就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの海デビューに浮き輪を買いたい!年齢別の選び方と注意点

子どもの海デビューに浮き輪を買いたい!年齢別の選び方と注意点

今年はわが子も海デビュー。海で遊ぶなら浮き輪は必須ですよね。でも、小さい子どもにはどんな浮き輪がいいのでしょうか。今回は浮き輪の種類や使用時の注意点、年齢別のおすすめ、小さい子どもを連れて行く場合に海で気をつけることなどを詳しく紹介しますね。

海で使う浮き輪の種類と注意点

子ども向けの浮き輪の種類

一般的なドーナツ型、足を入れるタイプのベビーボート型、大人と一緒に使用できるタンデムタイプ、両腕の付け根につけるアームリング(アームヘルパー)タイプの浮き輪などさまざまな種類があります。

ドーナツ型は身体が抜け落ちてしまうこともあるので、小さい子どもにはあまり向いていないといわれていますが、使うなら手でつかみやすい細めのもので身体のサイズに合ったものを選ぶといいようです。

身体が水の中に落ちる心配がないものであれば、ベビーボート、タンデムタイプ、アームリングです。どの浮き輪も月齢の小さい子どもから使えるもので、カラフルなものからおしゃれなものまで豊富にあります。

また、小さな子ども用のライフジャケットもあります。

浮き輪を過信して子どもから目を離さない

浮き輪は水に浮かぶから安全というわけではなく、正しく使用しないと大変な事故につながってしまいます。

子どもが乗っている浮き輪のロープを、大人が持って遊んでいたとしても、目を離した一瞬で子どもが浮き輪から抜け落ちることもありますし、海では波があるためバランスが崩れやすくなり、子どもが浮き輪ごとひっくり返って溺れる事故などもあります。

海水浴場で混んでいるときなどは、波の音や周りの人の声が大きく、かなり騒がしいので、助けを求める自分の子どもの声に気がつかないことがあります。必ず大人がそばに付いて目を離さないようにすることと、転倒防止や抜け落ち防止のためにも、浮き輪自体を支えながら遊ぶようにすると安心です。

子どもの身体にフィットする浮き輪を選ぶ

子どもの年齢や体の大きさによって浮き輪のサイズもいろいろあります。胸囲を測るとだいたいのサイズはわかるので、ネットで欲しい浮き輪を探すこともできますが、子どもが浮き輪から抜け落ちて溺れる事故を少しでもなくせるよう、なるべく子どもの身体にフィットした浮き輪を選ぶようにしましょう。

ショッピングセンターの浮き輪売り場で実際に試着して、ぴったりなサイズを選ぶことができます。胸囲と浮き輪の胴回りのサイズの差が、5cm以内に収まるものを選んでくださいね。

またサイズは合っていても、空気が適量でないと身体にフィットしません。空気が少なくないか、入れすぎていないか、空気漏れなどの異常がないかをよく確認してくださいね。

年齢別に選べる最適な浮き輪はこれ!

【0歳〜1歳】タンデムタイプの浮き輪

親子で一緒に使うタイプの浮き輪です。赤ちゃんが入るところは足を入れるようになっているので、浮き輪からするりと体が抜けてしまう心配はありませんし、ママやパパが一緒に使っているため、浮き輪がひっくり返る心配もありません。

赤ちゃんとママが向き合うので、コミュニケーションをとりながら水に入ることができます。これなら初めて海に入るという赤ちゃんも目の前にママがいるという安心感でにこにこ過ごせますね。

赤ちゃんが入る側に背もたれがついているものや日よけになるサンシェード(取り外し可能)がついていたり、赤ちゃんの手元におもちゃが付いていたりするものもあるので、日焼けや熱中症の予防をしながら、楽しく遊ぶことができますね。

Amazon | UNOPRO 浮き輪 親子用 うきわ プールボート 足入れ プール・海・川 泳ぎトレーナー タンデムリング 屋根付き ハンドル付き おもちゃ | 浮き輪 | おもちゃ

1,680
UNOPRO 浮き輪 親子用 うきわ プールボート 足入れ プール・海・川 泳ぎトレーナー タンデムリング 屋根付き ハンドル付き おもちゃが浮き輪ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

【1歳〜2歳】ベビーボートで安定感抜群

赤ちゃんが入るところに足を入れる部分がついているもので、身体が浮き輪から抜けてしまう心配がなく人気の高い浮き輪です。おしりを支えながら座っていられるので、赤ちゃんも楽です。

前に持ち手が付いているものやハンドルがついているものなら、しっかり浮き輪を掴んでいることが難しい年齢の子でも掴みやすく、浮き輪に安定して乗っていられます。ハンドルがついているだけで、子どもは自分で操縦している気分になれて楽しめますね。

