就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アウトドアで幼児用帽子をかぶろう!スタイルや特徴、選ぶポイント

アウトドアで幼児用帽子をかぶろう!スタイルや特徴、選ぶポイント

「アウトドア派なのでこれからたくさんお出かけしたいけれど、どんな帽子を選べばいいのかな?」「季節ごとに帽子って変えたほうがいいのかな?」などと悩むママも多いはず。ここでは、そんな疑問を解決するためにアウトドアで役に立つ帽子の特徴や選び方について紹介していきます。

アウトドアで使いたい幼児用帽子の特徴

麦わらやバケットなどのハットタイプ

アウトドアで使うならばハットタイプの帽子がおすすめです。ハットタイプの帽子は360度全ての方向につばがついているので、どの方向から陽射しを浴びても直接顔に当たりにくいという特長があります。

昔からある麦わら帽子がハットタイプの代表例といえるでしょう。最近は麦わら帽子のほかにも、サイドについたボタンを利用してテンガロンハット風にできる「サファリハット」、バケツをひっくり返したような形をした「バケット」という種類の帽子も販売されています。

つばが広ければ広いほど陽射しに当たることが少なくなり、紫外線対策として活用できますよ。帽子を選ぶときには実際に被ってみて、つばの広さを確認するようにしましょうね。

防寒対策として一つは持ちたいニット帽

寒い冬におすすめの帽子はニット帽です。その名の通りニットで作られていて、先ほどのハットタイプとは違ってつばはなく、防寒性に優れていることが特長です。寒い冬は体だけでなく、頭も冷えてしまうことがありますが、そんなときはニット帽が活躍しますよ。

子ども向けのニット帽には耳まで隠れているデザインも多く、冷たい風が吹いても耳が冷えることはありません。子どもの敏感な肌が荒れてしまう心配も減るでしょう。

シンプルな無地のニット帽から頭のてっぺんにリボンなどの飾りがついているもの、かぶるとぬいぐるみのようになるデザインのものなど、子どもらしくて可愛いデザインも多いです。ママとお揃いで被ることもできますので、防寒対策として持っておきたいアイテムですね。

さっとかぶりやすいキャップ帽

月齢に関係なくさっとかぶりやすいのは、キャップ帽です。赤ちゃん向けにゴムがついていて風で飛ばないようになっているものや、スポーツブランドが販売しているお洒落なものまであり、デザインや機能性が豊富です。

つばがついているので簡単に日よけができ、公園や外遊びのときにもかぶりやすいでしょう。赤ちゃん用のキャップは伸縮性があるものが多いですが、ぴったりすぎると赤ちゃんも不快に感じますので、少しゆとりがあるものを選ぶようにしましょうね。

また季節によって使い分ける場合には、春夏にはメッシュタイプがおすすめです。裏地がメッシュ素材になっているので通気性がよく、汗をかいても涼しくかぶることができますよ。秋冬は、保温性の高いフェルトやニットタイプがおすすめです。

アウトドアにぴったりな幼児用帽子3選

サファリ柄「ポウアワレイクバケット」

これはアウトドアブランドのColumbiaが販売しているバケットタイプの帽子です。カラーは3種類あり、どれもサファリ柄です。サイズはワンサイズで約51~54cmですが、帽子の後ろ側に紐がついているので、少しであれば調節可能です。

アウトドアブランドが出しているだけあって機能性にも優れているのが特徴です。撥水・防水加工ですので少量の雨ならば水をはじいてくれます。また蓄熱保温性の生地で作られているので、秋冬でもあったかく着用することができますよ。

また、つばの長さは約5cmですので、紫外線対策としてかぶることもできますよ。機能性に優れていて、重さも軽いので子どもが長時間かぶっても疲れにくくなっているのも魅力的ですね。

虫除け対策「モスキーヒのたれ付きハット」

これは「殺虫剤を使用しない身体にやさしい機能」を掲げている、モスキーヒが販売しているバケットタイプの帽子です。カラーは9種類、サイズはS~LLの4種類です。

帽子自体に虫が嫌がる成分が含まれていて、かぶるだけで虫よけ効果があります。この成分は忌避剤といって殺虫剤の成分とは違っているので、人体への影響が少ないといわれています。赤ちゃんの体にも影響を与えない成分なので、ママも安心してかぶらせることができますね。

またUVカット加工だけでなく、つばの中にたれが収納されていますので、陽射しの強い日でもしっかりと首の日焼け対策をすることができます。虫よけ対策と日焼け対策ができるので、真夏の森林公園や川遊びでも活躍するでしょう。

軽量素材「キッズ・ビーニー・ハット」

これはアウトドアブランドのpatagoniaが販売しているニット帽です。カラーは6種類、サイズはSとMの2種類です。ノルディック柄ですので、シンプルな服装でコーディネートしてもお洒落に見えますよ。

またニットだとチクチクして赤ちゃんが嫌がらないか心配になるママもいるかと思いますが、ナイロンとウールの混紡素材が使われているので、かゆくなりにくいです。おでこや耳に触れる部分など帽子の内側にはフリース素材のヘッドバンドがついているので、心地よくかぶることができますよ。

また軽量で保温性に富んでいるので、ヘルメットの下やフードの中にかぶることもできますよ。寒い冬であっても、フードの中にこのニット帽をかぶっていれば、頭が冷える心配もありませんよ。

アウトドアで幼児用帽子を選ぶポイント

帽子の素材に注目して選ぶ

子ども用の帽子を購入するときのポイントは、素材に注目して選ぶことです。夏であればメッシュなどの通気性のよい素材、冬であればニットやフリースなど保温性の高い素材など季節に合わせて選ぶとよいでしょう。

アウトドアで一番気になるのは日焼けですよね。紫外線対策のためにUVカット加工の生地を選ぶとよいでしょう。つばの後ろ部分にたれがついているものであれば、首の日焼け対策としても効果がありますよ。

またアウトドア用の帽子はたいてい撥水性が高いので、急に雨が降ってきても帽子がびしょびしょに濡れる心配もありません。天気が変わりやすい山や森林公園などにお出かけするときはもちろん、水遊びや川遊びなどでも活躍するでしょう。

使う場面をイメージし、目的や用途で選ぶ

帽子といっても色々な種類がありますので、アウトドア用であればつばの広いハット、暑さ対策ならばメッシュ素材など、季節や目的に合わせて帽子を使い分けましょう。

紫外線が強い春夏の時期は、サンシェードつきの帽子などUVカット加工の帽子がおすすめです。この時期は頭にも汗をかきやすいので、通気性がよく洗濯できるものがあると便利です。夏といえば麦わら帽子のイメージがありますが、洗濯すると型崩れを起こすことがあるので注意が必要です。

秋冬はフェルト素材の帽子やニット帽がおすすめです。秋の始まりなどはハンチングやベレー帽などでコーディネートを楽しんでみてはどうでしょうか。本格的に寒くなれば、耳あてつきのニット帽など防寒性の高いものがあると便利ですよ。

帽子のデザインで選ぶ

帽子の機能性を重視することも大切ですが、子どもがかぶりたくなるようなデザインを見つけることも忘れてはなりません。

大人っぽいコーディネートが好きならばシンプルな帽子、可愛いものが好きならば動物の耳や可愛い絵柄が描いているものなど、子どもの好みに合わせて選んであげましょう。

また気にいるデザインが見つからなければ、子どもやママの好みに合わせて手作りすることもできますよ。どんぐり帽子やチューリップハットなどは毛糸で簡単にできるので、作ってみてはどうでしょうか。

他にも、最近はアーティストのオリジナルキャップや親子で同じ帽子をかぶるリンクコーデなども流行しています。お洒落の一部として、親子で楽しみながら帽子を選んでくださいね。

まとめ

帽子にはたくさんの種類があり、目的や用途に合わせて選ぶことができます。アウトドア用の帽子を選ぶときには、虫よけ対策用や日よけ対策用、防寒用などがおすすめです。

長時間陽射しを浴びていると熱中症になることがありますので、日よけ対策用になるべくつばの広い帽子を選びましょう。また冬用であれば保温性の高いニット帽がよいでしょう。

もちろん機能性も大切ですが、好みのデザインで選ぶとお洒落も楽しめますよ。アウトドア用の帽子に迷ったら、この記事を参考にしていただければ嬉しいです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018