就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが喜ぶ冬の歌!季節の歌で寒い冬に親子で一緒に楽しく歌おう

子どもが喜ぶ冬の歌!季節の歌で寒い冬に親子で一緒に楽しく歌おう

子どもにとって「歌」は、楽しい遊びの一つです。さらに歌は楽しいだけではなく、気分を盛り上げたり落ち着かせたり慰めたりすることもでき、子どもの成長に欠かせないものといえるでしょう。今回は、これからの寒い冬に親子で一緒に楽しく歌える歌を紹介します。親子で歌えば、心も体もぽかぽか温まりますよ。

子どもと一緒に歌える冬におすすめの歌

簡単な歌詞で覚えやすい、幼児向けの冬の歌

歌は、赤ちゃんから大人まで年齢問わず楽しめるものです。冬の歌の中でも、簡単な歌詞の歌であれば小さな子どもでも覚えやすく、気に入ってくれることでしょう。

たとえば、「コンコンクシャンのうた」はいかがでしょうか。リスやツルやブタなど、様々な動物が自分に合ったマスクをする歌です。最後のフレーズ「コンコンコンコン クシャン」で、くしゃみをする真似を一緒にして楽しむことができますよ。

また、冬の寒い北風を感じることができる歌「北風小僧の寒太郎」もおすすめです。これらの歌は、同じフレーズのくり返しが多く、子どもでも覚えやすくなっています。まだ上手に歌えない小さな子どもは、北風の音やくしゃみの音を真似するだけでも楽しいですよ。

ママも懐かしい雪に関連した童謡や歌

古くから親しまれ、世代を超えて受け継がれてきた冬の歌も多くあります。ここでは、ママも懐かしくなる、雪に関連した童謡や歌を紹介します。

冬の雪の歌といえば「ゆ~きやこんこん」で始まる「雪」ですよね。だれもが口ずさむことができる冬の歌の一つです。ほかにも、雪が辺りを白く染める様子をペンキ屋さんにたとえた「雪のペンキ屋さん」、「いとまきのうた」と同じメロディで歌われる日本の童謡「雪のこぼうず」なども、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

また、歌詞が低年齢層向けに作られている「粉雪こんこ」もあります。粉雪が手や頭にちらちら舞い落ちる様子が、可愛らしく表現されています。ママが小さい頃に歌った歌を、子どもに受け継いでいけると素敵ですね。

冬の景色や生き物が出てくる歌

澄んだ空気に真っ白な雪、冬の景色はとても美しいものです。歌を通して、子どもにも日本の美しい冬景色や、その中で生きる動物たちを身近に感じてもらえるとよいですね。

たとえば、「冬景色」という歌があります。日本の歌百選に選出され、文部省唱歌にもなっている歴史ある歌です。水辺の朝、田園の昼、里の夕方など日本の美しい冬景色がしっとりと歌われています。

「たきび」という歌では、今では見かけることが少なくなった焚火を通して、昔ながらの日本の冬の風景を感じることができるでしょう。また、かわいい子ギツネが出てくる「こぎつね」もおすすめです。晩秋から冬にかけての歌で、巣穴にこもるかわいい子ギツネの様子が歌われています。

冬の楽しみ、クリスマスやお正月などの歌

年に一度の嬉しい日、クリスマスの歌

子どもにとって「クリスマス」「お正月」は冬の楽しみの一つです。そんな楽しい行事を盛り上げてくれる、ぴったりの歌がありますよ。まずは、子どもが大好きクリスマスソングを紹介します。

誰もが聞いたことがある定番の歌では「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」「赤鼻のトナカイ」「サンタが街にやってくる」「きよしこのよる」「もろびとこぞりて」などがあります。

定番以外にも、かわいいウサギが出てくる「うさぎのはらのクリスマス」、羊飼いやウサギ、クマや雪だるまが出てくる「クリスマスのうたがきこえてくるよ」、子どもに人気のしまじろうのクリスマスソング「ハッピー・ラッキー・クリスマス」などもあります。お気に入りを見つけてみましょう。

待ち遠しいお正月に関係のある歌

新しい一年をスタートするお正月。次は、そんなお正月にぴったりの歌を紹介します。

年末からあちらこちらで耳にする「お正月」のほかにも、「一月一日」「十二支の歌」なども有名です。また、お正月遊びの凧あげを歌った「たこのうた」もお正月らしくてよいですよ。さらに、餅つきを歌った歌はたくさんあります。「もちつき」「おもちつき」「お正月のおもちつき」「正月さんのもちつき」などなど。どれも餅をぺったんぺったんつく様子が歌われています。

お正月からの流れで、1月7日に食べる七草がゆを歌った『七草の歌』も合わせて伝えてみるものよいでしょう。お正月の歌は、日本の文化を子どもに伝えることができるものです。ぜひ親子で楽しんでみましょう。

節分の豆まきや鬼に関係のある歌

冬最後のイベントとして、冬と春の節目に行われる「豆まき」も忘れてはいけませんね。節分の豆まきや、鬼に関係のある歌もたくさんあります。怖い鬼も歌にすることで、子どもでも親しみやすくなることでしょう。

まず、節分の歌といえば「まめまき」です。「ぱらっぱらっ」と豆をまき、鬼は外福は内をシンプルに歌っていて、豆まきが子どもに伝わりやすい歌となっています。

また、鬼の歌といえば「鬼のパンツ」があります。ほかにも、タンゴの独特のリズムに合わせて鬼が踊る「赤鬼と青鬼のタンゴ」も鬼が主役の歌です。「ピーヒャララ」や「ドンドコショ」など面白い擬音語が出てきて楽しめますよ。これらの歌を通して、節分が待ち遠しくなるとよいですね。

歌うほかにも英語の歌詞や手遊びにも挑戦!

子どもが楽しい、冬にちなんだ手遊び歌

次は、英語の歌詞や手遊び歌にも挑戦してみましょう!まずは、手遊び歌を紹介します。

くすぐり手遊び歌として「冬の妖精 ティコティン」という楽しい歌がありますよ。始めに「くすぐる人」と「くすぐられる人」を決めましょう。くすぐる人は、歌を歌いながら相手に好きなポーズをとらせて固めていきます。そして、サビの「ティコティコ」の部分で固まっている人をくすぐりましょう。

くすぐられている人は、固まったまま我慢してくださいね。最後の歌詞「あ、とけた」で、固まっているポーズがとけて終了です。くすぐる人とくすぐられる人を交換しながら行ってみましょう。ポーズが取れない小さな子どもには、ママが歌いながらくすぐるだけでもとても楽しい遊びになりますよ。
28 件

関連記事

ピックアップ記事