしてみてはいかがでしょうか。リンパマッサージの仕方をご紹介します。

1.足指の骨と骨の間に指をあてて、足の甲を下から上に向かってゆっくりと優しくマッサージします。
2.外くるぶしの前後を、下から上にそれぞれマッサージします。
3.ふくらはぎも下から上に膝の裏に向かってリンパを流しましょう。
4.膝はお皿の周りを内側から外側に流します。親指を使ってマッサージするとしやすいですよ。
5.最後は太ももの外側と正面を下から上に向かってマッサージして終了です。

背中から腰のつらい痛みに

妊娠すると、赤ちゃんの成長と共にお腹も大きくなっていくので、「背中や腰が痛い」という方も多いのではないでしょうか。背中や腰はなかなか自分では手が届きにくいですが、マッサージやストレッチをして痛みを解消し、楽しい妊娠生活を送りましょう。

背中の痛みは肩甲骨を右肩は左手で、左肩は右手で肩甲骨にそって下から上に向かってゆっくりリンパを流しましょう。肩甲骨のマッサージは、肩こりに悩む方にも効果的ですよ。

また、背骨にそって下から上にゆっくりマッサージをすることで、背中や腰の痛みがやわらぐといわれています。手のひらで優しくさするだけでも十分に効果があるので、寝る前などの時間のあるときにやってみるとよいですよ。

専門のマッサージ店を上手に利用して

「妊娠中にもマッサージ店に通いたいけど、どこのお店に行っていいか分からない」という方もいますよね。妊娠中のマッサージは受け付けていないお店もあるので、マタニティ専門のマッサージ店を探してみると安心して通えるでしょう。

先輩ママの話では、妊娠中に背中や腰痛がひどかったのでネットでマタニティ専門のマッサージ店を探し、行ってみたそうです。マタニティ専門サロンだけあって、妊婦さんの身体に負担がかからないような施術をしてくれて、つわりがある方でも通えるように、香りの優しいマッサージオイルを使ってくれたと話してくれました。

マッサージで身体だけでなく心も癒やされて、妊娠後期も身体のだるさがなく元気にすごせたそうですよ。

まとめ

妊娠中は、お腹が大きくなり体型が変わっていくだけでなく、背中や腰の痛み、妊娠線、むくみなどに頭を抱える方も多いですよね。マタニティマッサージは、妊娠中のさまざまな身体のトラブルを改善しながら、心も癒やしてくれるので「妊娠してからイライラしやすくなった」という方にもおすすめですよ。

マタニティ専門のマッサージ店に通うのもストレス発散になりよいですが、お家でもセルフマッサージができるので、注意点に気をつけながら空いている時間にマッサージをしてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018