就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシートからはずして授乳はアリ?法律や危険性、安全のコツ

チャイルドシートからはずして授乳はアリ?法律や危険性、安全のコツ

車で授乳をするとき、赤ちゃんをチャイルドシートからはずすことを迷いませんか。安全面で大丈夫なのか、法律ではどうなのか気になりますよね。ここでは、運転中の授乳に関しての法律や危険性、安全のコツをご紹介します。赤ちゃんの命を守るためにも、ぜひご参考ください。

チャイルドシートの法律、授乳の場合は?

6才未満はチャイルドシートの使用が義務

道路交通法では、自動車の運転者は幼児用補助装置を使用しない幼児を乗せて自動車を運転してはいけないということになっています。道路交通法第七十一条の三の二項で決められています。

つまり、6歳未満まではチャイルドシートを着けなければならないのです。事故などで衝突したときに幼児を守る安全確保のためや、遊んだり動き回ったりして運転の邪魔をしないようにチャイルドシートは義務づけられています。

幼児はまだ車について危ないことを理解していません。そのため、親がチャイルドシートを着けて大切な命を守り教えていくことが大切ですね。

しかし、疾病やその他政令で定める理由があるときは、チャイルドシートを着けることを免除される場合があります。

授乳やおむつ替えのときには使用義務が免除

運転する以外の人が、授乳やおむつ替えなどのお世話をするのにチャイルドシートからはずさなければならない場合は、チャイルドシートの使用義務が免除されます。ママは赤ちゃんの要求に応えられますね。

しかし、赤ちゃんもお世話するママも事故などでケガをしないようにできるだけ車を停止して行うようにしましょう。

赤ちゃんのお世話が完了したら、またチャイルドシートを着けましょう。嫌がるからといって着けていない場合は法律違反になりますので気を付けてくださいね。

チャイルドシートを嫌がっているとかわいそうだと感じるかもしれませんが、赤ちゃんの命には代えられません。事故はいつどこで起こるかわからないので、きちんとチャイルドシートを着けましょう。

運転者が運転しながら授乳するのは厳禁

ママが車を運転しているときに授乳するのは、非常に危険な行為です。道路交通法でも「運転する以外の人がお世話するときに免除」となっています。

運転中に授乳をすることは、赤ちゃんに気を取られて事故を引き起こす危険が高まります。さらに事故が起こると、チャイルドシートを着けていない赤ちゃんの命は危険にさらされてしまいます。

実際、運転中に授乳しようと考えるママはあまりいないかもしれませんが、抱っこ紐をして運転しているママはたまにいるようです。

いずれにせよ、運転中は厳禁です。ママの責任として、赤ちゃんの命を一番に考えて行動するようにしましょう。

そのほか、チャイルドシートの使用義務が果たせていないと免許の点数が1点引かれるので気を付けてくださいね。

チャイルドシートからはずすことの危険性

事故のときに赤ちゃんが危険にさらされる

赤ちゃんのお世話のためにチャイルドシートからはずすことが許されるといっても、そこには危険が潜んでいるということを認識しておいた方がよいでしょう。

2016年8月に宮城県仙台市の東北自動車道で衝突事故が起き、授乳中の生後5カ月の男の子が死亡するという悲しい事故がありました。

男の子を乗せたワゴン車が路外に逸脱してガードロープに接触し、その弾みで車線に戻ったところを後ろから進行してきた車と衝突しました。双方の車は横転し、男の子は車外に投げ出されて頭を強く打って亡くなりました。

同じような事件はほかでも起こっています。運転中にチャイルドシートからはずすことは危険であり、着用することは大切だということを心にとめておきましょう。

シートベルトの非着用はママにとっても危険

赤ちゃんが車内でよく機嫌を損ねて泣く原因に、持っていたおもちゃを落としてしまうことがあります。

ママが運転席や助手席に座っていると、後部座席で落とした赤ちゃんのおもちゃが取れないことがあり、赤ちゃんが泣き続けるので、ママはシートベルトをはずして取ろうとします。

もしそのときに事故が起こったらママはどうなるでしょうか。赤ちゃんを残して亡くなることはしたくありませんよね。

泣いていても運転中は我慢してもらいましょう。幼くても「運転中は危ないからもう少し待ってね」などと声をかけることを繰り返すと、成長に従って少しずつ理解するようになります。運転に支障がでそうなときは、一度どこかに車を停めて対応するようにしましょう。

チャイルドシートを嫌がる癖がついてしまう

チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんなどの幼児は多くみられます。乗せるたびにぐずられると、少しくらいいいかと思ってしまうかもしれませんが、乗せないと道路交通法違反になってしまいますので気を付けましょう。

チャイルドシートに慣れさせるコツは、とにかく赤ちゃんのうちから泣いても必ず乗せておくことです。初めは嫌がるかもしれませんが、そのうち慣れてきて嫌がらなくなりますよ。

泣くからといって1回でもいいかと思って抱っこなどしてしまうと、チャイルドシートを嫌がる癖がついてしまうことがあります。

ママは嫌がって泣く赤ちゃんにどうにかしてあげたいと思うかもしれませんが、大切な命を守るためです。初めが肝心なので根気よく乗せて見守ってくださいね。

赤ちゃんの安全を守るためのポイント!

お出かけ前に授乳しておくのがベスト

運転中、運転者以外のママは授乳をするときに赤ちゃんをチャイルドシートからはずすことができても、その間は危険と隣り合わせになります。運転者が気を付けていても、運転中は事故が起こらないとは限らないからです。

できればお出かけ前に授乳をしておくと慌てず安心ですよ。途中で赤ちゃんがお腹を空かせて泣かないかという心配もしなくて済みます。

また赤ちゃんが泣くと、運転者が運転に集中できなくなって事故を起こすということも考えられます。このように危険なことが多いので、お出かけ前に余裕を持って授乳しておくことをおすすめします。

長時間のお出かけの場合は、あらかじめどこで休憩して授乳するか決めておくとよいでしょう。

授乳は車を停車し安全なところで行う

車内で授乳をしなくてはならないときは、事故を防ぐためにもできるだけ車を停車し安全なところで行いましょう。移動に手間や時間がかかるかもしれませんが、この行為が赤ちゃんの命を守ります。

運転中に授乳でチャイルドシートからはずすのは、法律で許されるから大丈夫というわけではありません。上記でも述べましたが、実際に運転中に授乳していて事故が起きています。

事故が起きてから後悔しても遅いですよね。命は一度きりです。事故はなかなか起こるものではないと過信するところから事故の危険は高まるので気を付けましょう。

そして、ママはパパなどの運転者に理解を求めて、協力してもらいましょう。時間に余裕を持ってお出かけするとスムーズにいきますよ。

授乳以外の方法で赤ちゃんをなだめる手も

授乳以外で泣く赤ちゃんをなだめる方法も知っておくと便利です。例えば、車を停めて外に出してあげたりするだけでも気分転換になりますよ。

電車やバスなどの動くものや川の流れやお花など外にはいろいろな刺激がありますね。赤ちゃんの気がそれて機嫌が直ることが多いです。

車には赤ちゃんのお気に入りのおもちゃをいくつか用意しておくのもよいでしょう。いざとなったら出してあげるとしばらくは遊んでくれます。

そのほか、絵本やDVDを一緒に見たりするのも一つの方法です。ママが声をかけると赤ちゃんは安心するので、なるべく意識して声をかけましょう。

またお出かけする前には体調を確認し、機嫌のよい時間帯を選ぶことも大切ですよ。

まとめ

道路交通法では、6歳未満の幼児はチャイルドシートを着用することが義務づけられています。また運転者以外のママは、授乳などのお世話でチャイルドシートから赤ちゃんを外すことが認められています。

しかし、実際は授乳中の赤ちゃんが亡くなる事故もあり、チャイルドシート無しでは危険なことが分かります。

できるだけ、お出かけ前に授乳しておいた方が安心安全です。やむを得ない場合以外はなるべく車を停めて安全なところで授乳を行うようにし、大切な赤ちゃんの命を守りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018