就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにギターを教えよう!上手な練習方法やギター選びのポイント

子どもにギターを教えよう!上手な練習方法やギター選びのポイント

ギターをひけたら格好いいなと単純に思いますよね。ギター1本でどこででも弾き語りができますし、バンドを組んでみんなで歌うこともできます。子どもには小さいころからギターを教えたいというママと一緒に、子どものギターの練習方法やギターの選び方について考えてみたいと思います。

子どもにギターを教える時期や練習方法

子どもがギターを始める時期はいつがよい?

子どもは興味津々で、吸収力が旺盛です。いろんなことに疑問を持ち、覚えようとします。好きなことならなおさら、ママが教えていないのに自分ひとりで観察して覚えていたりします。ママが驚くこともよくありますね。

この吸収力の旺盛なうちに、何かを身につけるというのはよいことでしょう。大きくなればなるほど、先に頭で考えてしまうことが多く、難しく感じてしまうこともあります。小さなころは、考えるより先に行動にでるので、体で覚えていくこともできます。

ギターも小さいころに始めるのがよいでしょう。ただギターは抱えたり、指で弦をはじいたりしなくてはいけませんので、それができるくらい体が成長したころ、早くとも3歳ころがよいのではないでしょうか。

子どもに教える練習方法や教え方のコツ

小さな子は、集中力が長く続かないこともあります。いくらギターがおもしろいと思っていても、1時間ももたないこともあるでしょう。3歳くらいの子にギターの練習をさせるなら、子どもが飽きはじめる前に、それぞれの子どもに合わせて練習を終了させるのがよいでしょう。

ギターをひくには、まずは見よう見まねです。今はYoutubeなどにギターが上手な人の動画がありますので、それを子どもに見せてあげましょう。子どもの練習用の動画がありますので、おすすめですよ。

練習はママが一緒にしましょう。子どもは喜びますし、ママと子どものよいコミュニケーションになります。ギターの練習をする時間というよりは、親子で同じ課題に取り組む時間と思って、楽しくギターに慣れ親しみたいですね。

ギター教室で習うのもおすすめ!

子どもにギターを教えてくれる教室もあります。プロの先生から教えてもうらう方が間違いないといえるでしょうし、子どもに合ったギターを選んで貸してくれたりもします。家とは違った雰囲気の中でギターを抱えると集中できる子もいるでしょうし、同年代の子たちと一緒の方が楽しいと思う子もいるでしょう。

教室によって授業料もちがいますし、先生も違います。一度行ってみて、楽しいと思える教室に通いたいですね。

小さな子は「ギターをしたい」という気持ちがどれくらいあるのか分かりにくいです。好きだけど、練習はいや、ただ好きに弦をはじいて遊びたいだけかもしれません。子どものようすを見て、ギターを楽しんでいないようなら、無理じいはしないようにしましょうね。

音楽で個性を伸ばす!子どもの表現力をはぐくむ音楽教室のすすめ

PR

英会話やプログラミングなど、子どもにさせる習い事の傾向が少しずつ変化していますが、根強く人気を保っているのがピアノやリトミックなどを学べる音楽教室です。今回は、子どもの個性を伸ばすために音楽教室を選ぶメリットについて、約60年の歴史を重ねる「カワイ音楽教室」のレッスンを取材してきました。

おすすめのギターや選ぶ際のポイント

子ども用ギターを選ぶ際のポイント

子どものギターを選ぶポイントをみてみましょう。子どものギターといっても5千円くらいのものから数万円するものまでありますし、よく見て、お店の人とも相談して選びましょう。

・アコースティックギターかエレキギターか

ギターは大きく分けて2種類、優しい音色のアコースティックギターと、迫力ある音のエレキギターがあります。アコースティックギターは、フォークソングや弾き語りのイメージ、エレキギターはバンドのイメージがありますね。

どちらのギターも、ピックやチューナーなどが必要です。エレキギターは、アンプやエフェクターという機材も必要になります。

初心者には何が必要かわかりませんよね。すべてそろったお得なセットも販売されていますので、これを買えば安心ですね。

・子どもの大きさに合わせたギターを

ギターにはサイズがあります。子ども用にはミニギターとジュニアギターがあります。ジュニアギターの方が大きく、中学生くらいになれば使えます。

エレキギターの方がアコースティックギターより重めです。アンプが内蔵されているタイプだと、より重くなります。

子どもが弾きやすいおすすめなギター

おすすめの子ども用ギターをあげてみます。

・ヤマハGLギタレレ
ギターとウクレレの中間、ギタレレです。音はしっかり出てアコースティックギターとして文句なし、初めてのギターとしておすすめです。サイズは小さく持ちやすいですよ。

・S.Yairi(エスヤイリ)|YM-02
定番ミニギターです。ミニサイズでも音はまさにアコースティックギター。子ども用としてだけでなく、コンパクトなので、大人がアウトドアや旅行に気軽に持っていけることでも人気です。

・Loog Electric 組み立て式3弦ギター&専用バックパックセット
まずは音を鳴らして楽しみたいという子におすすめなエレキギターです。自分で組み立てる珍しい商品で、まずは親子でギターを組み立てることからはじめます。3本弦なので小さな手でも簡単に音を鳴らせますよ。

・PhotoGenicミニエレキギター アンプセット MST-120S/DBL
ミニギターでも通常サイズのギター音にひけを取りません。エレキギターをひくのに最低限必要なミニアンプ、シールド、ピックがすべてついたセットもありますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版