就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティのスペルと使い方!正しい意味と表現を知って使いこなそう

マタニティのスペルと使い方!正しい意味と表現を知って使いこなそう

妊娠すると「マタニティ」という言葉を耳にする機会も意識することも増えます。なんとなく使っているマタニティという英語ですが、正しい意味やスペルがしっかり頭に入っている人は少ないかもしれません。英語が得意なママもそうでないママも一緒に、妊娠したときに使えるフレーズを覚えておきましょう。

英語で「マタニティ」を正しく使うポイント

マタニティのスペルと英語で使うときの意味

「マタニティ」という単語は、マタニティドレスやマタニティスイミングなど聞けばすぐに「妊婦のための」と分かるほど日本になじんでいる英語です。マタニティのスペルは「maternity」で、語源はラテン語の「mater(母)」から来ています。

マタニティは名詞と形容詞として使うことができ、名詞の場合は「母性」「母であること」という意味で「Maternity is difficult」といえば、「母であることは難しい」となります。こちらはあまりなじみのない使い方ですね。

一方の形容詞では「妊娠中の」となり、多くの日本人がイメージするマタニティの意味になります。この使い方で、マタニティドレスは「妊娠中のドレス」となるんですね。

妊婦ではなく「母であること」を表す

英単語のマタニティは日常会話のなかではあまり使われない言葉です。そもそもの意味が「母性」「母であること」など漠然としたものなので、個人の考え方や概念について話すとき以外はあまり登場しないようです。

少し意外な気もしますが、形容詞にもなるマタニティは人に対して使う言葉ではありません。たとえば「I am maternity」というと少し違和感があります。

日本人にはもしかしたら「私は妊婦です」と訳せるかもしれませんが、ネイティブには「私は母性です」と意味のよく分からないフレーズになってしまいます。

英語でマタニティを使うとき、形容詞(妊娠中の)としてとらえるのは限定的なので、限られた場面でしか使われないことを覚えておきましょう。

「妊婦のための」の意味で使うことが多い

マタニティを形容詞で使う場合は「妊婦のための」の意味で使うことが多くあります。マタニティドレスをはじめ、maternity clinic(産婦人科医院)、maternity leave(出産・育児休暇)が日本語で使うマタニティとほぼ同じ意味です。

とくにmaternity leaveは英語のニュースや日常会話でも比較的よく使われる言葉です。マタニティには広い意味での「母」がありますので、maternity leaveということで妊娠中だけでなく産後の期間を含む休暇を表すことができるのがポイントです。

日本では産休と育休で分けて考えることがありますが、マタニティ休暇とすれば両方を一つの言葉で表すことができ便利ではないでしょうか。

マタニティと一緒に覚えたい単語三つ

「父であること」を表すpaternity

母性を表すマタニティがあれば、父性を表す単語も存在します。それが「paternity」です。

マタニティと同じラテン語を語源とし、「父であること」と訳されます。マタニティが妊娠や妊婦の意味だけであると思っていた人には男性版の「paternity」には「あれ?」と思わされてしまいますね。

paternityといっても男性が妊娠するという意味ではもちろんなく、ここでも広い意味での「父」を表しています。マタニティと対になる言葉でもありmaternity leaveがママの育児休暇であればpaternity leaveはパパの育児休暇となります。

パパも育児休暇を取るのが珍しくない、欧米ならではの言葉ですね。

prenatalはマタニティとの混乱注意

妊娠を意味する単語は日本語よりも豊富な英語。マタニティとよく混同される単語に「prenatal」があります。

prenatalにはマタニティのような「母性」などの意味はなく、シンプルに「妊婦用の」「出生前の」という意味があります。日本ではもうおなじみのマタニティヨガですが、欧米でも妊婦さんに支持されているもののマタニティヨガという言葉では広がっていません。

ここで使われるのが「prenatal」で、prenatal yoga(妊婦のためのヨガ)と呼ばれています。ほかにも、妊婦用のビタミン剤(prenatal vitamin)やエクササイズ(prenatal exercise)などに使われます。

マタニティと同じ語源のmaternal

ラテン語のmaterを語源とする言葉はマタニティ以外にも、maternalという形容詞があります。意味は「母性の」「母親の」、さらに親族などを表すときに使う「母方の」「母系の」というときにも使えます。

たとえばmaternal instinctといえば「母性本能」と訳すことができます。maternal grandmotherは「母方のおばあちゃん」、maternal uncleは「母方のおじ」になりますね。

マタニティも形容詞として使うことができるとありましたが、マタニティを形容詞にすると「妊婦のための」となるのに対し、maternalは「母性の」となり妊娠や妊婦の意味は持たないことに注意しましょう。

英語で妊娠していることを伝える表現は?

pregnantが直接的でわかりやすい

実は英語で「妊婦」と一言で表せる単語はありません。ただ、英語で妊娠していることを伝えるにはたくさんの言い回しがあり、最もストレートな言葉が「pregnant」です。

pregnant自体に「妊娠している」という意味があり、女性を意味するwomanと組み合わせて「pregnant woman」とすることで「妊婦」という意味になります。誰かに妊娠していることを伝えたい場合は「I am pregnant(私は妊娠しています)」といえばOK。

最近話題の妊活も「I am trying to get pregnant(私は妊娠しようとしています)」で、子どもが欲しいことが分かり、今は妊娠していない、妊活中だということが分かりますね。

expectingを使えば間接的な表現に

少し間接的な言い回しで妊娠を伝えるのに「expecting」がよく使われます。expectは「予期する」「期待する」と訳されますが、そこからexpectingが妊娠を意味するようになりました。

期待に胸を膨らませる妊婦さんの気持ちが伝わるいい方ですね。「I am expecting」だけでも「私は妊娠しています」という意味になります。

「expecting mother」といえば「妊婦」を表すこともできます。pregnantではwomanを使うのに対し、motherを使うのがポイントです。

「expecting woman」としてしまうと「期待する女」と文字どおりに受け取られてしまうこともあるので注意しましょう。

「妊婦」を表現するフレーズを知ろう

妊婦を表現するフレーズはまだまだあります。

She is gestating.:「gestating」に「身ごもる」という意味があります。
She is with child.:「子どもと一緒」と、遠回しに妊娠を伝えます。
She is carrying(a baby in her berry).:(お腹の中で赤ちゃんを)運んでいる=妊婦
She is eating for two.:日本でも2人分食べるという表現がありますね。
She has a bun in the oven.:これは砕けたいい方で「オーブン(お腹)の中にパン(赤ちゃん)がある」で妊娠を表現しています。

これらはすべて「彼女は妊婦です」となります。

まとめ

国際化が進む日本。もしかしたら妊婦健診や母親学級の場で外国人の妊婦さんに出会うことがあるかもしれませんね。そんなときに、サラッと英語のフレーズが出てくると素敵です。

妊娠を表す表現は自分が妊婦であれば、どこかで使う機会があるかもしれません。海外旅行や国際イベントに行く際には、簡単なフレーズだけでも覚えておくと安心ですね。

妊娠に関するフレーズには日本人の感覚にもつながる部分があり面白いので、楽しみながら学習してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR