就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つわりのピークは何週目?乗り超え方や知っておきたいこと

つわりのピークは何週目?乗り超え方や知っておきたいこと

つわりがつらい。こんな症状がいつまで続くの?これからもっとしんどくなるの?つわり中のママの多くが感じる不安ではないでしょうか。今回は長いトンネルの中にいるような気持ちのママに、一筋の光が差し込む役立つ情報や、つわりと戦うママに知っておいてほしい病気についてお伝えします。

つわりの症状や期間とピークの平均

妊娠ごとに違うつわりの症状

つわりには「吐きつわり」「食べつわり」「匂いつわり」「よだれつわり」「眠りつわり」など様々な症状があり、その程度やつらさは個人差が大きいものです。また吐きつわりと匂いつわり、食べつわりとよだれつわりなど、複数の症状を訴えるママも少なくありません。

さらに同じママでも第1子と第2子でつわりの症状がまったく違うということも珍しくなく、どんな症状に悩まされるのかは、そのときになってみなければ誰にもわかりません。

中にはつわりの症状をまったく感じることなく妊娠期間を終えるママもいますが、残念ながら少数派です。しかしどんなママにもいえることは、つわりには必ず終わりがあるということ。可愛い赤ちゃんに出会える日を心待ちに、乗り切りましょう。

ピークの平均は8週から11週

つわりの原因ははっきりしませんが、妊娠により変化する様々なホルモンが影響しているのではないかと考えられています。

中でも妊娠検査薬の判定にも使われるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンが関係しているのは間違いないとまでいわれており、その理由として、このホルモンの分泌量とつわりの症状の現れ方の関連性が挙げられます。

これによるとhCGホルモンの分泌量は妊娠8~11週ごろにピークを迎え、つわりのピークも同時期であることが多いということです。

このhCGホルモンが脳にある嘔吐中枢を刺激したり、胃腸の動きを悪くするプロゲステロンというホルモンの産生を高めたりもするため、つわりの症状が現れるのではないかと推察されています。

16週前後には落ち着くママが多い

ではつわりの症状はいつになったら落ち着くのでしょうか?妊娠16週頃になると、胎盤が完成し、先ほどお伝えしたhCGホルモンの分泌量も緩やかになります。妊娠を機に身体に変化を与えるために分泌されていた様々なホルモンの分泌量も低下します。

このことから一般的に、妊娠16週目を過ぎた安定期に入ると、つわりの症状も落ち着くことが多いようです。

しかしこの落ち着き方も個人差が大きく、16週目を過ぎたあたりで劇的に症状がなくなるママもいれば、いくぶんかましになっても、出産までずっとスッキリしない状態が続くママもいます。また妊娠後期になってから「後期つわり」に苦しめられることもありますので、症状がなくなったからといって油断は禁物です。

つわりのピークを乗り切るために

栄養を気にせず食べられるものを食べよう

つわりの期間中は嗅覚が鋭くなったり、味覚に変化が現れたりするため、食の好みが変わることも珍しくありません。「今まで大好きだったものが食べられなくなった」「元々あまり好きではなかったジャンクフードを好んで食べた」という経験をしたママも多いようです。

特に吐きつわりの症状があると「これしか食べられない」と食事が偏りがちになり、栄養が足りていないのではないか、と赤ちゃんへの影響を心配するママの声も多く聞かれます。

不安があるママに知っておいてほしいのは、この頃の赤ちゃんはまだとても小さいため、たくさんの栄養を必要としないこと。葉酸などのビタミン類は意識して摂りたいですが、そのほかはママの体力をつけるために、栄養を気にせず食べられるものを食べてくださいね。

できるだけ水分を摂ろう

先ほど食事の偏りについて心配しすぎなくても大丈夫とお伝えしましたが、食事以上に注意してほしいのが、水分不足です。妊娠中は新陳代謝が活発になり、普段よりも汗をかきやすくなります。また吐きつわりやよだれつわりのママは、より水分が失われやすい状態です。

水分が不足し脱水状態になると、赤ちゃんに栄養が届きにくくなったり、羊水が不足してしまったりと、体内が赤ちゃんの成長に好ましくない環境になる危険性があります。

また妊娠中は子宮が腸を圧迫するため便秘になりやすいのですが、水分不足はこれを助長し、痔にもなりやすくなります。

スポーツ飲料や経口補水液なども上手に活用しながら、普段からこまめに水分を摂るように心がけてくださいね。

ストレスはつわりの大敵!のんびり過ごそう

大切な赤ちゃんの命をお腹で預かるママは、気を張ってしまうことも多いもの。「今の私の行動は大丈夫だったかな」とささいなことでも気になって不安を感じることも増えるでしょう。

また赤ちゃんのことを考えるのは幸せな一方「無事に産まれてきてくれるかな」「健康面は大丈夫だろうか」と心配も尽きません。

つわりの時期は特に、自分の体が思うようにならないことや、食事ができないことにイライラを感じることも多いですね。

このような精神的なストレスはつわりを悪化させる要因であるといわれています。友だちと話をしたり、体調のよい日は散歩に出かけたりなど、気分転換を心がけて、ストレスを溜めない工夫をしましょう。つわりの時期は、心身ともにのんびり過ごしてくださいね。

いつまでも続くつわりは「妊娠悪阻」かも

妊娠悪阻とつわりの違い

妊娠中のつらい症状をまとめてつわりと呼んでいますが、吐き気が強く嘔吐を繰り返すひどいつわりには「妊娠悪阻(にんしんおそ)」という病名がつきます。

つわりと妊娠悪阻の大きな違いは、医師がそのつわりに対して、点滴や入院などでの治療が必要と判断するか否かです。

また先ほどお伝えしたように通常つわりは安定期に入ると症状が落ち着くものですが、妊娠悪阻はこの頃に吐き気のピークを迎えたり、出産まで症状が落ち着かなかったりと症状の現われ方にも違いがみられます。

稀に「つわりは病気じゃない」という人がいます。確かに「つわり」という病名はありません。しかし「妊娠悪阻」は立派な病気です。早めの治療が必要ですので「きっとつわりだろう」と自己判断するのは危険です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC