就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

料理が苦手のママもこれで克服!日々の料理の負担を減らすコツ

料理が苦手のママもこれで克服!日々の料理の負担を減らすコツ

料理が苦手で、食事の準備が苦痛に感じているママも多いのではないでしょうか。今回は料理を苦手に感じる原因から苦手を克服するコツ、知っておくと便利なサービスやグッズなどをご紹介したいと思います。毎日の食事の準備にお悩みの方はぜひ読んでみてください。

料理が苦手な理由を考えよう

献立を立てるのに悩む

料理が苦手なママに多い悩みが「献立の立て方」ではないでしょうか。家族の好き嫌いや栄養バランスも配慮しなくてはいけませんし、予算のことも考えなくてはならない中で、さらにそれが毎日となると本当に大変ですよね。

また献立を考えるだけではなく、食べたいものや作りたいものがレパートリー以外のものだとしたら、レシピから調べなくてはなりません。そのうえでお買物に行き、予算と相談しながら材料を揃える必要があります。

しかし毎日のことだからこそ、ある程度パターン化しておくと楽になるかもしれません。毎日完璧な献立を考えなくても大丈夫なので、スパゲティや丼ものなど楽に調理できそうなレシピも混ぜながら考えるとよいでしょう。

調理に時間がかかって苦手

レシピにもよりますが、料理は思いのほか時間がかかるものですよね。肉や魚の下処理をしたり、野菜を洗って切ってさらにそれを焼いたり炒めたりして、気付けばあっという間に時間が過ぎてしまいます。

毎日長い時間を料理に費やしていると、台所に立つのも苦痛になってしまいます。少しでも調理時間を短縮するために、時短グッズや加工品などをうまく利用するとよいでしょう。

調理の工程で自分が特に苦手で時間がかかる作業に市販品や家電を取り入れると、ぐっと調理時間を短くすることができます。例えば茹でる作業は電子レンジでもできますし、煮る時間は圧力鍋などを使えば大幅に時短が可能です。

のちほど紹介しますが、カット野菜なども時短調理の強い味方です。

後片付けがめんどくさい

やっと調理が終わって、ふと台所を見ると山盛りの洗い物が…。お皿だけではなく、調理器具も洗って片付けないといけないのは面倒なものですよね。油汚れは落ちにくいですし、大きなお鍋やフライパンを洗うのも大変な作業です。

食洗機を使うという方法もありますが、最初から台所に据え付けられている場合でない限り、置き場所も取りますし安い買い物ではないので、よく考えて購入しましょう。

調理をしながら片付けをして、料理ができあがるタイミングで調理器具の洗い物が終わっているのが理想的ですが、なかなか難しいもの。調理の最中は無理でも、料理を盛り付けた直後にフライパンやお鍋を洗う習慣をつけると、片付けの負担を減らすことができます。

料理の苦手を克服するコツ

まとめて献立を立てておこう

毎日献立を考えるのは大変なので、1週間分の献立をまとめて考えると買い物がしやすくなります。7日のうちお肉メインの日を3日、お魚の日を2日、卵メインの日を1日と丼や1品物の日を1日、といった具合に大まかに分けてしまいましょう。

たくさん品数を作らなくても、料理に慣れるまでは一汁一菜で充分です。メインの料理を決めたら、あとは具だくさんのみそ汁やスープを添えれば、栄養バランスもよくなります。

スパゲティにサラダ、丼ものにお吸い物などももちろんOKです。余裕が出てきたら同じ調理方法が毎日続かないように気を付けると、マンネリ感を解消することができます。

よく行くスーパーの「肉の日」などに合わせて献立を立ててみるのもよいでしょう。

カット野菜や調味料をうまく利用しよう

調理時間が長引いてしまう原因として、下準備の大変さがあると思います。野菜を切ったり、魚をさばいたりといった工程はお店に任せてしまいましょう。

野菜コーナーに置かれているカット野菜はただ切ってあるだけでなく、野菜炒め用や筑前煮用など用途にあわせた野菜がミックスされているものもあります。サラダ用を選べば洗わずにそのまま盛り付けるだけで食べることもできます。

また調味料を1種類ずつ計量するのも時間がかかります。そんなときはあらかじめ調味料を合わせてある「〇〇の素」を使いましょう。具材さえ揃えておけば、加えるだけで味が決まります。

料理は一から完璧に作らなくてはいけないものではありません。売っているものを賢く活用しましょう。

調理器具を使いまわして洗い物を減らそう

片付けるものを減らしたいなら、使用する調理器具を厳選して使いまわしましょう。一汁一菜ならばフライパンとお鍋だけで充分ですし、ザルやボウルを多用せずに切った野菜などは使い捨てのポリ袋にまとめておくという方法もあります。

包丁やまな板を洗うのが億劫なときは、ハサミを活用してもよいでしょう。食材にもよりますが、葉物の野菜などは簡単に切ることができます。また、まな板の上に洗って開いた牛乳パックを敷いておけば、逐一洗う必要がなくなります。

付け合わせとメイン料理は同じフライパンで済ませてしまいましょう。野菜を炒めたあとにキッチンペーパーで軽く拭き取ると、そのままメイン食材を焼いたり炒めたりすることが可能です。

便利なサービスやグッズを使って負担を減らそう

宅配サービスで悩まずバランスよく

毎日忙しいママの強い味方が「宅配サービス」です。献立に必要な材料が必要な分だけセットされているので、材料が余ってしまうことがありませんし栄養バランスもよく考えられているので、安心して料理ができます。

また素材の下処理もほぼ済んでいるので、調理時間が短くて済むのも大きなメリットです。宅配なので少し割高感がありますが、スーパーで余計なものを買ってしまったり、使いきれずに腐らせてしまうことを考えればそう高くはありません。

その日の献立に必要な調味料も一緒に入っているので、新しく買い足す必要もありません。短時間で確実に美味しい料理ができあがるのは嬉しいですよね。自分で調理するので、手抜き感がないのも利点です。

時短グッズを使って作業を効率よく

ひとくちに時短グッズといってもその用途はさまざまです。皮むきに便利なピーラーやうす切りに便利なスライサーはどのご家庭でも使用したことがあるのではないでしょうか。

豆腐カッターやリンゴやキャベツの芯を抜くものなど、一つの用途に特化した道具もあります。しかしいろいろな道具を揃えると、そのぶん洗い物も増えますし収納場所にも困ることに。

自分がどの作業を苦手としているのかを見極めて、調理の効率を上げてくれるものを選びましょう。おすすめなのがこするだけで野菜の皮が剥けるスポンジです。面倒な根菜類の皮むきが、水をつけて軽くこするだけ簡単に終わります。

ほかにも野菜をパスタ状にカットできるベジヌードルカッターなども目先が変わって面白いかもしれません。

レシピサイトでレパートリーを増やそう

毎回同じようなおかずになってしまって、料理のレパートリーが増えないというママにおすすめなのが、レシピサイトの活用です。わざわざ本屋さんで料理本を買わなくても、いつでも好きなときに好きな料理のレシピを簡単に見ることができます。

作りたい料理名で検索すると、「初心者さんでも安心」「時短でらくらく」など作りやすいレシピがすぐに出てきます。アレンジ方法も合わせて載せている方もいらっしゃるのでとても便利です。

「投稿型」といわれる一般の方々がサイトに投稿するものや、管理栄養士やフードコーディネーターの方が組んだ献立などを載せているものなどさまざまです。自分の生活スタイルにあったレシピサイトを探してみるとよいでしょう。

まとめ

料理への苦手意識をなくすには、まずは料理を楽しいと思えることが大切です。そのために自分が苦手とする作業や過程を、無理なくこなせるような工夫をしてみましょう。

カット野菜や合わせ調味料を利用することは「手抜き」ではありません。作ったものが美味しければやる気も出ますし、レパートリーを増やす意欲にも繋がります。

宅配サービスや時短グッズも、使い方次第でママの大きな味方になってくれます。毎日のことだからこそ、少しの工夫で料理を好きになることができるのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018