就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

instagramでのママ友トラブル!起こりがちな問題と防止方法

instagramでのママ友トラブル!起こりがちな問題と防止方法

多くの人がSNSを利用している現代において「instagram」は写真などを簡単に投稿できるSNSの一つで、ママにも人気がありますね。しかし、instagramを上手に利用しないと、ママ友トラブルになることがあります。instagramで起こりがちな問題とトラブルの防止方法を考えましょう。

instagramで起こるママ友トラブル

リア充をアピールするママ友にモヤモヤ

instagramは幅広い世代に人気がありますが、内容によってはママ友トラブルに発展するかもしれません。instagramで起こるママ友トラブルを見てみましょう。

人によって性格が違うように、ママ友の性格も十人十色です。なかには、instagramの投稿でリア充をアピールするママ友がいるかもしれません。

ショッピングや旅行、ホームパーティーなど、ほかの人が羨ましいと感じるような投稿や、忙しく行動し、充実感があるママ友の投稿にモヤモヤするかもしれませんね。しかし、その投稿は生活の一部分と考えましょう。

そのような投稿をするママ友は自覚がなかったり、人から認められたかったりするようですよ。気にせず気持ちを切り替えましょう。

許可なく写真を載せられてイラッ!

instagramでのママ友トラブルの多くは、相手のママの許可なく子どもの写真を投稿するケースです。もし、自分の子どもが写っている写真をほかのママ友が断りもなくinstagramに投稿していたら、驚くとともにひとこと声をかけてほしかったと思いませんか。

また、すべてのママ友がinstagramを利用しているとは限りませんよね。なかにはSNSをまったく利用しない主義のママ友がいることでしょう。

あるママ友の話では、instagramを利用していないママ友の子どもが写っている写真を、許可なくほかのママ友がinstagramに投稿したそうです。そのことがきっかけで、そのママ友同士が疎遠になったということがあるそうですよ。

苦情を投稿するママ友にビクビク

幼稚園や保育園のママ友とinstagramでつながっているママは多いのではないでしょうか。いまや、instagramはコミュニケーションツールの一つとして、ママ世代にも親しまれていますよね。

instagramに投稿する内容は、簡単な日記代わりだったり、ひとりごと感覚の何気ない日常だったりと、ママによってさまざまですよね。しかし、なかにはinstagramに苦情を投稿するママ友がいるそうです。

子どもが幼稚園や保育園で経験したことについての不満や、ママ友への不満など、投稿を見る側のママにとってはあまり気分がよいものではありませんよね。この投稿を見たことをきっかけに、instagramの利用をやめたママもいるそうですよ。

instagramのトラブルを防ぐために

フォローを断る口実を考えておこう

instagramは自分のライフスタイルや身の回りのことを気軽に投稿できますが、私生活を公開していると考えてよいかもしれません。

長いつき合いの友人であれば、instagramのアカウントを教えてもよいかもしれませんが、新しくできたママ友やつき合いが短いママ友には、信頼関係ができるまでアカウントを伝えないこともinstagramを楽しむための方法の一つではないでしょうか。

ママ友からinstagramのフォローをしたいと言われて気が進まない場合のフォローを断る口実を考えておきましょう。「アカウントはあるけど投稿はしていないんです」「芸能人だけフォローしています」など、相手が傷つかないようにやんわり断るようにしましょう。

自慢だと思われそうな投稿は控えよう

instagramに投稿される写真を見て「ただ自慢している」と思うケースがあるようですよ。これを「間接自慢」とされ、ママ友の間で話題になることがあるのだとか。

例えば、ランチの写真を投稿したママ友の写真に、さりげなく高級ブランドのバッグが写っていたり、ネイルを終えた手の写真に、高級腕時計や指輪が写りこんでいたりすると、間接的に持っているブランドものを自慢しているように思われるそうです。本人は自覚がないかもしれませんが、投稿を見るママは不快に感じることがあるかもしれませんね。

ほかにも、子どもの学歴や成績に関する自慢や、ママ自身のかわいさ自慢など、投稿を見る人に自慢していると思われるような投稿は控える方がよいでしょう。

どう流出するかわからない危機感を持とう

instagramは生活の一部を写真に撮って投稿するので、ママが気がつかないうちに知られたくないことが写っているかもしれません。それがきっかけで、個人情報が流出するかもしれないので、投稿する際には危機感を持ちましょう。

子どもがたくさん写っている写真は、自分の子ども以外の顔をぼかしたり、顔が見えないような角度の写真を選んだりすることが最低限のマナーだそうです。幼稚園や保育園などの名前や場所がわかるような写真は、名前や場所をぼかしたり、投稿を控えたりするとトラブルは起きにくいでしょう。

顔がわからないように加工をしても、子どもの写真そのものの投稿を不快に感じるママがいるかもしれません。写真を投稿する際は十分に配慮しましょう。
37 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版