就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産休に入ったらウォーキングを始めよう!妊娠後期の運動は安産への近道

産休に入ったらウォーキングを始めよう!妊娠後期の運動は安産への近道

今まで大きなお腹で忙しく働いてきたママにとって「産休」は待ちに待ったお休みですよね。しかしいざ産休に入ってもすることがなく、1日がダラダラ過ぎてしまうことも。そこで生活にメリハリを出すためにも、ウォーキングを始めてみませんか?産休中のウォーキングは、妊娠後期の健康維持と安産の近道になりますよ。

産休中は運動不足と体重増加に気をつけよう

産休に入る34週前後から体重が増えやすい

産休に入る妊娠後期は出産に備える大切な時期です。しかしこのころは体重が増えやすく、頭を悩ますママが多くいます。そのため体重管理に気をつけましょう。

妊娠後期に体重が増加する理由は色々あります。たとえば、妊娠初期のつわりの反動でつい食べ過ぎてしまったり、大きなお腹での食事の支度が大変で外食が多くなったりするからかもしれません。また、産休に入り気持ちが緩んで食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

妊娠後期の体重増加は「妊娠高血圧症候群」「骨盤の歪み」「脂肪による子宮の圧迫」など、ママと赤ちゃんに対して様々な悪影響を及ぼすものです。そのため産休に入るころは体重が増えやすいと考えて、体重管理に注意したいですね。

家にいる時間が長いので運動不足に

普段仕事をしているママにとって、産休はゆっくりできるよい機会ですよね。せっかくだからといって、ダラダラ寝て過したりテレビばかり見てしまったりするかもしれません。また、お腹も大きくなり動くのが億劫になってきます。大きなお腹で出歩くのが不安というママもいることでしょう。

そのため、家にいる時間が長くなり「運動不足」になってしまうことがあるのです。なかには、里帰りをしたら家事全般すべてお任せで、極端に動くことが少なくなったというママもいるかもしれませんね。

運動不足になると体重が増加しやすくなり、冷えやむくみなどの妊娠後期のマイナートラブルを引き起こす可能性も高まります。そのため、産休中の運動不足には気をつけましょう。

口寂しくなると食べてしまう

妊娠中は、ストレスや出産への不安などから「口寂しい」と感じやすくなる時期といわれています。

産休に入ると、まとまった時間ができるので暇に感じてしまうママもいます。さらに妊娠中はホルモンバランスの関係で甘いものが無性に食べたくなるママもいて、お腹が空いているわけでもないのについ口寂しくなって、食べものに手が伸びてしまうことがあるのです。

また、妊娠後期になるとお腹が大きくなることで胃が圧迫されるため、一度の食事でたくさんの量が食べられなくなります。そのため小腹が減りやすく、間食が増えて気づかぬうちにカロリーオーバーになることもあるでしょう。つい食べてしまうのを防ぐため、目につくところにお菓子を置かないなど工夫が必要ですね。

産休に入ったらたくさん歩いてみよう

適度なウォーキングは安産になりやすい

産休中の体重増加や運動不足を解消するためにも、産休に入ったらたくさん歩いてみましょう。適度なウォーキングは安産にも役立ちますよ。

安産のためには「体力」「股関節の柔らかさ」「子宮口の開きやすさ」がポイントになります。出産は思っている以上に体力を必要とするものです。ウォーキングならお産に必要な「体力」をつけることができますし、足を前後に大きく動かすので股関節のストレッチにもなりますよ。また股関節が柔らかくなり骨盤に柔軟性が出ることで、子宮口の開きにもよい影響をもたらしてくれるでしょう。

ほかにも、ウォーキングの呼吸法は出産時にも役立ちますし、いきむために必要な太もも・骨盤周り・お尻などの筋肉もウォーキングなら鍛えることができます。

軽い有酸素運動は赤ちゃんにも気持ちよい

ウォーキングは有酸素運動になります。酸素をたくさん取り入れて体全体に循環させエネルギーに変える運動のため、お腹の赤ちゃんにも新鮮な酸素や栄養を行きわたらせることができますよ。

また妊娠中は気分の浮き沈みが起こりやすい時期です。仕事好きのママなら、産休に入ったことで仕事ができないストレスを感じるかもしれません。ママがストレスを感じることはお腹の赤ちゃんにもよくないものです。そのため、ウォーキングをしてストレス解消もしてみましょう。

有酸素運動をすると、脳にも酸素が行きわたり頭がシャキッとします。また歩くという繰り返しの運動は、自律神経のバランスを整えてくれるのです。歩くことは、ママと赤ちゃんにとって気持ちのよい運動といえますね。

急激な体重増加を妨ぐ役目も

有酸素運動は、体の脂肪をエネルギーとして燃焼させて行う運動です。また持続的に歩いた後は、しばらく体が温かいですよね。カロリーは体温を上げるだけでも消費しやすくなります。そのため、ウォーキングは妊娠後期に起こりがちな急激な体重増加を防ぐよい運動といえるでしょう。

また生活に運動を取り入れると、自己管理に関心が高まる傾向にあります。そのため食欲や体重管理にも前向きに取り組めるようになり、食べ過ぎを予防しやすくなるのです。

運動することは妊娠後期に起こりがちなマイナートラブルを予防したり、ママの気分転換に役立ったりよい影響がたくさんあるものです。ぜひ産休中の生活に、ウォーキングを取り入れてみてくださいね。

妊娠後期のウォーキングで気をつけること

お腹が張るときは控えよう

ウォーキングは体によいといっても、妊娠後期のママにとって無理は禁物です。ここからは、妊娠後期のウォーキングで気をつけることをいくつか紹介します。

まず、普段からお腹が張りやすかったりウォーキングをするとお腹が張ったりするときは、運動を控えましょう。お腹の張りだけでなく「お腹が硬くなる」「重く感じる」「違和感がある」という場合は、子宮が収縮している可能性があります。このようときは、まず安静にすることが第一ですよ。

妊娠後期のお腹の張りはよく見られるものです。そのため張り以外に症状がなくしばらく安静にして治まるようなら、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。しかし張り以外にも出血や鋭い痛みがあるときは、病院を受診しましょうね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事