就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものストロー飲み練習!効率的な教え方でストレスなく移行しよう

子どものストロー飲み練習!効率的な教え方でストレスなく移行しよう

離乳食がはじまったら、徐々にストローやコップにも挑戦したいですね。ですが、赤ちゃんにいきなりストローやコップを与えても上手に飲むことはできません。まだ言葉の分からない赤ちゃんに、ストローを「吸う」ことを伝えるのも難しいですね。子どもにストローを教えるための効率的な方法をご紹介します。

ストロー飲みへの移行スケジュール

哺乳瓶からスパウトへは6カ月頃から

赤ちゃん用品の哺乳瓶コーナーを見ると、同じ棚に並んでいるマグカップのような「スパウト」をみつけることができます。母乳や哺乳瓶からスムーズにストローが使えるようになる赤ちゃんもいますが、まだ難しいと感じるときはまずスパウトを使って練習してみましょう。

スパウトは蓋に少し飛び出た飲み口がついていて、吸わなくてもコップを傾けることで中の飲み物が飲めるようになっています。離乳食がはじまった生後6カ月ごろから、母乳やミルク以外の水分補給をするために使いはじめるママが多いようです。

スパウトのなかには、ストローつきの蓋に取り換えられるセットもありますので、月齢が上がれば同じカップでストローに挑戦することもできますよ。

哺乳瓶からいきなりストローになる子もいる

哺乳瓶からのステップアップとしてスパウトを使うのは効果的ですが、赤ちゃんによってはスパウトをスキップしていきなりストローが使えるようになる子もいるようです。ストローで飲むためには口をすぼめてものを挟めるようにならなければいけませんが、離乳食をはじめたころから生後8カ月ごろにはできるようになってきます。

スパウトを使えるようになると、カップを傾けて飲むことを学びますが、ストローでは傾けると逆に飲めなくなってしまいます。赤ちゃんは哺乳瓶や乳首など「吸う」ことはできるのですが、初めて見るストローを「吸う」ものだと認識させるのが難しいですね。

「偶然吸ってみたら口に飲み物が入った」ことが、ストロー飲み成功の秘訣なのかもしれません。

1歳頃にはコップ飲みができるようになる

ストロー飲みをマスターしたら、コップ飲みができるようになるまであと少しです。1歳ごろになったら徐々にコップ飲みの練習を開始してみましょう。

幼児用のコップには持ち手が二つついているものが多いので、ママが片方持つようにして赤ちゃんの口元に近づけるなど補助をすれば少しずつコップから飲むことを学んでいけます。最初は口にいれすぎてびっくりすることもありますが、そのうち自分でコップを傾けながら適量を口にいれることができるようになってきます。

コップ飲みができるようになると、手の届く範囲にあるものからなんでも飲むようになってしまいます。熱いものやお酒類、飲料ではない液体などは赤ちゃんの手の届かないところに保管するようにしましょう。

おしゃれヘルメット「nicco(ニコ)」で自転車デビューはいかが?

PR

子どもの通園通学やお出かけで利用する自転車。ママの後ろに乗る小さな頃からヘルメットが必要になります。子どもの安全を守り長く使う物だからこそ、ヘルメット選びにもこだわりたいですよね。今回は豊富なカラーとおしゃれなデザインが魅力の日本製ヘルメット「nicco(ニコ)」をご紹介。自転車コーデが楽しくなりますよ!

赤ちゃんがすぐに飲めるストロー飲みの練習方法

まずはストローをくわえさせてみる

赤ちゃんにストローに慣れてもらうために、まずはストローがなんであるかを分かってもらいましょう。赤ちゃんにとって吸うことは難しいことではありませんが、吸えばすぐに飲める哺乳瓶や母乳と違い、コップからストローは飲み物が口に入るまで吸い続けなければいけません。

赤ちゃんは吸い続ければ飲み物が飲めるとはまだ知りませんので、口に飲み物が到達する前に吸うことをやめてしまうことがあります。しっかり吸い続けてもらうために、ストローの吸う方にミルクや果汁などをつけるのが効果的です。

なかにはストローを噛みはじめてしまう子もいますが、そんなときはママがストローを吸って使い方を見せるようにすると理解が進むかもしれませんね。

紙パックの飲料で練習する

ストロー飲みを効率的に練習するために、紙パックの飲料を使う方法があります。コップにストローを挿しただけだと不安定なので、飲み物をこぼしたりストローを落としたりしますが、紙パックならばそんな心配は少なくなります。

紙パックのストローを赤ちゃんの口元に添えて、ママが紙パックを優しく押して中の飲み物が少し口に入るようにしてみましょう。赤ちゃんは飲み物が口に入れば続けて吸うようになります。

強く押しすぎると赤ちゃんがむせるので注意してくださいね。赤ちゃん用の紙パック飲料にはいろいろな種類がありますが、甘くない麦茶がおすすめです。

紙パックはすぐに飲み物が口に到達するので、最初の一回でストロー飲みをマスターするのも夢ではありませんよ。

ストローをスポイトのようにして使う

赤ちゃんには、まだストローが飲み物を飲むものだということが分かりません。そのことをまず理解してもらうために、ストローをスポイトのように使って飲む練習をしてみましょう。

ママがストローを飲み物の中に3cmほど挿してから指でストローの穴をふさぎます。穴がふさがると空気が抜けないので、飲み物はストローの中にとどまります。

そのまま赤ちゃんにストローをくわえてもらったらママの指を離します。このとき、赤ちゃんにはちょっと上を向いてもらい、ストローの上下が変わらないようにしないとうまく口の中にいれることができません。

ストローの中に飲み物をたくさん入れていると、赤ちゃんがむせる原因になりますので少なめにしてくださいね。

ストロー飲みが上手にできると評判のマグ

ピジョンの「ぷちストローボトル」

ピジョンの「ぷちストローボトル」はネーミングそのままに、コンパクトさが特徴のストローマグです。なんといっても、左右についた持ち手が折りたためるのが目からうろこ。

意外とかさばるストローマグがスリムになるので、ママバックのなかでも邪魔になりにくく、お出かけにぴったりとママからの評判が高いようです。容量は150mlと少し少なめですが、初めてストローマグを使う赤ちゃんには、このくらいが飲み物を入れても重くなりすぎず、持ちやすくてぴったりのサイズです。

ほかのストローマグに比べて値段も手ごろなのに、スタイリッシュなデザインであることも嬉しいですね。赤ちゃんにもママにも使いやすく、コストパフォーマンスを重視するなら、この「ぷちストローボトル」がおすすめです。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC