就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児に忙しいママにご褒美を。日々の疲れを癒すご褒美とは?

育児に忙しいママにご褒美を。日々の疲れを癒すご褒美とは?

毎日子育てに大忙しで、休むひまもないママ。かわいいわが子のためとはいえ、ときにはちょっと息抜きをしたくなるときもありますよね。育児を頑張るためのモチベーションを維持するためにも、ちょっとしたご褒美がときには必要です。そこで今回は、忙しい毎日を過ごすママにおすすめのご褒美をご紹介していきます。

ママのおうちでできるプチ贅沢なご褒美

入浴剤でゆっくりお風呂タイム

小さい子がいるママの毎日は大忙しですよね。食事の準備や掃除、洗濯などの家事だけでなく、授乳やおむつ替え、お風呂や寝かしつけまで、すべての育児をママ1人でしているという「ワンオペ育児」の方も少なくないでしょう。

真面目なママほど「ママなんだからしっかりやらなくちゃ」とつい頑張りすぎてしまい、周りにうまく頼れずに疲弊してしまうケースが多々あります。ママ自身が気持ちに余裕をもち、楽しみながら育児をするためにも、適度な息抜きは必要ですよね。

普段はお風呂にゆっくり入れないというママでも、パパにお願いできるときには好きな香りの入浴剤を入れてゆっくりお風呂につかりましょう。音楽を聴いたり読書をしたりしながら好みの香りに包まれているとリラックスできますよね。

疲れた肌にもご褒美。フェイスパックで休息

子どもと一緒にお風呂に入ったあとのママは、自分の体をふくのもそこそこに、おむつをはかせたり服を着せたりと大忙しですよね。どうしても自身のスキンケアは後回しになりがちです。

「子どもがいると自分のことは二の次で、出産前のようにスキンケアに時間を割くこともままならない」というママは多いとは思います。それでもやはりママになったとしても、いつまでもきれいでかわいくいたいもの。

なかなかエステなどに通うことが難しいという方でもおうちでのプチ贅沢を取り入れやすいのが、少し高級なブランドのフェイスパックなどの美容グッズです。育児や家事を頑張るママ自身の疲れた肌にも、たまにはご褒美をあげていたわってあげましょう。

子どもが寝てからゆっくり映画やドラマ鑑賞

新生児のころは昼夜を問わずお世話が必要だった赤ちゃんも、生後4カ月ごろからは次第に生活リズムが整い、夜にまとまって寝てくれるようになりますよね。なかには夜泣きがひどい赤ちゃんもいますが、成長とともに落ち着き、ママにも1人時間を楽しむ余裕が出てきます。

子どもが起きている間は子ども向けの番組以外はテレビをつけないようにしているママも、子どもが寝てしまったときには録画しておいた自分の好きな映画やドラマを鑑賞してみるとよい気分転換になりますよ。

美顔ローラーをしたり、ハーブティーを飲んだり、アロマオイルの香りを楽しんだりしながら鑑賞すると、よりリラックス効果が高まります。たまにはパパと一緒に思い出の映画を見直してみるのもよいですね。

たまにはちょっと贅沢に。ママのご褒美外出

サロンできれいになって、リフレッシュ

子育ては楽しいときもあるけれど、つらいときやイライラするときもたくさんありますよね。鏡に映った疲れ果てた自分の顔を見て驚くこともあるでしょう。

おうちでリフレッシュする方法もたくさんありますが、ときには子どもと離れてリフレッシュすることも大切なこと。パパや周りの家族、ファミリーサポートや一時保育などにお願いできるときには、疲れた自身の身体を磨きなおしてきれいを取り戻すためにもサロンに出かけてみるとよいですよ。

お子さんを預ける先がない場合でも、託児ルームやキッズスペース付きのネイルサロンや美容室はたくさんありますので、たまにはご自身にご褒美をあげるためにも利用してみてください。サロンでリフレッシュすることで、また笑顔で子育てができますよ。

ゆっくりショッピングで、自分のご褒美選び

「家族が笑顔で過ごせるように」「毎日子どもが健康でいられるように」と自分のことはそこそこに、家族のことを優先しがちなママにも、ときには休息が必要ですよね。

ママのストレス発散にはやはり1人でのショッピングがおすすめです。子どもを連れて買い物に出かけるとゆっくりできませんし、つい子どもの好きなものや子ども服にばかり目がいってしまいます。子どもが生まれる前と比べ、自身のおしゃれに気を使わなくなった、自分のものにお金をかけなくなったというママも多いはず。

ときにはパパに子どもを預かってもらい、心ときめくようなお気に入りの服を探してみてはいかがでしょうか。子連れでは入りにくいおしゃれなお店に行くだけでも、十分なリフレッシュになりますよ。

友達との楽しい時間を過ごす食事会

食事の時間、ママは自分の食事もそこそこに、子どもに食べさせたり、食事に飽きて歩き回る子どもの相手をしたりと大忙し。たまにはゆっくり話をしながら食事をしたい、自分の手料理ではないものが食べたい、という気持ちになることもありますよね。

そんなときには、同じく子育ての悩みやストレスを抱えるママ友同士でのランチ会がおすすめです。子育てに関する悩みを相談したり、愚痴を聞いてもらったりすることで、互いに気持ちがスッキリしますよ。

キッズスペース付きの親子カフェ、個室や座敷のある和食レストラン、カラオケなどを利用してランチ会をし、エネルギーを充電してまた明日からの育児へのモチベーションを高めてください。

パパから育児に頑張るママへのご褒美

いつもの頑張りのお礼にプレゼントを

クリスマスや誕生日などのイベントのときとは別に、育児を頑張っていることへのご褒美として、パパからプレゼントをもらえるのも嬉しいものですよね。自分で好みのものを用意することもよいですが、ときにはサプライズがもらえると日々の育児へのモチベーションが高まることでしょう。

エステのチケット、美顔器やマッサージ器などの美容グッズ、ロボット掃除機や時短料理のための家電など、ママがほしいと思っているものをあらかじめリサーチしてプレゼントしてもらえるとよいですよね。授乳中のママであれば、糖質を控えたスイーツやカフェインレスの飲み物などもうれしいでしょう。

「いつもありがとう」という感謝の気持ちを込めて、パパからママにプレゼントを贈ってもらいましょう。

たまには2人きりでデートで楽しんで

子育ては毎日が大忙し。寝かしつけをしているうちにママもそのまま夢の中にいってしまうことも多々あるでしょう。「帰宅の遅いパパとゆっくり話す時間もない」「毎日のちょっとしたできごとや、子育ての悩みをパパに聞いてほしいけれど、最近コミュニケーション不足だ」と不満を抱えているママは多いものです。

家族でのお出かけも大切ですが、ときにはパパと2人だけのデートも楽しみたいですよね。「どんな服を着ていこうかな」「たまにはオシャレもしたいな」と、デートに向けた準備もまた楽しい時間となります。

実家にあずけたり一時保育を利用したりする手間はかかりますが、たまには2人きりでのお出かけを楽しむこともよいものですよ。

パパが育児をしてママに自分の時間を贈る

「たまにはショッピングをしたい」「旅行に行きたい」という願いもあるかもしれませんが、子育てに忙しいママが何よりもほしいのは「自分だけのゆっくりできる時間」かもしれません。

子どものイヤイヤ、家事、掃除、夜泣きなどでママは常にクタクタです。子どもをおんぶをしながらご飯をかきこむことも珍しくないでしょう。小さい子どもを育てていれば、ママ自身が自分のために費やせる時間は皆無に等しいですよね。

パパから何かプレゼントをもらえるのであれば、お金をかけて何かを購入してもらうよりも、子どもと公園などに出かけてもらって1人時間をプレゼントしてほしいこともあるでしょう。そのためには日頃からパパに積極的に育児に参加してもらい、たまには育児を代わってもらいましょう。

まとめ

育児、家事、仕事と24時間365日体制でがんばっているママ。家族の笑顔のためにがんばることも大切ですが、ときには自分のがんばりを褒めて自身の身体をいたわるためにも、定期的にご褒美タイムを設けることも大切ですよね。

自分へのご褒美は、笑顔で子育てをしていくための育児中の楽しみの一つです。ぜひ記事を参考にご褒美を吟味していただき、周りの方々の協力も得ながら、ご自分のモチベーションを上げられるようにご褒美タイムを設けてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018