就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るのに適した環境は?お部屋やベッドの選び方と注意点

赤ちゃんが寝るのに適した環境は?お部屋やベッドの選び方と注意点

待ちに待った赤ちゃんとの対面を目前に控え、入院準備などとあわせて進めていきたいのが「赤ちゃんが過ごしやすい環境づくり」ですよね。赤ちゃんが気持ちよく寝られる環境はどのようなものか、準備しておくものや注意点などについてご紹介していきたいと思います。

ベビーベッドはサイズと機能性を吟味しよう

ベビーベッドはサイズと機能性を吟味しよう

出産予定日が近づくにつれ、「赤ちゃんが安全に寝られる寝床づくり」をしていかなければならないですよね。上のお子さんが小さい場合やペットがいる場合にはとくに、赤ちゃんの安全を確保するためにベビーベッドを用意するケースは多いことでしょう。

一口にベビーベッドといってもさまざまなタイプのものがありますが、ママのお世話のしやすさや生活スタイルに合わせること以外にも、以下のようなポイントを吟味して選ぶとよいですよ。

・日本の安全基準である「PSマーク」や「SGマーク」がついたもの
・ベビーベッドを置く部屋に合うサイズのもの
・柵のスライド機能や床の高さ調整機能、ベッド下の収納、キャスター付き、サークル兼用など、機能的なもの

ベビー布団は素材にこだわろう

生まれたばかりの赤ちゃんは1日の大半を布団の上で過ごします。大人用の布団でも代用できそうですが、体温調整が苦手で汗っかきな赤ちゃんには、こまめに布団の枚数を調整したり洗濯したりすることが可能なベビー布団がおすすめです。

置き場所やベビーベッドに適応したサイズ、布団やシーツの素材、セットの内容などを考慮し、快適に寝られるものを選ぶようにしましょう。

とくにデリケートな赤ちゃんの肌に触れる生地にはこだわりたいところ。羽毛の掛け布団であればポリエステル素材に比べてムレにくく、汗っかきな赤ちゃんの汗を吸収してくれます。体温調節に便利な綿素材のタオルケットや綿毛布、ガーゼケットなどについても同様に、肌ざわりがよく吸湿性のよいものを選びましょう。

寝具の配置場所も工夫しよう

「ベビーベッドを用意したものの、どの部屋に置けばよいのだろう」と悩むママもいるのではないでしょうか?

家事をしているときに赤ちゃんの様子が見られるようにしたいのであればリビングに、ママのベッドの横に置いて夜間のお世話をしたいのであれば寝室に、お世話する場所に合わせて移動させたいのであればキャスター付きにするなど、家庭によって使用場所はさまざまでしょう。

しかしいずれの場合においても、赤ちゃんの安全のために以下のような条件を満たす場所に配置するとよいですよ。
・エアコンの風が赤ちゃんに直接当たらない
・直射日光が赤ちゃんに当たらない
・背の高いタンスや時計など、地震が起きたときに倒れてくる家具やインテリアが周りにない

お部屋の環境を整えて快適な空間を作ろう

静かに眠れる場所に寝室をもうけよう

お腹の中で赤ちゃんがすくすく成長するにつれて、入院準備や産後の赤ちゃんのお世話の仕方、ママ自身の母体の回復など、気になることが多々出てくるでしょう。

はじめての育児であればわからないことだらけでしょうが、まずは退院後にすぐ使用する「赤ちゃんが過ごす寝室づくり」に取り組みたいところ。赤ちゃんにとって危険なものがないか、部屋の温度はちょうどよいか、布団や枕は快適なものかなど気になるポイントはたくさんありますが、寝るのが仕事な赤ちゃんには静かに眠れる環境づくりが大切です。

新生児の平均睡眠時間は実に16時間にもなりますので、テレビの音や家族の話し声、屋外の騒音などが届きにくく、静かで暗い場所で落ち着いて寝られるように工夫したいものですよね。

温度と湿度に気を配ろう

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調整が苦手なため、気温の影響でも体温が変化してしまいます。「暑い」「寒い」といった不快な感情も泣くことでしか表現できないので、周りの大人が部屋の温度や湿度、服の枚数を調整することが大切です。

お住まいの地域にもよりますが、夏場の高温多湿、冬場の乾燥や極端な温度差といった、日本特有の気候は赤ちゃんにとって厳しい環境なため、さまざまな工夫が求められます。

赤ちゃんの過ごす部屋の温度は、夏であれば25〜27℃、冬場は22〜25℃、湿度は50〜60%がベストです。赤ちゃんの汗のかき具合を見ながら衣服の枚数や分厚さを調整したり、エアコンや暖房器具、送風機、加湿器なども使ったりして、この範囲をキープするように努めましょう。

室内の明るさに注意しよう

生まれたばかりの赤ちゃんは寝て起きての繰り返しですが、「昼間は明るく夜は暗い」という自然な1日の変化を体験していくことで次第に昼夜の区別がつくようになり、大人と同様の睡眠リズムを発達させることができます。

朝起きたときには窓際で太陽の光を浴びる、昼寝をするときはカーテンを引いて部屋を暗くする、夜は電気を消して静かな環境に整えるといった工夫をすることで、生後4カ月ごろには1日のサイクルができあがるようになります。

カーテンで夏の暑い日差しを遮って室温や明るさの調整をする、窓際からくる冬の寒さを和らげる、寝かしつけるときはテレビやスマートフォンをオフにしてブルーライトが睡眠を妨げないようにする、などの配慮も大切ですよ。

赤ちゃんが寝るときは事故に注意しよう

柔らかい布団は成長への影響や窒息の危険も

出産準備を進める中で購入するか迷ってしまうアイテムはたくさんありますが、ベビー布団もその一つなのではないでしょうか?「添い寝するからわざわざ購入する必要はない」「使用期間が短いからもったいない」という意見もよく耳にすることでしょう。

しかし、大人用の敷き布団は柔らかく弾力性のあるものが多く、背中の骨が発達途上にある赤ちゃんには適さない恐れがあります。

骨格形成に支障が生じることのほか、弾力性のある敷き布団が赤ちゃんの重みで沈んで口や鼻をふさいでしまう、赤ちゃんが寝返りをうつ仕草を見せるようになっても布団が柔らかいとうまく寝返りができないなど、窒息のリスクも生じてしまうのです。赤ちゃんの敷き布団は固く、体が沈みこまないタイプのものが適しています。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC