就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

9カ月の食べムラをなくそう!赤ちゃんの変化と食べないときの対応

9カ月の食べムラをなくそう!赤ちゃんの変化と食べないときの対応

離乳食に慣れた生後9カ月ごろは、赤ちゃんがごはんを食べないこともあるでしょう。「せっかく手作りしたのに、どうして食べてくれないの?」「なにがダメなの?」と悩んでしまいますよね。この記事では、生後9カ月ごろの赤ちゃんの変化や食べムラがおこる理由、離乳食を嫌がるときの対応についてお話しします。

生後9カ月の離乳食【カミカミ期】の変化

離乳食の量が増えて1日3回食になる

生後9カ月ごろは歯ぐきでつぶせるくらいの硬さにした離乳食を、1日3回食べるようになってきます。アレルギーがなければ、新しい食材にチャレンジしていきたい時期です。

さらに、このころは妊娠中にママからもらっていた鉄分が、なくなってくる時期だともいわれています。そのため離乳食には、鉄分がとれる食材を使うようにしましょう。

小松菜やほうれん草は鉄分を多く含んでいます。茹でたものを小分けにして冷凍しておくと、すぐに使えるので便利ですよ。

赤ちゃんの様子をみながら、離乳食の量や回数を増やし、ミルクや授乳の回数を減らしていきましょう。ただし個人差があるので赤ちゃんが食べないときは、無理に離乳食をすすめるのは控えましょう。

赤ちゃんの成長に重要な手づかみ食べ

生後9カ月ごろの赤ちゃんには、自分で食べる楽しみも知ってもらいたい時期です。今まではママに食べさせてもらうばかりでも、9カ月くらいになると自分で食べ始めるでしょう。

赤ちゃんが自分で食べようとしているときは、手づかみで食べられるものを用意するとよいですよ。バナナやチーズは買ってきたまま食べることができるので忙しいときに便利です。

野菜をハンバーグやおやきに混ぜると栄養のある離乳食になります。先ほど紹介した冷凍したほうれん草や小松菜を混ぜると簡単に作ることができますよ。

赤ちゃんは初めてみるものは手で触って確かめようとします。しかしうまく触れないのでこぼしてしまうこともあります。失敗してもあたたかく見守るようにしてくださいね。

食べ物に興味が出て遊び食べが増えてくる

食べ物に興味が出て、触っているうちに遊に食べ物をぐちゃぐちゃにしてしまう子もいますよ。わざと食べ物を床に落とする赤ちゃんもいます。

汚れると食事のたびに顔を洗ったり服を着替えたりしなければいけないので、ママはストレスがたまるかもしれませんね。遊びながら食べていると、つい「ダメ!」と強くいってしまいそうになりますが、これは赤ちゃんの成長の過程では大切なことだといわれているので見守ってくださいね。

おもちゃと食べ物の区別がまだできないので、感覚が面白くて食べ物でも遊んでしまうようです。食事中に遊びが始まったら、時間を決めて片付けましょう。

次の食事のときに食べればよいと考えて、ママがストレスをためないようにしましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

9カ月の赤ちゃんに食べムラがおこる理由

離乳食が成長に合っていない

一般的な育児書などに書かれている月齢に応じた離乳食の食べ物の硬さや種類は目安です。成長が早い赤ちゃんもいれば遅い赤ちゃんもいます。

食事中に食べムラがあって、いつも同じものばかりしか食べない子は心配ですね。栄養がとれているかどうかも気になるでしょう。

赤ちゃんが同じものしか食べないときは、野菜の茹で具合を変えてみるとよいですよ。また、茶わん蒸しやプリンのように柔らかいものを増やしてみるのもよいでしょう。

ママの母乳やミルクが大好きで、食べ物に興味を示さない子もいますよ。月齢に応じた食べ物を作りたくなりますが、個人差が大きい時期でもあるので、赤ちゃんの様子をみながら離乳食を作るようにしましょう。

味付けやメニューに飽きてきた

離乳食に慣れてくると、食材や硬さなどはなにも変えていないのに食べムラが出てくる赤ちゃんもいますよ。母乳やミルクの量を変えていないし、たくさん動いておなかが空いているはず。なぜ食べ物を口に入れるのが嫌なのでしょうか?

同じ味のスープやお味噌汁ばかり作っている場合は、赤ちゃんが同じような味付けに飽きてしまうかもしれません。味だけでなく、同じような食材ばかりを使っているときも同じで、メニューに飽きることがあります。

また、食材の切り方なども同じ場合は、人参をハートにしたり、ハンバーグをうさぎやくまの形にしたり見た目を変えてみてください。

旬の食材なども取り入れて季節を感じる離乳食にするとよいですよ。春は新じゃがや春キャベツなどを取り入れてみましょう。

離乳食の後に母乳やミルクをあげよう

食事の前に母乳やミルクでおなかがいっぱいになってしまうと、どうしても食べ物に対して食欲がわかないですよね。大人でもお茶やジュースなどを飲み過ぎると、それだけでおなかがいっぱいになってしまうものです。

赤ちゃんも大人と同じなので、離乳食の前に授乳したりミルクをあげたりするのは控えましょう。おなかが空いている状態で、食べ物を出すと自分で食べ始める子が多いですよ。

赤ちゃんが食べ物をぐちゃぐちゃにして遊ぶのは、おなかが満たされているからかもしれませんね。母乳やミルクは離乳食の後にあげる方がよいですよ。

または、離乳食と離乳食の間に授乳したりミルクをあげたりするのもよいタイミングです。次の離乳食までに時間が空くのでよいですよ。

赤ちゃんに食べムラがあるときの対応

食べる場所や食器を変えてみよう

生後9カ月はまだなにもわかっていないと感じるかもしれませんが、食べ物の見た目を変えるだけで食べムラがなくなる場合もありますよ。

離乳食を開始したときから同じお皿を使っている場合は、違うものに変えてみましょう。食べムラがあった赤ちゃんが、「お皿を違うものにするとよく食べるようになった」と話すママは多いものです。

手づかみを嫌がる子には、赤ちゃん用のかわいいフォークを持たせてみると食べ始めることがありますよ。食べ物を突き刺して食べる感覚が楽しいと感じる子もいるようです。

食事用の椅子を変えてみたりベランダや庭で食事をしたりするのも気分転換になります。大人と同じで、場所が変われば食欲が出ることもあるのです。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事