就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦でもストレスは溜まる!子育てママのストレス解消方法を紹介

専業主婦でもストレスは溜まる!子育てママのストレス解消方法を紹介

パパや兼業主婦から見ると、「専業主婦は楽」といったイメージを持たれることがありますが、実際はストレスが溜まって仕方ないという専業主婦のママもいますよね。そこで今回は、専業主婦が感じるストレスや育児中でもできる専業主婦のストレス解消法、ストレスが溜まる前に誰かに頼る方法などについてお話しします。

専業主婦が感じるストレスとは?

家事も育児もやって当たり前と思われている

専業主婦が感じるストレスの一つとして、パパや周りから「家事も育児もやって当たり前」と思われていることが挙げられるかもしれません。

小さな子どもを抱えていると、ママ自身どんなに体調が悪くても、休みなしに子どもの世話をしなければなりません。さらに家事も待ったなしなので、毎日料理と洗濯、掃除に追われ、ゆっくりイスに座って休む暇もないということも珍しくないですよね。

仕事であれば、体調が悪い日は休むことができますし、ランチ休憩もあります。しかし家事と育児をきちんとこなそうとすると、まともに休む時間がないこともしばしばです。

少しでもパパに愚痴れば「主婦なんだから当たり前」と言われてしまい、落ち込むというママも珍しくないことでしょう。

家事には評価がつかないため達成感がない

仕事であれば、ノルマを達成すると上司から褒められたり、プロジェクトを成功させると昇給があったりなど客観的な評価がつくことも多く、達成感を感じることができます。その達成感が励みとなり、「もっと仕事を頑張ろう」という原動力になります。

しかし家事はどんなに頑張っても誰も評価をつけてくれず、頑張っても頑張り甲斐を感じられないことがほとんどです。どんなに丁寧に家事をこなしても、報酬はありませんし、ここまでやったら終了という終わりも見えません。

家事をしないと家の中が回らないけれど、頑張っても誰も評価してくれないとなると、何となくむなしくなってしまいますよね。まるで自分が無料の家政婦になったような、そんなストレスを感じることもあるはずです。

自由にお金を使うことへの罪悪感がある

結婚もしくは出産前は仕事をしていたというママも多いことでしょう。専業主婦になると決心したときは、「これで仕事のストレスから解放される」と感じたかもしれません。

しかしいざパパの収入だけになると、毎日家計を切り詰めて節約をし、貯金をするのに精一杯となるので、自由にお金を使うことに罪悪感を覚えることもあるはずです。ママ自身が働いて得たお金ではないので、無駄遣いできずにお金の使い方に対して厳しくなることでしょう。

ほしいものが買えない、スーパーでは少しでも安いものばかり探すので疲れるといったことから、惨めな気持ちになることもあるかもしれません。少しでも自分が自由にできるお金がほしいと願う専業主婦のママは少なくないようですよ。

育児中でもできる専業主婦のストレス解消法

おいしいものを食べて気分転換をする

時間さらに金銭的にも制約を感じる専業主婦のママがストレスを感じている場合、そのストレス解消法にはどんなものがあるのでしょうか。

一番気軽に実践でき、ちょっとした幸福感を味わえるのは、やはり「おいしいものを食べて気分転換をする」ということかもしれません。

たまにはお昼にデパ地下で買ったお弁当やお惣菜を味わうのもよいですし、子どもと立ち寄ったコンビニで話題のコンビニスイーツを購入するのもよいですね。もしくは、たまにはお肉のランクをアップして、おいしいステーキやすき焼きなどを自宅で楽しむのもありですよ。

お金のことが気になるかもしれませんが、たまにはちょっとした食の贅沢も、休みなしに頑張っているママには必要ですよ。

子どものお昼寝中に好きなことをする

子育てをしていると、なかなかママが自由にできる時間も少ないですよね。夜子どもを寝かしつけた後に好きなことをしようと思っても、ママ自身も疲れて果てて寝てしまうということも珍しくありません。

子どもがお昼寝をしている間に、好きなことをするのもよいでしょう。子どもが目を覚まさなように、イヤホンをして好きな音楽を聴いてモチベーションを上げたり、お気に入りのドラマを観て現実逃避してみたりするのもよいですね。

ハーブティーを飲みながら、ゆっくりと本を読むのも、忙しいママにとっては贅沢な時間です。もしくはスマホやタブレットでゲームに集中するのもよいですね。

手作業が好きなママなら、編み物もおすすめです。短時間でできる、ママの好きなことを探してみましょう。

軽い運動で体も心もリフレッシュ

妊娠、そして出産を経てママの体型は少なからず変化します。「お腹周りの脂肪を落としたいけれど、子どもがいるからジムにも行けない」と嘆いているママもいるかもしれません。

鏡に映る自分の体型が気になって、ストレスを感じているというママもいますよね。子どもと一緒に軽い運動をして、体も心もリフレッシュしてみましょう。

子どもがまだベビーカーに乗っているのであれば、ベビーカーを押しながらいつもより少し長めの距離を早歩きで散歩してみるのも一案です。

子どもが昼寝をしている間に、エクササイズ用のDVDや動画を観ながら、体操するのもよいでしょう。ヨガやピラティス、ラジオ体操などが人気ですよ。

ママの体に無理のない範囲で、適度に体を動かして気分転換したいですね。

ストレスが爆発する前に誰かに頼ろう!

育児のストレスはママ友と共有

「人間関係がこじれたら面倒だから」と、あえてママ友を作らないという選択をしているママもいることでしょう。しかし、ママ友はママ自身と同じ立場で、家事や育児の悩みを共有することができるので、いるとありがたみを感じることも多いですよ。

公園でお互いの子どもを遊ばせながら、家事や育児について色々と話して日頃のストレスを発散させるのもよいですし、どちらかの家にお邪魔して、周囲の人に迷惑をかけずに話に花を咲かせるのもよいですね。

誰かに話を聞いてもらうだけでも、ママのストレスを発散させることができますよ。ママ友がいない場合は、子育てフォーラムなどに投稿して、ほかのママとコメントを交換するのもよいでしょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事