就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママチャリは正しい姿勢で乗ると楽に!高さ調節の仕方と乗り方のコツ

ママチャリは正しい姿勢で乗ると楽に!高さ調節の仕方と乗り方のコツ

買い物や子どもの送迎など、日常生活での利用を目的とした「ママチャリ」。毎日欠かさずに乗っている、という人も多いかもしれません。そんな実用的な移動手段であるママチャリですが、実はちょっとしたことに気をつけるだけで、ぐっと乗りやすく快適になるのをご存知ですか?今回は高さ調節や乗り方のコツをご紹介します。

正しい姿勢になる高さ調節の方法

ペダルが下のとき膝が少し曲がるくらいに

サドルの高さを調節したことがありますか?自転車屋さんで購入したときのままにしている人も多いかもしれませんが、一度見直してみましょう。

荷物や子どもを乗せることの多いママチャリの場合は「ペダルが下のとき膝が少し曲がるくらい」がベストな高さです。

これ以上サドルを高くすると、ペダルが下にきたときに足が完全に伸び切った状態になります。足全体で踏み込めるので楽に感じますが、実は膝への負担が大きく、傷めやすくなってしまうのです。

低すぎる場合は、おもに太ももの前側の筋肉を使って漕ぐことになるのでスピードがでないばかりか、足が太くなる原因にも。足全体の筋肉を使って漕げて、体への負担が少ないのがこの「膝が少し曲がる」高さになります。

子どもを乗せるときの座面は低めが安心

道路交通法では、16歳以上の運転者は、幼児用座席を装着した自転車に6歳未満の幼児を1人に限り同乗させることができると定めています。さらに運転者は幼児1人をおんぶ紐などで背負って運転できます。

幼児2人同乗用の専用自転車の場合は、2人の幼児を乗せられますが、もう1人を背負って乗せることはできません。抱っこはいずれの場合でもNGです。

幼児2人分の体重となると30kg以上になることもあり、荷物も合わせれば大変なかさと重さになります。

この状態で安全に運転するには、重心を低くし万が一のときに両足でしっかり踏ん張れる高さにサドルを調節するほうがよいでしょう。目安は腰かけた状態で、両足の親指の付け根が地面につく高さです。

ハンドルは座面から10cm上の高さに

ハンドルの高さは運転のしやすさに直結します。高すぎても、低すぎても手首に負担がかかり、ハンドル操作がスムーズにできなくなります。

また運転時の姿勢にも影響してくるため、正しい位置にハンドルがないと腰が痛くなったり肩がこったりしやすくなります。好みもありますが、一般的にはサドルから10cm上の高さにハンドルグリップの上の部分がくるのがベストとされています。

ハンドルの調整にはスパナやレンチといった工具が必要になるタイプが多いため、近くの自転車取り扱い店でお願いしてみましょう。

ハンドルは、事故防止のためにきつめに固定されていることがほとんどなので、自分でやるのであればサドルの高さを調整するほうがラクにできますよ。

楽に進むためのママチャリの乗り方のコツ

ペダルは指の付け根でおさえるように踏む

足の裏全体や、土踏まずでペダルを漕いでいませんか?実はもっと楽になる漕ぎ方があります。

意識したいのが足の指の付け根の部分です。ここでペダルをおさえるように踏むと、ぐっと力が伝わりやすくなります。

足元が安定するため、なんとなく足の裏全体や土踏まずでペダルを踏む人が多いのですが、無駄な力が入ってしまい実は非効率的。土踏まずはアーチ状なため、その名前どおり土、つまり地面を踏むことは普通の状態ではありえません。

力を入れることが日常動作ではあまりない土踏まずで、ペダルを踏むのは不自然な状態となり、力の伝わり方もうまくいきません。普段からよく使い、よく鍛えられている指の付け根部分のほうが圧倒的に力が伝わりやすく、楽にペダルを踏めます。

サドルの後ろの方に深めに座る

ママチャリは、レース用の自転車などと比較するとサドルの位置が前側よりになっています。この位置のサドルに浅めに座ってしまうと、体とハンドルの距離が近すぎて姿勢が前傾になり、ペダルが漕ぎにくくなります。

また漕ぐのに使う筋肉が太ももの前側に集中するため、非常に疲れやすい漕ぎ方になります。

なるべくサドルの後ろの方に深く座り、背筋をすっと伸ばして乗ってみましょう。すると自然と体の後ろ側、お尻から太ももの裏側の大きな筋肉を使いやすくなります。

このお尻から太もも裏の筋肉が上手に使えるようになると、ぐっと楽に漕げるようになります。また背筋を伸ばすと目線を遠くにやりやすくなるため、視野も広がり安全運転にもつながります。

一定の強さでペダルを漕ぐようにする

さあいよいよ漕ぎだしましょう。このときに意識したいのは漕ぐ力を一定にすることです。

当然漕ぎ始めや上り坂などではぐっと力をこめて踏みこみますが、それ以外のときはなるべく一定の強さでペダルを漕いでいきましょう。必要以上にスピードを急に上げたり、逆にだらだらと減速したりせず、一定の速さで進むことを心がけてみてください。

力を入れたり、抜いたり、を繰り返すことで筋肉は疲労していくもの。ペダルを上から下に押し込む瞬間だけに力を込めて、あとは脱力してみたり、急加速を繰り返したりする漕ぎ方では疲れ方が違ってきます。

特に長めの距離を移動するときや、子どもをたくさん同乗させているときなどは、ぜひ心がけてみてください。

ママチャリの移動を楽にするポイント

荷物は前かごに置くと安定する

手ぶらでママチャリに乗る、ということはほとんどないかもしれません。たくさんの荷物、どこに置いていますか?

一般的なママチャリは前と後ろにかごがついているものもありますが、幼児同乗タイプのものだと前かごだけのものが多いですよね。

やりがち、でもおすすめできないのは「ハンドルにかける」ことです。荷物の中身が揺れて左右のバランスを崩しやすくなりますし、形状によっては膝とハンドルの間に挟まることもあり危険です。

次によく見るのが「リュックを背負ったまま」で乗っているママ。運転者の体に近いところだから安定していて楽なのでは?とも思いがちですが、荷物の重みで上体が揺れやすくなり運転がしづらくなります。

やはり前かごに置き、重心を安定させるのが一番です。

急な坂道は立ち漕ぎよりも降りて押す

上り坂を座った姿勢で漕ぐのはきついもの。ペダルに両足を乗せたままで腰を浮かせ、上体を前に大きく倒して左右に自転車を揺らしながら立ち漕ぎをすれば上り切れる、かもしれませんが子どもを同乗させているときは要注意です。

立ち漕ぎはとにかく体力を消耗しますし、子どもや荷物を乗せている場合は特にバランスを崩しやすく、危険です。荷物が振り子のように揺れたり、子どもがふざけて重心をわざとずらしたりすることもありえます。

また雨などで路面が濡れているときはタイヤがスリップしやすくなるので危険度も増します。特にマンホールや排水溝などの金属部分、横断歩道などの路面標示は驚くほどすべりやすいもの。

面倒でも一度降りて、両腕でしっかりハンドルを持ってゆっくり押しましょう。

メンテナンスは定期的に行うのが大事

まずはタイヤを定期的にチェックしましょう。毎日乗っているとなかなか気づきにくいものですが、タイヤの空気は日々減っていきます。

タイヤの空気が抜けてきている自転車は、ペダルが重く感じられたり、路面の衝撃を感じやすくなったりしてきます。またバランスを崩しやすくもなり、非常に運転しづらい状態となります。

毎回乗る前にタイヤを触って状態を確認すること、月に1回は空気を入れること、などを習慣にできるとよいですね。

もう一つしておきたいのがチェーンのチェックです。屋外で自転車を保管している場合は特に、チェーンはさび付きやすいもの。定期的に油をさし、さび落としをすることで快適な状態を保つことができます。

まとめ

車よりも小回りがきき、子どもと荷物を同時に運べ、しかも歩くより断然スピードが速いママチャリ。もう手放せない!と感じているママも多いことでしょう。

それでも自転車の乗り方なんて意識したことなかった、というママがほとんどではないでしょうか。ちょっとしたことを気をつけるだけで、ぐっと乗りやすくなるのでぜひ一度試してみてください。

また、ママチャリとはいえ、道路交通法上はれっきとした「軽車両」です。しっかりとルールを守り、快適に、何よりも安全に、楽しんでいきたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR