就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目出産の里帰りはいつまで?期間を決めるポイントを解説!

2人目出産の里帰りはいつまで?期間を決めるポイントを解説!

2人目の出産となると、1人目のときとはまたちがった状況になりますね。里帰り出産のメリットは、慣れ親しんだ実家で過ごすことでママの精神的・肉体的負担を減らせることですが、ここで気にかかるのは里帰り中の上の子やパパとの過ごし方についてです。今回は2人目出産の里帰りについて詳しくお話をしていきます。

【年齢別】2人目出産の里帰りはいつまで?

上の子0~1歳、年子の場合

年子の育児というと「とにかく大変そう」というイメージがありますね。上の子は「幼児」というよりは「ほぼ赤ちゃん」であり、そこに新生児の下の子のお世話も加わるため、実際にママ1人だけでは精神的にも体力的にもかなりきついと思われます。

里帰りでは下の子もですが、まだ手のかかる上の子のお世話もフォローしてもらえるという利点もあります。里帰りができるようでしたら、両親にサポートをお願いしておきましょう。

期間は人によって様々ですが、3カ月~半年ほどの方が多いようです。半年と聞くと少し長く感じますが、下の子の夜泣きなどが落ち着き始めママ自身の体調も回復して無理なく元の生活に戻れるようになるまでは、お世話になってもよいでしょう。

上の子1~2歳、2歳差の場合

上の子が1~2歳ですと、ちょうどイヤイヤ期に入り一筋縄ではいかなくなってきます。まだまだ赤ちゃんっぽさが残る年齢とはいえ、きょうだいが生まれてママが自分1人だけのママではなくなってしまうことを、何となく分かっているようにも思えますね。

里帰り期間としては年子きょうだいよりは短く、1カ月間から長くて3カ月ほど滞在するパターンが多いようです。ここでもやはり元の生活へ戻れるよう体調などが整うまでは滞在したほうがよいでしょう。

上の子はさみしさもあり、ママに対しての執着やイヤイヤのわがままもパワーアップする時期です。体力も有り余っているので、ここは里帰りを利用しておじいちゃん・おばあちゃんに相手をしてもらえるとありがたいですね。

上の子と3歳以上年の差の場合

上の子が3歳以上の年齢となると幼稚園に通っている場合が一般的かと思います。その場合悩みどころは「幼稚園をわざわざ休ませて実家に一緒に帰るか」という点ですね。とくにお子さんが幼稚園が大好きだと、長期間休ませるのも少しかわいそうです。

実際に上の子がこのくらいの年齢となると、里帰りをせずに出産に臨むママが多いようです。里帰りをする手間を選ぶよりは、上の子をそのまま幼稚園へ通わせながら家事代行やファミリーサポートなどを利用し乗り切るような形となります。

もし里帰りをする場合は、2週間ほどの短期間で済ませることが多いようですね。幼稚園を休ませることについては、先生や上の子自身の希望もよく聞いて休みの長さを判断しましょう。

実家までの距離によって里帰り期間は違う?

同じ都道府県内、近所の場合

実家がすぐ近所にあるような場合、里帰りは必要なのでしょうか。答えはまさにそれぞれのご家庭の数だけあるのですが、ここでは里帰りをする前提でお話をします。

里帰りというのは、ただ実家に帰るというだけではなく「産後の休養」が一番の目的となります。もちろん、里帰りをせずに出産と育児をこなせるママもいらっしゃるとは思いますが、帰れる実家があり受け入れてくれるご両親がいる場合は、たとえ近距離でも里帰りをする意味はあるといえるでしょう。

里帰り期間は、すぐに向かえる距離ということでしたら2週間から1カ月ほどが多いようですね。自宅に戻っても何かあれば実母に来てもらうなど実家のサポートが期待できるので、比較的短めとなるようです。

車で2~3時間の場合

実家までの距離が車移動で2~3時間ほどの場合、里帰り期間はどのくらいになるのでしょうか。この場合もご家庭によりちがいはありますが、だいたい1カ月ほどが多いようですね。

ここで考えなければいけないポイントは、車での行き帰りがママと赤ちゃんの負担にならないようにしなければいけないという点です。

里帰り期間を早めに切り上げたいと思っていても、期間が短すぎるとそれだけ赤ちゃんや産後のママの身体も安定していないため、車内で移動時間を過ごすことが大変になってしまいます。

車での移動は揺れなどで思っているより身体に負担がかかることもあるので、赤ちゃん・ママともに体調のよいタイミングで自宅へ戻れるように考えて実家で過ごしましょう。

飛行機での移動が必要な場合

同じく飛行機での移動が必要な距離でも、移動時間に対する負担を考えて里帰りの期間を決める必要があります。ただし同じ飛行機でも、たとえば搭乗時間がほんの数時間か7時間超えの長時間かによって、里帰りの期間も考慮しなければいけません。

飛行機は車とはちがった負担が多くなります。揺れはもちろんのこと、気圧の変化で赤ちゃんが耳を痛めて泣きだしてしまったり、ほかの乗客へも気を遣ってしまったりといったことが考えられます。そういった意味では、近距離や車移動の距離の里帰り先よりさらに期間を設けた方が安心できますね。

長距離を赤ちゃん連れで移動するのでしたら、首がしっかりとすわり赤ちゃんが安定するまで滞在するという選択もよいかもしれません。

里帰り中の家族のストレスを回避するために

上の子のケアはどうする?

2人目の出産で気になるのは、やはり上の子の心のケアです。とくに年齢がまだ幼い場合、ママの存在はその子のすべてといってよいほど重要なものです。

ママ自身も周りの大人たちもつい、もうすぐ誕生する赤ちゃんの方へ気が向いてしまいがちですが、これからお兄ちゃん・お姉ちゃんとなる上の子へ意識を向けることが大切です。上の子自身が「自分は愛されている」と安心できれば、自然と下の子との関係も安定します。

里帰りでは上の子は普段とはちがう場所や人と過ごすこととなり、出産で入院となればしばらくは大好きなママと離ればなれです。上の子の心的ストレスを減らすためにも、出産前から里帰り先の場所・人との関わりを多くし慣れさせてあげられるとよいですね。

パパは立ち会う?家のことできる?

里帰り中はママと上の子はしばらく実家に滞在することとなりますが、パパは仕事や通勤の都合などもあり1人で家に残ることとなります。出産の際に立ち会いができるのか、パパ1人で家のことは大丈夫なのかが気になるところですね。

里帰り先の病院で出産の場合パパをどのタイミングで呼ぶかですが、立ち会いを希望しているのでしたら陣痛が始まってからがベターかと思います。ただし出産はなかなか予定どおりとはいかないので、実家まで距離がある場合は万が一間に合わないことも考慮した方がよいでしょう。

パパ1人での生活のために、作りおきのおかずやレトルトを用意したり、外食やクリーニングのためのお金を余分に渡しておいたりと事前にできることを準備しておくと安心です。

実家のルールや生活リズムも確認

ママの負担を少しでも軽減するための里帰り出産ですが、思いもよらぬストレスを抱えてしまう場合もあります。

慣れ親しんだ実家があり両親がそばにいてくれるということはとてもありがたく安心できることですが、実家を離れて新しい家族と生活を築いていると主体は自然と新しい家族へと移ります。そうなると、今までは居心地のよかった実家の生活とのズレが生じてしまいます。

同じ屋根の下で気持ちよく生活するとなれば、血の繋がった親子とはいえお互いの気遣いが大切になりますね。新しい生活に慣れてしまっていると、両親の生活リズムに合わせることは大変かもしれませんが、お世話になる以上は実家でのルールや生活時間をきちんと意識するようにしましょう。

まとめ

今回は里帰りの期間について、上の子の年齢や実家との距離など様々なケースを通してご紹介をしてきましたが、実際にどのくらいの期間となるかはまさに人それぞれです。

おそらく、この記事を読んで「長期間親に甘えすぎている」「こんなにパパと離れていていいの?」と考える方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、そのような考えもあってよいのです。

ママや赤ちゃんの体調、上の子やパパの気持ち、ご両親の考えなど、様々な意見を考慮したうえで最善の里帰り期間を導き出してくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj