就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠リズムと寝かしつけのコツ

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠リズムと寝かしつけのコツ

寝かしつけにイライラするときはどうする?

断乳はパパに手伝ってもらおう

夜中に何度も起きる赤ちゃんの場合、ママは長い期間寝不足が続いて体力面だけでなく、精神面でも辛くなってくるでしょう。先ほどご紹介したように、夜間授乳を止めると赤ちゃんはまとまった睡眠を取りやすいですが、「断乳が成功するか不安」「成功するまでの何日か大泣きすると思うと、断乳する勇気が出ない」という方も多いのではないでしょうか。

ママが断乳する勇気を持てるように、パパにも寝かしつけに協力してもらいましょう。ママだけでは断乳によってさらに寝不足になり、泣く赤ちゃんにイライラをぶつけてしまうかもしれません。

パパが夜中に交代で赤ちゃんのお世話をしてくれれば、ママも体を休める時間を作れてイライラも解消されそうですね。

午前中は活動的に過ごそう

睡眠のリズムは赤ちゃんによって違いがありますが、日中の過ごし方によって夜の睡眠リズムが乱れることがあります。赤ちゃんが朝ぐっずり寝ているからお昼前まで寝かせている、午前中は赤ちゃんとゴロゴロお家で過ごしているなどという方は、午前中の過ごし方を見直してみましょう。

毎朝同じ時間に起きて太陽光を浴びることで、赤ちゃんの体内時計は発達していきます。午前中に活発に動くことでお昼寝の時間も決まってきますし、体や脳が活性化されて心身ともにすくすく成長していけますよ。

お天気がよい日は、赤ちゃんと一緒にお散歩や公園に行くのもおすすめです。体を動かして疲労を感じると、夜もぐっすり寝てくれて寝かしつけも楽になるでしょう。

「今だけ」とおおらかな気持ちを忘れずに

「赤ちゃんが寝てもすぐに起きるのでイライラする」「夜中に何度も起きる赤ちゃんのお世話が辛い」など、まとまって寝てくれない赤ちゃんにストレスを感じているママは多いでしょう。疲れやストレスからママがイライラしていると、赤ちゃんにも伝わって余計に寝てくれなくなりますよね。

赤ちゃんも成長すれば睡眠リズムが整い、いつかは朝までぐっすり寝てくれるときがきます。今は大変かもしれませんが、「いつかは寝てくれるようになる」「手がかかるのは今だけ」と思って、おおらかな気持ちで赤ちゃんに接しましょう。

「大変なのは今だけ」と思えると、赤ちゃんが寝てくれなくても優しい気持ちで対応できそうですよね。辛いときは周りに頼りながら、ストレスを溜めないことが大切ですよ。

まとめ

今はまとまって寝てくれない赤ちゃんも、月齢が進むにつれて睡眠時間が長くなっていきます。いつか必ず終わるものですので、ママは悩み過ぎないようにしてくださいね。

ママ自身も寝不足だと感じるときは、赤ちゃんが眠っているときになるべく一緒に眠るようにして、体を休めましょう。また、赤ちゃんがより長く眠れるように、寝かしつけの方法を試すのも大切ですね。なかなかスムーズにはいかないかもしれませんが、根気よく続けてくださいね。睡眠のリズムが整えば、赤ちゃんもママも楽になっていきますよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND