就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏生まれの女の子にはどんな名前がよい?子どもの名付けのポイント

夏生まれの女の子にはどんな名前がよい?子どもの名付けのポイント

「名前」は、親が子どもに贈る最初のプレゼントといわれます。だからこそ、もっとも素敵な名前を考えたいですね。子どもの名付け方の一つに、生まれた季節をイメージしてつける方法があります。今回は、夏生まれの女の子に向けた名付けのポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

夏をイメージする女の子の名付けポイント!

「夏」の漢字をそのまま使った名前

夏というと、まぶしい太陽や花火、海など、元気で楽しいイメージがありますよね。明るくて元気な、夏の太陽のように輝く笑顔の女の子に育ってほしいという願いを込めるなら、ずばり「夏」をそのまま名前に取り入れてはどうでしょうか?

「夏」という字に、昔からある「子」「美」「代」「乃」をつけた名前は、最近は少なくなっている古風な名前です。また、「なつき」「なつえ」という響きを先に決めて、「夏月」「夏姫」「夏江」「夏恵」など、漢字の組み合わせを見て選んでもよいですね。

漢字三文字の名前は古風な印象がぐっと深まります。「夏々美(ななみ)」「帆乃夏(ほのか)」「沙耶夏(さやか)」など、「夏」を「な」「か」と読む名前もよいかもしれません。

夏を連想する漢字を使った名前

夏のイメージといえば、やはり「太陽」や「海」ですよね。「陽」「日」や「海」はもちろん、海を連想する「波」「帆」「洋」「汐」「凪」や、海の色である「蒼」「青」「藍」を使った名前も素敵です。

また、夏に心地よさを感じさせてくれる「風」「涼」、夕立の「夕」、花火をイメージした「彩」などを取り入れてもよいですね。

「陽子」「涼子」「夕子」「汐里」のように、夏を連想する漢字を一つ使ってもよいですし、「彩夏(あやか)」「涼風(すずか)」「帆波(ほなみ)」のように、夏を連想する漢字を二つ組み合わせてもよいかもしれません。

さらに、「蛍」「若葉」など、夏の季語を使った名前も、古風な印象が強くなっておすすめです。

夏の植物や果物から名前を考える

季節の植物や果物から考えた名前は、季節感がそのまま伝わりやすく、夏らしさを感じることができます。

夏の代表的な花である「朝顔」「向日葵(ひまわり)」「紫陽花(あじさい)」から漢字を取った、「朝子」「朝海(あさみ)」「日向(ひなた)」「葵」「紫(ゆかり)」「陽花(はるか・ようか)」のほか、「桔梗」「百合」「茉莉」など、花の名前をそのまま使ってもよいですね。

果物では、「杏(あんず)」や「李(すもも)」、「椰子」から、「杏子(きょうこ)」「江李子(えりこ)」「伽椰子(かやこ)」といった名前も考えられます。

植物や果物から考えた名前は「茉莉」を「ジャスミン」、「百合」を「リリー」という風に、外国の方にも説明がしやすいところも魅力です。

生まれた月から連想する名付けのポイント!

6月生まれの女の子におすすめの名前

6月は、英語では「June(ジューン)」ですので、「じゅん」と読む「純」「淳」「潤」を使った名前はどうでしょうか。透明感がある「純」、飾り気のない素直さを表す「淳」、うるおいという意味を持つ「潤」は、女の子の名前に最適です。

また、旧暦の「水無月(みなづき)」から「みな」を使った「みなこ」「みなみ」「みなよ」は、「南」「水」「湊」など、夏を連想する漢字を使うことができます。

6月の誕生花である「あやめ」「ゆり」、誕生石の真珠から「真」「珠」を使った「真奈美」「珠代」という名前もよいですね。

さらに、雨の「雫」や、雨が空から落ちて音を立てることから「天音」など、さまざまなイメージを膨らませることができます。

7月生まれの女の子におすすめの名前

7月は、旧暦の呼び方では「文月」ですので、「文」を使って「文子(ふみこ・あやこ)」「文美(あやみ)」「文夏(ふみか・あやか)」という名前はどうでしょうか。

また、7月といえば七夕がありますので、「七」「夕」「織」「琴」を使った「七美」「夕子」「詩織」「香織」「琴美」は、ロマンティックな雰囲気があります。

7月の誕生花の一つである「蓮」は、「清らかな心」という花言葉を持つだけではなく、仏教やヒンドゥー教の人にはなじみが深い花です。「蓮美(はすみ)」「蓮花(れんか)」という名前は、上品な印象です。

このほか、7月の誕生石であるルビーから「るみ」、7月の英語名「July(ジュライ)」から「じゅり」もおすすめです。

8月生まれの女の子におすすめの名前

8月は旧暦で「葉月」ですので、「葉」という字を取り入れた「葉子」「葉月」「青葉」「一葉(かずよ・ひとは・いちよ)」という名前はどうでしょうか。

また、各地で夏祭りが開催されるシーズンですので「祭」や、和楽器のイメージから「和」「奏」、盆踊りから「舞」といった漢字を使った名前もよいですね。

俳句で使われる季語の中でも、8月の季語といわれる「風鈴」「桐の花」「芙蓉」「梶の葉」から「鈴音(すずね)」「桐子(とうこ・きりこ)」「桐江(きりえ)」「芙美(ふみ)」「蓉子(ようこ)」「梶(こずえ)」という名前もよいかもしれません。

さらに、8月の誕生花の中には「カンナ」「エリカ」など、そのまま女の子の名前として使える花もあります。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版