就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児が塗り絵で遊ぶ効果とは?メリットとデメリットやグッズを紹介

1歳児が塗り絵で遊ぶ効果とは?メリットとデメリットやグッズを紹介

雨の日でもお家でできる遊びの一つが塗り絵です。鉛筆を握ったり色彩感覚を養えたりするなど、メリットも多そうな塗り絵ですが、1歳児でも楽しむことができるのでしょうか。親子で塗り絵を楽しむポイントと、塗り絵をもっと身近にしてくれるアプリなど、お役立ち情報を交えてご紹介します。

そもそも1歳で塗り絵ってできるの?

色の認識を始めるのが1歳くらいから

子どもは日々いろいろなことを覚えて吸収していきますが、色の感覚が身につくのも1歳くらいからだそうです。赤、青、緑など代表的な色を認識することはできるものの、言葉で表すことができるようになるまでもう少しといったところでしょうか。

それでも、塗り絵で本来塗るべき色を選ぶことができるかということは別問題です。1歳のころは、まだいろんな色があるということがわかれば十分と覚えておきましょう。

たくさんの色の中から塗る場所にこだわらず、無作為に選んでしまうことも1歳児には大いにあることです。まずは鉛筆を握ること、筆圧を強化すること、紙に色を乗せることの面白さを感じてもらうことを目指して塗り絵で遊んでみましょう。

楽しむにはママがイライラしないこと

塗り絵のだいご味は、その絵に合った色を選ぶことと、きれいに色を塗って作品を完成させることです。大人が塗り絵を塗る場合、絵の構成を考えながら色を選ぶという作業を一番最初に行います。

ですが、1歳くらいの子どもの場合、まだどこに何色を塗るかは重要ではなく、何か色を塗れば楽しいという状況です。ママは「ここに赤を塗って、あそこは青を塗らなくちゃ」と思ってしまうのですが、そこはぐっと我慢が必要です。

ママがあれこれ指図してもまだ1歳児には伝わりません。自由に色を塗る作業を阻んでしまうと、遊びとしての面白さをそぐことにもなってしまいます。親子で塗り絵を楽しむためにはママがイライラしないで、おおらかに子どもが塗る世界を見守ることが大事です。

塗り絵をすることのメリットとデメリット

塗り絵は昔からある遊びの一つですが、メリットやデメリットについても分析されるようになってきました。手先を使うことで細かな作業をする能力が身につく、集中力や色彩感覚が養われるなどのメリットがあるといわれています。

反対に、決められた枠線に沿って色を塗ることで型にはまったものの考え方をするようになってしまう、創造性や自由な発想を抑制してしまうなどがデメリットとしてあげられています。どちらに重きを置くかはママの判断に任されますが、塗り絵を想像力豊かな遊びにするためには、やはり子どもが自由に色を塗ることを大切にすることです。

空が緑でも、海がピンクでも何の問題もありません。大人の枠にはめない発想を大事にしましょう。

1歳児が塗り絵を楽しむための準備をしよう

口にしても安心なクレヨンを選ぼう

1歳児は握ることは得意ですが、鉛筆などの小さなものを正しくつかむのは難しいものです。先のとがった色鉛筆を使うことをためらってしまうママも多いかもしれませんね。

そんなときは、ころんとしたフォルムがかわいらしい幼児用のクレヨン「ベビーコロール」を使ってみましょう。1歳児にも握りやすく、手が汚れない、なめても安全な素材を使用しています。

真ん中に穴が開いているので、万が一飲み込んでしまっても窒息を防ぐことができます。積み上げてもかわいいので、人気のクレヨンです。

ほかのクレヨンを使う場合も使われている材料や形状に注意して選び、子どもが塗り絵をしている間、ママは目を離さないようにしましょう。

塗り絵をするスペースをつくろう

本を読む場合も文字を書く場合も、正しい姿勢で行うことが大事です。塗り絵であっても、子どものサイズに合わせたテーブルやいすを用意すると、そうでない場合よりも集中して取り組むことができます。

キッズ用のテーブルセットは見ているだけでもかわいらしいですし、1歳児も自分専用のスペースがあることで気分が盛り上がります。インテリアに合わせた素材やデザインのキッズテーブルを選んでみましょう。

