就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

差し乳でも卒乳後のケアは大切!スムーズな卒乳やおっぱいケアの方法

差し乳でも卒乳後のケアは大切!スムーズな卒乳やおっぱいケアの方法

おっぱいを与えて育児を頑張ってきたママのなかには「もう少しでおっぱいも卒業かな」と、考えている方もいますよね。差し乳のママは「あんまりおっぱいが張らないから、おっぱいをやめても問題ないな」と思っていませんか?ここでは、どんなおっぱいの方でもケアが大切なことや、ケア方法などをご紹介します。

おっぱいが張りにくい差し乳の特徴や注意点

赤ちゃんが吸い始めると張る「差し乳」

赤ちゃんにおっぱいを与えているママのなかには「差し乳」という言葉を聞いたことがあるという方がいるかもしれませんね。母乳を与えているママのおっぱいは飲んでいないあいだに必要な母乳を作るため、間隔が空くとおっぱいが張って痛くなったり、カチカチに固まったりすることがあります。

しかし、差し乳のママの場合は普段からおっぱいが張ることが少なく「赤ちゃんが飲み出してから張ってきた」「飲んでいない時間が長くても胸が痛くならない」など、赤ちゃんが飲むのをきっかけにおっぱいが張ってくるタイプです。

普段からおっぱいが張らないと「母乳の量が少ないのかな?」と思いますよね。おっぱいが張る感覚がなくても、乳房の中では必要な量の母乳が作られていますよ。

おっぱいトラブルが比較的少ない

溜まり乳のママは頻繁におっぱいを与えないと、どんどんおっぱいが張ってカチカチになるため大変です。「おっぱいを飲む時間がいつもより1時間遅れただけなのに、カチカチになって胸が痛い」「おっぱいが溜まりすぎて、上手に出てこない」など、トラブルになる可能性が高いでしょう。

しかし、時間がたくさん空いてもおっぱいが張らないタイプだと、トラブルが起こりにくいですよね。赤ちゃんが飲んだときに張ってくるため、張ってきたほうのおっぱいを吸わせるとすぐに解決します。

おっぱいを与える期間は長いので、トラブルが起きにくい体質はラッキーなのかもしれません。しかし、張らないことで赤ちゃんが飲む量が減ると成長に影響するため、注意が必要ですよ。

差し乳でも急に授乳をやめると乳腺炎に

「私はいつもおっぱいが張ったことがないし、急に卒乳しても大丈夫」と、思っているママはいませんか?確かに赤ちゃんの授乳の回数が減ってきてもおっぱいが張っていないと「あんまり出ていないから問題ない」と勘違いしてしまいますよね。

先ほどもご紹介したように、差し乳タイプのママはおっぱいが張らないからといって母乳を作る量が少ないわけではありません。ママの体のなかではしっかり赤ちゃんの必要な量が作られているので、急に授乳をやめてしまうとトラブルが起きる可能性がありますよ。

とくに気をつけたいのが、乳腺炎です。乳腺炎になると高熱が何日も続き、赤ちゃんのお世話どころではなくなります。与える量を少しずつ減らすことが大切でしょう。

差し乳タイプでも卒乳までは段階を踏もう

無理のない範囲で昼間の授乳を減らす

どんな体質のおっぱいの方でも「今までは頻繁に与えていたけれど、明日からはやめよう」と無理に卒乳すると、おっぱいにトラブルが起きる可能性が高くなります。まずは、時間にゆとりのある昼間の授乳を減らしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんが成長してくると、離乳食が始まりますよね。しっかり食べられるようになったら赤ちゃんのお腹が離乳食で満たされるので、おっぱいを与えなくてもご機嫌なことが多いですよ。

しかし、赤ちゃんによっては、おっぱいがほしくて大泣きすることもあります。あまりにも泣いて大変なときは「お昼寝の前だけは日中でもおっぱいを与えていい」と、ルールを決めて無理のない程度に頑張れるとよいですね。

ママの休息のためにも夜間の授乳をやめる

おっぱいを与えているママは、赤ちゃんがお腹を空かせたときにパパがお世話を代わるのが難しいですよね。そのため、出産してから「夜中に何回もおっぱいを飲みたいと赤ちゃんが泣くから、全然熟睡できていない」「寝不足で疲れがほとんどとれない」など、睡眠が足りてないことに悩むママもいるでしょう。

ママがゆっくり体を休めるためにも、夜の授乳をやめてみるのはいかがでしょうか。夜の授乳をやめると、最初の何日間かは寂しさに大泣きすることがあります。しかし、おっぱいがないことに慣れると、夜中に途中で起きることなく朝まで寝てくれるようになる子が多いようですよ。

「赤ちゃんのために寝不足になっても頑張らないと」と無理をするのではなく、ママの体をいたわることも大切です。

1回に授乳する時間を短くする

赤ちゃんはお腹が空いたとき以外にも、口が寂しくなってママのおっぱいを求めるときもありますよね。おっぱいを求めてぐずぐず泣くため、おっぱいを吸わせて寝かしつけをしているママも多いのではないでしょうか。

しかし、いつまでもおっぱいを吸わせたままだと、なかなか卒乳するのは難しいですよね。おっぱいで寝かしつけをしている方は、赤ちゃんがお腹を空かせているときだけおっぱいを与えるとよいですよ。

赤ちゃんが飲み終わったのを感じたら、おっぱいを吸わせるのをやめてみましょう。おっぱいを吸う時間を少しずつ減らしていくと「おっぱいは食事をするときだけに吸うもの」と赤ちゃんが学べますよね。おっぱいがなくても寝られるようになるので、ママは粘り強く頑張ってくださいね。

卒乳のときはおっぱいのケアも忘れずに

おっぱいが張ったら少しだけ搾乳

「おっぱい離れも順調に進んでいるし、いよいよ卒乳しよう」と、おっぱいを卒業する手前まで頑張ってこられたママも多いですよね。卒乳が近づくと「おっぱいが張ったことはないけれど、赤ちゃんが吸わなくなったら痛くなるのかな?」と、不安に感じている方もいるでしょう。

普段はおっぱいが張らない方でも、まったく赤ちゃんが吸わなくなると張ってくることがあります。おっぱいが張ってきた場合は、少しだけ搾乳するとよいですよ。

自分の手で搾乳が難しいという方は、搾乳器を活用してもよいでしょう。自分の手でするよりも短い時間でたくさん出せるため、忙しいママでも簡単にできます。おっぱいを出しすぎると新しいおっぱいがたくさん作られてしまうため、量は少しで大丈夫でしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC