就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの秋の散歩の楽しみ方!適した時間帯やお散歩する効果

赤ちゃんとの秋の散歩の楽しみ方!適した時間帯やお散歩する効果

やっと暑さも和らいできましたね。そんな時期にこそ赤ちゃんと散歩に出かけましょう。ちょっと自宅の周りを一周くらいの距離から始めて、今までゆっくり見たことのなかった場所も観察してみましょう。秋のはじまりも一緒に感じられたらいいですね。少し肌寒くなってくるので防寒の準備の大切さもお伝えします。

秋の散歩に適した時間帯と気をつけること

赤ちゃんの様子をみて暖かい日中に

生まれて1カ月経った頃には、少しのお出かけなら赤ちゃんにも負担がかからずよいとされています。1カ月健診で赤ちゃんにもママの体調にも心配がなければ、ママも赤ちゃんと一緒に気分転換しましょう。その際は、お互いに無理がないようにしましょうね。

暑さも和らいできたこの季節は、お散歩にもってこいですね。秋は、日中は温かいですが、午後になると急に寒くなるときがあります。室内との気温差を考えて、その日の天候を見ながら散歩に出る時間を選んでください。

おむつ交換の時間や授乳の時間を避け、赤ちゃんのご機嫌に合わせてあげてください。まずは10分程度の距離をゆっくり歩くとよいでしょう。はじめてのお出かけは暖かい時間帯を選び、余裕を持って出かけましょう。

1週間で考えて無理のない回数で

散歩ができるようになり、外出は赤ちゃんにとってメリットがたくさんありますよ…といわれると、メリットがあるなら頑張って散歩に出て、赤ちゃんによい影響を与えなくてはと頑張ってしまうママもいるかもしれません。

決して散歩に出ないからといって、赤ちゃんがどうにかなってしまうわけではありませんので、無理のない程度で1週間のうち1、2回くらいから始めていけばよいかと思います。天候が理由で行けないこともありますし、毎日の生活リズムを整えていく方が優先です。

大きくなるにつれ自然と行動範囲も広がります。そして、次第に色々なことを見たり、触ったりして何かを感じたり、さまざまな人とふれあっていきます。ママは肩の力を抜いてゆったりとした気持ちでいてください。

秋は体温調節の小物を忘れずに

秋は過ごしやすい季節ではありますが、急に肌寒くなったりすることがありますので羽織ものを1枚用意しておくとよいでしょう。

赤ちゃんのことばかり気にしていると忘れやすいのが、ママの羽織ものです。ママが肌寒いのを我慢しているとうっかり風邪を引いてしまうこともありますのでお気を付けください。

薄手のブランケットなどもよいでしょう。ベビーカーでお散歩をすることが多ければ、ベビーカーの近くに置いておいて、出かけるときに一緒にさっと持っていけば、忘れることも少ないですね。

レッグウォーマーなどもかわいいものがたくさん売られています。膝の保護にも使われますが、肌寒いときに着けてあげるのもよいですよ。おしゃれもできてお散歩も楽しくなりますね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

秋のお散歩が赤ちゃんに与えるメリット

自然に触れて五感が発達する

屋外というのは家の中の環境とは違い、太陽の明るさ、風の心地よさ、家族以外の声や電車の音などさまざまな物音がありますよね。そういうことの一つ一つが赤ちゃんの五感を刺激します。だんだんと視力も上がってきてはっきり見えるようになってくると、移りゆく季節を目にするようになります。

それをママが言葉にして伝えていくことで、言語の力も積み重なっていきます。「今日は昨日より暖かいね」「こんなところにどんぐりが落ちてたよ」などと目の前で見せたり伝えたりすることが大切になってきます。

雨が降ったときはお散歩に出ることは難しいですが、窓際で赤ちゃんに雨音を聞かせたり、雨粒を見せたりして「今日は雨だから、お散歩行けなかったね」と伝えても素敵ですよね。

体が鍛えられて免疫力がつく

日光は、骨の成長にかかわるビタミンDの生成をしてくれます。赤ちゃんは、骨の成長がまだ十分ではないため、日光浴、外気浴をさせましょうとよくいわれるのもこのためです。しかし、紫外線対策を忘れないように注意しましょう。

小さいうちから体温調節がうまくできるような環境を作ることも大切です。家の中だけでは温度が適温なので、体温調節をする機会が減ってしまいます。

家の中の空気とは違い、人は外気によって粘膜が鍛えられて、免疫力がつきます。だんだんとさまざまなバイ菌やウイルスなどから自分の身を守る力を蓄えるようになっていきます。それでも最初のうちは、風邪のシーズンには人が多いところはなるべく避けるようにしましょう。

気分転換やコミュニケーションの機会になる

赤ちゃんが生まれてから、外出はなるべく控えるようにといわれていることが多く、家の中の生活が1カ月くらい続きますよね。ママも赤ちゃんとばかり向き合っていては、どんなにかわいくても多少は疲れも出てきますので、気分転換が必要になってきますよね。

赤ちゃんもねんねの時期ではありますが、あまり変わらない家の中では刺激が足りなくなってきます。赤ちゃんにも気分転換は必要ですね。ママと一緒に散歩に出かけましょう。

ママと赤ちゃんとのコミュニケーションの場にもなりますので、目に見えたものなどを赤ちゃんに話しかけて時間の共有を大切にしてください。また、知っている人に会ったら挨拶をするものであるなど、日常的なことを伝えるよい機会となります。

月齢ごとのお散歩時間と秋の散歩の楽しみ方

【1~2カ月】まず外の空気に慣れよう

散歩に出られるようになったからといっても、赤ちゃんの体力はまだまだ十分ではありませんので、長時間の散歩は控えましょう。ママの体調面もみながらどの辺りを散歩をするか考えてみてください。10分くらいが散歩時間の目安となります。

はじめのうちは、外の空気に慣れるのを目的としていきます。秋の外の空気はヒヤっとしていることがありますので部屋着に1枚ブランケットや厚手のタオルを巻いてあげると温度調節ができます。

そして、強い風が吹いていたりすると、赤ちゃんが驚いて泣き出してしまうこともありますので、その日の天候などをチェックしてから出発しましょう。

毎回散歩をするのも大変ですので、庭やベランダなどがあればそこで過ごすのもよいかと思います。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事