就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにとって秋は寒い季節?正しい温度調整と対策とは

赤ちゃんにとって秋は寒い季節?正しい温度調整と対策とは

秋の寒暖差は大人でも体調を崩しやすいですよね。体温調整が苦手な赤ちゃんにとって理想的な室内温度は何度なのでしょうか。また服装もどのようなものがよいのでしょうか。ほかに寝冷えしない対策など、赤ちゃんが快適に過ごすためにママができることと注意するべきポイントとはどのようなものがあるのかご紹介します。

赤ちゃんとともに秋を快適に過ごすために

赤ちゃんが寒いときの見極め方

徐々に冬に向かって寒くなっていく秋、大人より体温が高い赤ちゃんが寒がっているか判断するのは難しいですね。実際に赤ちゃんが寒がっているときの見極め方法はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、見た目で分かる様子として、顔色や唇が青ざめていたり、手足の血色が悪いなどがあげられます。このような場合は、赤ちゃんが過ごしている部屋が寒くないか確認しましょう。

見た目以外の様子では、「泣く」という行動をとります。「寒い」と話すことができない赤ちゃんは、自分自身が危険な状況であることを泣いて伝えたり、泣くことで自ら熱を生み出し体を守ろうとするのです。

赤ちゃんが泣いているときは、何かが起きている状態なのでしっかり観察するようにしましょう。

秋の赤ちゃんの快適な室内温度とは

1年を通して赤ちゃんが快適に過ごせる室内温度は20~25℃です。例えば関東圏であれば、秋の中頃の平均気温は20℃前後。赤ちゃんにとって比較的過ごしやすい季節といえます。

しかし、秋は寒暖差が激しく、日中は汗ばむほど暑いかと思えば夜は驚くほど寒いというような日も少なくありません。そんな秋を快適に過ごせるように、赤ちゃんが過ごす部屋には温度計を置いておくと、寒暖差が激しくてもすぐに対応できるのでおすすめです。

体温調整が苦手な赤ちゃんは、気温によって体温に影響を受けやすいので常に快適な室内温度を心掛けましょう。また、秋は乾燥しやすい季節なので室内温度だけでなく、湿度にも気を付けると風邪などをひきにくくなりますよ。

こまめな温度調節が快適さのポイント

秋の日中は、赤ちゃんにとって快適な室内温度のときが多いので、基本的には冷暖房を使用せず過ごすことができるでしょう。晴れた日は、窓を開けて新鮮な空気を取り込むとママも赤ちゃんもリフレッシュできますよ。

天候などで少し温度が高かったり低かったりというときは、服を厚手のものや薄手のものなどにして調整しましょう。

夜は、気温もぐっと下がり15℃近くになることが多いのですが、秋は快晴の日も多く、日中の日差しで家全体が温められています。そこで、夕方頃から窓を閉めれば、寝ている間は掛け布団や毛布のみで暖房等を使用しなくても問題ないでしょう。

天候が悪く寒いときは、着るものを少し厚手の服装にしてあげると布団を蹴飛ばしてしまっても安心ですね。

赤ちゃんの服で秋の体温管理をしてあげよう

赤ちゃんの秋服の選び方

秋は天候が変わりやすく、温度の変化も激しいので赤ちゃんに着せる服は毎朝悩みますね。特にか弱いイメージがある赤ちゃんにはついつい厚着をさせてしまうこともしばしば。

しかし、赤ちゃんはもともと体温が高めなので厚着させると逆に汗ばむこともあるので要注意。大人よりマイナス1枚を心掛けましょう。

赤ちゃんの秋服の基本コーディネートは、日中室内にいるときは肌着とウェア、朝方や夕方など肌寒いと感じるときは1枚上着などを羽織らせるというのがよいでしょう。

基本的には長袖がおすすめですが、秋の始めなど暑い日が続くときは、様子をみて半袖を着せましょう。逆に寒くなってくる秋の終わりなどは、服の素材や厚さなどで調整すると赤ちゃんも快適に過ごせますよ。

赤ちゃんのパジャマの選び方

常に赤ちゃんの様子を把握できない夜中は、寝ていても寒くないか暑くないかと心配してしまって、パジャマ選びは服選びよりも悩みますよね。

秋は夜中から朝方に冷え込むことが多く、さらに赤ちゃんは夜中に布団を蹴飛ばす可能性も高いので、朝方のことを考えて少し厚着させるとよいでしょう。

寝ているときの室内温度が10℃前後の寒い日は、冬素材の肌着とパジャマがおすすめです。15℃前後のわりと暖かい日は、春素材の長袖の肌着とパジャマでも十分でしょう。それ以上の暖かい日は、長袖を半袖にしたり、素材を夏素材の薄手のものにするなどで調整しましょう。

また、頻繁に布団を蹴飛ばしてしまうような場合は、体から離れないスリーパーもおすすめです。

赤ちゃんの秋服で注意したいこと

秋のように肌寒くなると、足元が寒く感じてどうしても履かせたくなるのが「靴下」。特におじいちゃん・おばあちゃん世代は、靴下を履かせたがるのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃんは足裏から、体にこもった不要な熱を放出し体温を調整しています。大切な役目があるので、室内にいるときは裸足でいることが理想的ですよ。

基本的に赤ちゃんは体温が高いので、大人が少し肌寒いと感じる日でも快適な場合が多く、室内での靴下はあまり必要ありません。

また、寒さの問題とは別に、裸足で過ごすと歩き出すときのバランス感覚を身につける練習にもなるので、少し寒そうだなと感じても靴下は履かせずレッグウォーマーなどで対応するのがおすすめです。

赤ちゃんに秋にあった布団を選んであげよう

赤ちゃんの秋の布団を選ぶ際のポイント

体温が高く暑がりな赤ちゃんは、服と同じように布団も大人より1枚少ないくらいがちょうどいいので、秋は薄手の掛布団と毛布を準備すれば十分です。

暑いときは、布団か毛布をかけ、寒いときは、両方かけるなど臨機応変に対応するとよいでしょう。しかし、重い布団や毛布は、寝返りしにくかったり、動きにくかったりと赤ちゃんを不快にさせるのでNGです。

また、タオルケットやバスタオルが1枚あると、布団や毛布をかけるほど寒くないときや布団や毛布では心もとないときなどに使い勝手がよいのでおすすめです。

敷布団の上にもタオルケットやバスタオルなどを1枚しいておくと、汗をかいたときなどもすぐに洗えるので赤ちゃんの周りを清潔に保ててよいですよ。

赤ちゃんの足が布団から出てしまう場合

新生児の頃はじっと同じ場所で寝ていても、大きくなるにつれて寝返りをしたり、手足をばたつかせて位置を変えたり、起きているときと同じように動く赤ちゃんは多いですよね。特に足元は、体内にこもった熱を放出しようと布団から出していることも多いように感じます。

足裏は体温調整のために布団から出るのも仕方ないですが、足首などが出ていると見ていても寒い感じがして心配ですよね。そんなときは、レッグウォーマーを履かせると赤ちゃんの体も温められますし、見た目も暖かそうでママも安心です。

レッグウォーマーは、秋や冬だけでなくオールシーズン活躍してくれるので子育てにはおすすめのアイテムです。それほど高くないのもママにとって経済的でよいですよね。

赤ちゃんが寝るときに注意したほうがいいこと

秋に赤ちゃんが寝るときに注意したいことは、寝冷えです。秋の夜は寝るときは丁度いい温度でも朝方にかけてぐっと温度が下がってくるので、朝起きると赤ちゃんの体が冷えていたという経験があるママもいると思います。

しかし、寝冷えしないように布団をかけて寝ても、眠たいときの赤ちゃんの体はポカポカなので、気づいたら掛け布団や毛布を蹴飛ばしている場合も多いでしょう。

そんなときは、朝方の冷え対策で少し厚着をさせて寝かせるのもおすすめですし、ベストタイプのスリーパーを着せてあげると、万が一掛け布団を蹴飛ばしてしまっても体から離れないので安心ですよ。

温め過ぎると汗をかいて逆に寝冷えすることもあるので、赤ちゃんの様子を見ながら対策を取りましょう。

まとめ

秋は寒暖差が激しいので赤ちゃんは寒いのではないか、暑いのではないかと心配になることも多いですが、赤ちゃんの体温調整や快適な室内温度、注意すべきことをきちんと認識すれば、不安になることも少なくなりますよ。

秋は天気がいい日も多く、ママも赤ちゃんも過ごしやすい季節です。赤ちゃんの調子がよければ、お散歩に外出したり、家族で少し遠出ということもできますね。

紅葉を見たり、秋に触れることも赤ちゃんにとってよい刺激になります。季節のポイントをしっかり押さえて素敵な秋を赤ちゃんと満喫してください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018