けん引用のロープがついているものなら、ママやパパが引っ張って泳ぐこともできます。こちらも、日よけのためのサンシェード(取り外し可能)がついているものもあるので、紫外線をカットしながら遊べますね。

【楽天市場】INTEX(インテックス)ベビーフロート 赤ちゃん浮き輪 うきわ赤ちゃん用浮輪 浮き輪 ベビー用浮輪 59574【ネコポス便は送料無料 宅配便780円】:オレンジマミー

980
ビニール製のベビー用フロート。プールやお風呂でも大活躍。INTEX(インテックス)ベビーフロート 赤ちゃん浮き輪 うきわ赤ちゃん用浮輪 浮き輪 ベビー用浮輪 59574【ネコポス便は送料無料 宅配便780円】

【2歳〜3歳】アームリングで楽しく泳ぐ

両腕の付け根にしっかりと装着することで、肩から上が水の中に沈まないようになっています。ドーナツタイプの浮き輪やベビーボートと違って、ひっくり返ったり落ちたりすることがありません。

つけていてもそこまで邪魔にならないので、つけっぱなしでいられます。子どもが波打ち際で遊んでいて、万が一波に足をすくわれて流されてしまっても、水に顔が沈むことがないので安心です。

身体の動きを邪魔しないので自由に動け、泳ぎの練習を始めた子にもいいですね。入れる空気の量を調節してサイズを変えられるので、成長しても使えるようになっています。

腕と身体に装着する浮き輪が一体になっているものもあり、こちらは身体に固定できるのでより外れにくくなっています。

夏の海デビュー!気を付けたい子どものこと

どれくらいから海デビューできる?

一般的には生後7カ月以降で赤ちゃんがお座りできるようになったくらいがいいようです。月齢が小さいとまだ体力もないので、夏の浜辺のあまりの暑さや紫外線の強さにぐったりしてしまうこともあります。

さらに1歳前後はなんでも口に入れて確認する時期です。砂を食べてしまうなんてこともよくあります。0歳からでも波打ち際で海に入って遊ぶことはできますが、溺れないよう、ケガをしないよう、砂を食べてしまわないよう、海水を飲んでしまわないようなどの心配がたくさんあり、ママも大変です。

そんなことから、2~3歳ごろに海デビューをしたという人も多くいます。この頃なら、体温調節機能や運動機能が発達してくるため、暑さや海水にも対応できるようになるそうです。

夏の海での子ども用必須グッズ

赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、日焼け対策はしっかりしましょう。赤ちゃん用の日焼け止めや帽子、ラッシュガード、休憩するときにはテントがあると日陰がつくれます。水分は多めに持ち、アイスノンなど冷やせるもので熱中症対策も大切です。

砂が熱いことや貝殻や落ちているものを踏んでけがをしやすいので、歩ける赤ちゃんには脱げにくいサンダルや、アクアシューズを履かせてあげてください。

体が冷えてきたら砂浜で遊ぶのも楽しいので砂場遊び道具もあると退屈しません。タオルや着替え、オムツは多めに準備しましょう。

急な体調不良やケガをしたときのためにも、健康保険証、乳幼児医療証、消毒液や絆創膏などの救急セットは忘れずに持って行ってくださいね。

親も子どもも夏の海を楽しむコツ

海水浴場は赤ちゃん用の施設があるところはほとんどありません。たとえ持って行く荷物が増えたとしても、準備はしっかりして、紫外線対策や事故防止などをすることで赤ちゃんも、より快適に過ごすことができます。

長時間、暑い浜辺にいることは難しいので、海水浴場の近くに赤ちゃんのための設備があるホテルやレストランがあるなら利用してみてもいいですね。

また、海では泳ぐだけでなく浜辺で砂遊びをしたり、貝殻を集めたりなど、子どもにとっては珍しくて楽しいことがたくさんあります。大人も子どもの目線になって一緒に楽しんでみてください。

みんなが安心して楽しく、事故なく過ごして帰ることができれば、きっと夏の海が楽しい思い出になりますね。

まとめ

初めての赤ちゃんとの海は楽しみもありますが大変なこともあるので、いろいろなことを予想して万全にしていくことが肝心です。

海での過ごしかたや、事前の準備、浮き輪の使い方などをよく気をつけて、赤ちゃんの様子をみながら無理のないように過ごしてくださいね。

波や砂の感触を、身体で感じながら遊ぶので、子どももたくさん刺激を受けることができて、かけがえのない体験になります。親子で素敵な夏の思い出をつくってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018