また、枠線をはみ出さずに色を塗る塗り絵ですが、1歳児は枠線どころか紙までもはみ出して作品を作り上げてしまうことがあります。そうなることを見越して、あらかじめ塗り絵をするスペースには新聞紙やテーブルクロスなどを敷いておくようにすると後片付けも楽ですよ。

子どもが喜ぶ塗り絵を探そう

真っ白な紙に絵をかくのと違い、塗り絵にはあらかじめ枠線が書いてあります。それが子どもの好きなものであるかそうでないかで面白さも変わってきます。

子どもの好きなキャラクターや興味のある動物や乗り物をテーマにした塗り絵なら楽しさも倍増しますね。まだ何に興味があるかわからない子どもの場合は、なるべくシンプルでわかりやすい塗り絵にすると子どもの目にも認識しやすく、塗り終わったときの達成感が得やすくなります。

1歳くらいでは、まだその塗り絵が何の絵であるかがわからない場合もあるので、「これはウサギだね」などママが声掛けをしながら一緒に取り組むと、よいコミュニケーションになり、そのうえ言葉や知識を増やすトレーニングにもなります。

1歳から使える便利な塗り絵グッズをご紹介

何度も遊べるすいすいお絵描きは長く使える

どこに何色を塗るかがまだ難しい1歳児でも楽しめる塗り絵が「すいすいお絵描き」です。水を塗ることで絵や色が浮き出る仕組みになっているので、色をはみ出す心配や絵の具で手や家具が汚れる心配もありません。

乾くと浮き出ていた絵も消えるので、何度でも繰り返し楽しむことができます。「すいすいお絵描き」には、キティちゃんやきかんしゃトーマス、トミカなど人気キャラクターのイラストが浮き出るシリーズもあるので、お気に入りを見つけて遊んでみましょう。

水ペンを乗せただけで絵が浮き出る様子はとても不思議で、1歳児もきっと興味を引かれるはずです。たっぷり集中して遊んだ後は、でき上がった作品を誇らしげに見せてくれるかもしれませんね。

無料でダウンロードできる塗り絵サイト

塗り絵は書店や文具店で購入するのが一般的でしたが、最近では無料で塗り絵をダウンロードすることもできるようになっています。知育に絡めた塗り絵や、文字や数字を覚えられる塗り絵など、バラエティに富んだ塗り絵が選べるのがポイントです。

プリントアウトすれば、何度でも気に入った塗り絵で遊べ、種類も豊富で経済的です。無料で塗り絵がダウンロードできるサイトは複数あり、それぞれカテゴリーなどに特徴があります。

幼児向けの塗り絵が豊富なサイトの代表が「ぬりえランド」「ぬりえのもり」です。どちらもほのぼのした雰囲気のイラストが多く、見ていてほっこりするとママにも人気。

「ぬりえやさん」はちょっと細かな塗り絵に挑戦したいときにおすすめのサイトです。

お出かけ中に便利な塗り絵アプリ

子どもにスマホを渡して遊ばせることには賛否両論ありますが、ママが賢く使うことで非常に役立つツールになります。お出かけ中や移動中に飽きてしまったとき、ちょっと静かにしてほしいときなど、時間やルールを決めればスマホで遊ぶこともわるいことではありません。

子どもでも遊べて夢中になれるのが塗り絵アプリです。紙や色鉛筆も不要なので、外出先でも手軽に遊ぶことができますね。

ワンタッチで色をきれいに塗る機能や自分で色を塗った塗り絵が動き出す機能など、アプリによって遊びの幅が変わるので、月齢や興味に合わせて選んでください。ママもハマってしまうような面白い塗り絵アプリも多数あるので、親子で時間を忘れないように注意しましょう。

まとめ

子どもの定番の遊びである塗り絵。2歳ごろから遊べるともいわれますが、1歳だから遊べないということではありません。

安全に配慮した道具やスペース、1歳児にもわかりやすいテーマやイラストの塗り絵を選べば1歳児でも十分楽しめるはずです。もうひとつ、子どもが塗り絵で遊んでいるとき、ママがおおらかな気持ちで見守ることも大切です。

子どもの描き出す世界を一緒に楽しみ、尊重する姿勢を忘れないようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018