就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の体力づくりが大切って本当?運動能力をのばす方法

幼児期の体力づくりが大切って本当?運動能力をのばす方法

いま、子どもの体力低下が社会問題となっています。その改善のためにも、幼児期の運動は大切です。現代の子どもの運動不足の原因を知り、どのように運動能力をのばしていけばよいのかを、考えていきたいと思います。年齢別におすすめの運動遊びもご紹介していきます。

子どもの体力低下と運動不足の現状

子どもの体力低下の現状

最近、子どもの体力低下が社会問題となっているのをご存知でしょうか。文部科学省の実施している体力テストによると、30年前と現代の子どもで比較した場合、ほとんどの項目で、現代の子どものほうが体力が低下しているという結果が出ているそうです。

一方身長や体重は、30年前よりも増加しているので、肥満なども含め、深刻な現状です。また、スキップができない、靴ひもが結べないなど、体を自由に操作する能力も低下しているそうです。

子どもの体力が低下しているということは、将来的には国民全体の体力が低下することになります。そして、ストレスや病気への抵抗力が弱くなる、生活習慣病になりやすいなどの問題も発生し、社会全体の活力の低下にも繋がってしまうのです。

子どもの運動不足の原因

なぜこのように子どもの体力低下が進んでいるのかというと、一番の問題は運動不足です。

現代の子どもが運動不足になっている原因には、外で遊ぶことが少なくなったという現状があります。遊ぶ場所や、仲間、時間などが少なくなっていることが、大きく関係していると思います。

昔に比べて兄弟も減っていますし、ゲームやインターネットの普及により、家の中で遊ぶ機会が増えましたよね。危険な遊びや、汚れる遊びをさせたくないと思う親も多くなっています。

また生活が便利になったことで、生活の中で日常的に体を動かす機会も減っています。車の普及などにより、どこでも車で行けるので、なかなか体を動かす機会がないのが現状なのです。

幼児期の体力づくりが大切なわけ

幼児期は、ゴールデンエイジと呼ばれる、体の基礎をつくる時期にさしかかります。遊びやスポーツのなかで色々な経験をし、基本的な運動動作を覚えていく時期なのです。

基本的な動きを覚えることは、小学生以降での活動にも大きく関わってきます。みんなができることができなかったりすると、やる気の低下にも繋がってしまいますよね。

また体力がない子は、疲れやすかったり、怪我をしやすかったりもします。肥満にもなりやすく、生活習慣病なども心配になってきます。

このように、幼児期に体を動かして体力づくりをすることは、これからの人生を健康にいきいきと過ごしていくためにも、大切なことなのです。ぜひ子どもが元気に体を動かせる時間をつくりたいですね。

体力アップするための幼児期の生活

バランスの良い食事で体をつくろう

人の体は、食べ物でできています。成長に合った食事をすることで、体力や運動能力もアップします。

この時期にエネルギー不足になると、成長にも影響しますし、いくら運動をしても筋力がつきません。激しい運動をしている場合などは、特にエネルギー不足になりやすいので、しっかり栄養をとるようにしましょう。

栄養をとるといっても、どんなことに気をつけたらいいの?と思うかもしれませんね。

主食(米、小麦粉製品などのエネルギー源)
主菜(肉、魚などのたんぱく質のメイン料理)
副菜(野菜中心のおかず)

これらを毎食とりいれるのが理想的です。この通りではなくても、エネルギー源、たんぱく質、野菜をバランスよく食事できていれば大丈夫です。

しっかり歩いて基礎体力をつけよう

現代は車の普及などにより、とても便利で快適に移動できますよね。ところが、車に頼ることで、極端に歩く機会が少なくなっているというのも、体力低下の原因のひとつなのです。

歩くということは、基礎体力アップに欠かせません。また歩くことで、体のバランスや運動能力も、鍛えられていくのです。

そして、歩けばお腹もすくので、しっかりと食べて栄養をとることができますし、疲れるので質の良い睡眠もとれます。このように、歩くということは、体力や運動能力はもちろん、成長にもとても大切なことなのですね。

どうしても運動不足になりやすい今の世の中です。ぜひ積極的に、子どもと散歩をしたり公園を散策するなど、歩く機会をつくってみましょう。

外で遊ぶ習慣をつけよう

「幼児期に外遊びをたくさんしている子どもは、小学生以降も体力がある」という結果が、スポーツ庁から発表されているそうです。幼児期に体を動かすことは、小学生になってからの運動やスポーツの習慣にも繋がっているのではないか、とみているようです。

外遊びをすると、自然と行動範囲も広がるので、たくさん体を動かしますよね。歩く、走る、跳ねるなど、基本的な体の動きも覚えていきます。

遊具で遊んだりするなかで、体のバランス感覚なども養われます。幼児期に体力をしっかりとつけるためにも、外遊びはとても有効なのですね。

幼児期のうちに外遊びを習慣化して、たっぷり遊んでたくさん動いて、しっかりと体力をつけていきたいですね。

親子でやってみよう!運動能力をのばす遊び

0〜2歳におすすめの運動遊び

次は、親子で簡単にできる運動遊びをご紹介していきます。まずは0~2歳児におすすめの遊びです。

まず子どもを抱っこして横になり、そのままコロコロと左右に揺れてみましょう。首がすわり始めたくらいから、子どもの首をしっかり支えればできる遊びです。

子どもは、ぎゅっと抱きしめてもらうのが大好きです。寝る前のスキンシップなどにもよさそうですね。

ずりばいやはいはいができるようになると、子どもと目線を合わせて遊んでみましょう。親が四つんばいになって、その下を子どもがくぐり、トンネル遊びができるようになります。

たくさん動けるようになってくると、少し離れてトンネルをつくったり、一緒にはいはいしたりして、運動量を増やしていきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC