就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て上手なママになろう!子どもへの接し方や注意したいこと

子育て上手なママになろう!子どもへの接し方や注意したいこと

「子育て上手なママ」って、どんな人のことをいうのでしょうか?確かに、何も特別なことをしているようには見えないのだけれど、子どもがとても素直で、のびのびと育っている家庭を見かけることがあります。そんな「子育て上手なママ」になるためのコツや、日々の育児のストレスを解消する方法などを調べていきます。

子育て上手なママの特徴を知ろう

子どものことを知ろうとしている

子育て上手なママの特徴は、子どものことをよく知ろうとしているところです。子どもの行動をよく見ていると、理由が分かります。理由が分かれば、子どもに寄り添えるようになりますよ。

そのために、まず子どもを観察することです。子どもの様子をよく見てみましょう。誰と、何をしようとしているのか、なぜそうしようとしているのか、最終的にはどうしたいのかを、じっくり観察してみましょう。

近くでじっと眺めるわけではありませんよ。ちょっと離れたところからさりげなく見ておきましょう。あまり近くにいると、子どもも構えてしまいます。

初めは、何が目的なのかよくわからなくても、だんだん理解できるようになりますよ。子どもには、子どもの理由がちゃんとあるのですね。

子どものリズムに合わせて生活している

「子どものリズム」を大切にするママも、子育て上手なママですよ。「子どものリズム」って何でしょう?

わかりやすくいうと「子どものペース」ということです。だから「子ども1人1人リズムは違う」ということになりますね。

速いリズムと遅いリズム、どっちがよくてどっちが悪いということではありません。「どっちのほうが自分のペースに合っているのか」ということが大切です。

その子どものリズムに合わせて生活できる親が、子育て上手な親ということになりますね。「あわただしく急かしたりするのではなくて、子どもが満足するまでじっと待てる」ということでしょうか。「前に立って引っ張っていくのではなく、子どもの後ろから一緒についていけるような親」ということですね。

日常生活の中に勉強を取り入れている

子育て上手なママは、日常生活の中に勉強を取り入れています。実際の生活の中で学ばせながら、思考力や応用力を育てているのですね。

勉強したことも、実際使ってみないと、やがて忘れてしまいます。しかし、学んだことが生活の中で役に立つことが分かると、学びが楽しくなって、もっと色々なことを知りたくなりますよね。

大好きなテレビの始まる時刻を教えることで、時計の見方を覚えますし、おやつを分けることで、計算に興味を持つことができます。積み木も図形の勉強につながりますし、絵本で文字も覚えます。

日常生活の中に、さりげなく学習要素を入れることで、基礎学力がついていくのですね。楽しく学んだことはいつまでも忘れませんよね。そして、学ぶ意味を理解できるようになります。

子どもが受け入れやすいしつけの方法は?

できないことを叱らずできたことを褒める

大人でも、自分を否定されると、自信をなくしてしまいますよね。子どもも同じです。

子どもの精神状態は、大人ほど強くはありませんので、できていないことを指摘されると、大人が思う以上に傷ついているかもしれません。できないことを叱るのではなく、できていることを褒めるように心がけることが大切のようです。

どうしても「できていないことを叱った方が手っ取り早い」とか「あまり褒めると図に乗る」と考えてしまいますよね。ところが実際は逆のようですよ。

叱られたことは「不快なこと」として、脳が忘れようとするそうです。逆に褒められると、脳が「快感」として認識しますので、なかなか忘れないそうです。いつまでも覚えておいてほしいのなら「褒める」方が効果的といえますね。

否定する前にまずは共感の言葉をかける

否定する前に、まず共感することで、よく話を聞いてくれるようになりますよ。誰でも、頭ごなしに叱られると、感情を害しますよね。

例えば「おもちゃを今すぐ片付けなさい!」というよりは「もっと遊びたいよね。それは分かるんだけど、このままだとおもちゃさんも悲しいんじゃない?」と問いかけた方が、受け入れやすいということです。どちらも「整理整頓させたい」という目的は同じですよね。

親がまず共感してあげることで、子どもの中では「気持ちを分かってくれている」「自分のためなんだ」という思いが強くなりますよね。いい方ひとつで、泣き叫ぶか、すんなり聞いてくれるかが違ってくるのですから、伝え方を工夫する価値はありそうですね。

しつけの一貫性を大切にする

子育ての中では、しつけの一貫性を大切にする必要があります。「ママは、あのときはこういったのに、今日は違うことをいってる」では、子どももどっちが重要なのかよく分からなくなりますよね。

「条件付きしつけ」を繰り返していると、そうなってしまうことがあります。例えば「おとなしくしてないと、おやつはなしね」といったことです。「〇〇しないと…」という条件をつけているわけですね。

子どもの中では「おとなしくする」ということと「おやつ」はまったく関係がありません。「しつけたいこと」と「いってること」がずれていることになりますね。しつけの一貫性を保つためには「静かにお話ししたいから、おやつでも食べて、おとなしくしていてくれると嬉しいな」と伝えるのがよさそうです。

子どもを叱るときに注意したいこと

感情的にならずダメな理由を冷静に伝える

子どもにダメな理由を伝えるときには、感情的にならないように気をつけることが重要です。怒りのまま怒鳴ってしまうと、恐怖の方が先に立ってしまい、パパやママが何をいっているのか分からなくなることがあります。

そうなると、子どもの中には「大好きなパパやママが何かに怒っている」という感情しか残らず「早く終わってほしい」「よく分からないけど、もう怒られないようにしよう」と、親の顔色だけをうかがうようになるそうです。「親がいいたいこと」や「ダメな理由」が、何一つ伝わっていない可能性もありますよ。

ダメな理由を伝えるのであれば、冷静に、淡々と、分かりやすく伝える必要がありそうですね。「怒る」のではなく「叱る」「伝える」ということですね。

長々と時間をかけず短時間で済ませる

お説教を始めると、なかなか自分では止められなくなりますよね。人の感情として仕方のないことではあります。

これを心理学では「怒りのエスカレーション」と呼び「最も効果のないしかり方」とされていますよ。耳が痛いです。

お説教の時間が長くなると、子どもは、最初のころの話を忘れてしまいます。何で怒られているのかわからなくなり、かえって混乱してしまうそうです。

また、内容が多すぎるのも良くないかもしれませんね。確かに、10も20もダメなことをいわれ続けたら、落ち込むだけですよね。

効果的なお説教にするためには「5分間だけ」「一つか二つの内容で」と最初に決めておくといいそうですよ。感情的になって暴走するのは、ここでも逆効果みたいですね。

叱った後は子どものフォローを忘れずに

「叱る」と「フォロー」は、しつけのワンセットとしてとらえておくといいようですよ。「フォロー」とは「ダメなこと」と「感情」を切り離す作業です。

厳しく叱られてしまうと、子どもは「自分のこと嫌いなのかな?」と思ってしまうことがあります。「あなたのことは大好き。だけど『こういうことはダメ』ときちんと教えたかったんだよ」と伝えるのが「フォローする」ということになりますね。

難しいことですが、まず親の方が気持ちを切り替える必要がありそうですよ。いつまでも不機嫌な顔をしていると、子どもは「やっぱり自分は嫌われているんだ」ともっと落ち込んでしまいますね。

叱った後に「はい、終わり」と宣言するのもいい方法です。親も子どもも気持ちを切り替えやすくなりますね。

ママが子どもに使わないようにしたい言葉

子どもの人格を否定する言葉

日常生活の中で、無意識のうちに「人格を否定する言葉」を使っていることがあります。これは、どんなときでも、決して子どもに向かっていってはいけない言葉ですね。

例えば「意地悪」「ずるい」「嘘つき」「ダメな子」などがあります。つい使ってしまう言葉もいくつかありますね。

気をつけておけば修正できることに対する言葉が「叱る言葉」で、「生まれながら」とか「直そうと思っても簡単には直せない」と思わせる言葉が「人格を否定する言葉」です。難しいですがはっきり区別しておく必要がありそうですね。

「人格を否定する言葉」を受け続けると、自己否定感や他者不信感、ついには人間不信につながってしまいますよ。気にしてないようでも、深層心理では傷ついていることが多いそうです。

否定語や命令語はお願いや提案の形に変えて

専門家によると「大人の脳」と「子どもの脳」は構造が違うそうです。「子どもの脳」は、より具体的なイメージがないと、理解できないことが多いそうですよ。

大人ではニュアンスで伝わることも、子どもには具体的に伝える必要がありそうですね。例えば「おうちの周り」ではなくて「庭の縁側の前」、「おやつの前に」ではなく「おやつの準備をしているときに」といった表現の仕方です。

否定語は、肯定の形に変える必要がありそうですよ。「慌てずに」は「ゆっくりと」、「騒がないで」は「静かに」といったいい方です。「~しないで」を「~して」に変えます。

命令語は、お願いや提案に変えてみましょう。「食べなさい」を「食べてね」、「寝なさい」を「寝ようか」といった具合です。

「早く!」「まだ?」と子どもを急かす言葉

「早く!」「まだ?」は子どもを急かす言葉です。これらの急かす言葉は、伝わりにくいうえに弊害もあるそうですよ。

まず、急かされることで、考える時間を奪われ、考えることが苦手になるそうです。急いでいるので「うっかりミス」も多くなりますよね。

間に合わせるために作業も雑になることでしょう。コミュニケーション上のトラブルも増え、友だちを作ることも難しくなるかもしれません。

どうやら「早く!」「まだ?」はあまり使わない方がよさそうです。代わりに「なぜ急ぐのか」を具体的に伝えるとよいですね。

「長い針がここにくるまでに、まず、これを終わらせる」と一つに絞って集中させるのもいい方法です。時計が難しければ、キッチンタイマーなども役に立ちそうですよ。

子育てが辛いと感じてしまうタイミング

パパが子育てに協力してくれないとき

パパが子育てに協力してくれないときには子育てをとても辛く感じますよね。日本のママたちの育児や家事にさく時間は外国の2倍だそうですよ。

これらを1人でこなしていくのですから大変な労力ですよね。でも忙しそうなパパにはなかなか頼みづらいのも事実です。

そんなときには「間接育児」という方法がありますよ。寝かしつけや夜泣き対応などの「専門育児」は、初めてのパパにはハードルが高いものです。だから「育児以外の家事をパパにお願いしよう」というのが「間接育児」という考え方です。

具体的には「食事の片づけ」や「ゴミ出し」「掃除」はパパの仕事、と決めてしまうのです。「間接育児」は「直接育児に関わらなくても、家事を分担することで間接的に育児に参加する」という考え方です。

急いでいるときに限ってわがままをいうとき

子どもって、急いでいるときに限って、かんしゃくを起こすことが多いですよね。バスや電車の時間が迫っていたり、登園の時間が迫っていたり、ゆっくり待っていられないことも多いですよね。

時間にゆとりを持って行動することができれば、こんな事態も避けられるのでしょうが、そううまくはいかないことが多いです。気ばかりが焦ります。

子どもは敏感なので、そんなママのイライラが、そのまま伝わってしまうのでしょうね。でも、子どもが小さいうちは、仕方のないことだと思いますよ。

そんなときには、あまり深刻に考えずに「我が家だけのことではない」「これも今だけ」と開き直ってしまいましょう。きっと3年後には「そんな時期もあったなあ」と懐かしく思い出しますよ。

子どもが泣き止んでくれないとき

子どもが泣き止んでくれないときには、こっちが泣きたくなりますよね。周りに人がいないと、何とかしのげますが、室内だったり、人ごみの中だったりすると、周りの目も気になりますよね。

「もういい加減に泣き止んで!」と叫びたくなりますが、それをしてしまうと、ますます大泣きしてしまいます。泣いている赤ちゃんを抱いて、夜の公園にぐったり座り込んでいるママを見かけたこともあります。精神的に追い込まれてしまいますよね。

大きくなって言葉が出るようになると、何をしてほしいのか、自分でちゃんと伝えられるようになりますよ。そして、2人目になるともっと楽になります。赤ちゃんが泣く理由を理解できるようになって、余裕を持って対応できるようになりますよ。

子育てに疲れたら思い出してほしいこと

1人で頑張らないで吐き出す勇気を持とう

どんなに正論を並べても、育児は過酷ですよね。「冷静に」「優しく」しなければいけないのは、頭ではよく分かっているのですが、感情が爆発しそうになります。

ヘルプを出したくても、誰にいったらいいのか分からなくなります。「みんなやっているのだから」と考えると、自分だけ愚痴っているようで、悲しくなりますよね。

しかし、先輩ママたちが口をそろえていうのは「出産・育児は、人生の中で最も大変な作業」だそうですよ。これ以上大変なことには、多分、もう出会わないと思われますよ。

だから、愚痴っていいと思います。「ここで愚痴らないと、いつ愚痴るのか」ということになりますよ。なにせ人生最大の試練なのですから。

1人で頑張らないで、吐き出す勇気を持ちましょう。

子育てを辛いと感じるのは悪いことじゃない

ある口コミ情報サイトのデータがあります。子育てについてのアンケートをとった結果です。それらを見ていくと、「子育てが辛い」と感じているママが、予想以上にたくさんいることが分かりますよ。

そのサイトによりますと「育児がつらいと感じることがありますか?」という質問に対して「はい」と答えているママたちが、88.0%もいます。そして「最も辛かったのは、0歳の時」という人が、44.0%です。半数近くですね。

そして、年齢が上がっていくにつれて「辛い」と思っているママの数は減っていきます。3歳を超えるあたりから、10.0%未満になっていきますよ。

子育ては大変です。でも「辛いと思っているのは自分だけではない」ということを知っておくと、多少は心強くなりますね。

すべてを完璧にこなせるママはいない

「辛いと思っているのは自分だけではない」ということと一緒に「すべてを完璧にこなしているママはいないんだ」ということも知っておくと、ずいぶん気が楽になりますよ。

育児は底が見えません。どんなに頑張っても「完璧」と思えるレベルまでは、いけないのが普通です。

それならいっそ、逆の発想をするという方法もありますよ。「しなければならないこと」を探すのではなく「しなくていいこと」を探してみたらどうでしょう?

「掃除をしなくていい日はないかな?」「食事の準備がいらない方法はないかな?」「洗濯をしない日は作れないかな?」など、探せば結構見つかりそうです。育児をしているママが大変なのは、パパもよくわかっていますので、きっと理解してくれると思いますよ。

子育て疲れを減らすためにできること

子育て支援センターに参加や相談する

各市区町村には「子育て支援センター」という施設があります。厚生労働省の管轄なので、ほとんどの地域に設置されているはずです。

この「子育て支援センター」には、子どもが好きな遊具やおもちゃが置いてあり、絵本や簡単な図書館があるところもありますよ。子どもも大喜びですね。

それだけでなく、ママのために「子育てアドバイザー」と呼ばれるスタッフもいますよ。子どもが遊んでいる間に、いろんなことを相談してみたらどうでしょう?自治体によっては看護師や保健師が常駐しているところもありますよ。

定期的にイベントを行ったり、子育てサークルなどの活動支援をしてくれることもありますよ。お住いの自治体に問い合わせてみましょう。ママ友の輪も広がりますね。

一時預かりなど子育て支援を利用する

一時預かりなどの子育て支援制度もありますよ。一部の保育園で対応してくれます。緊急の用事でだれも子どもを見れないときや、育児疲れで気持ちをリフレッシュしたいときにも使えますよ。

自治体によって変わってきますが、0歳から預かり可能な施設が多いです。費用は1日2,000~5,000円ほどで、宿泊までお願いできることもありますよ。お住いの自治体に問い合わせてみましょう。

「そんなところに預けてしまうのは、何だかかわいそう」と罪悪感を感じてしまうママもいるかもしれませんね。でも、一時的にでも子どものそばから離れると、ママの気持ちがリセットされて、子どもにとってもいいことがたくさんですよ。意外に、子どもの方が平気だったりします。

家事も育児も気負わずよい意味で適当にする

ある先輩ママの体験談ですが「子どもが寝てから残りの家事をする」というのをやめて「夜は子どもと一緒に寝てしまう」と決めたそうです。

そうしたら、寝る前の読み聞かせがゆっくりできるようになり、子どもの寝つきがよくなったそうですよ。よく寝てくれるので、朝、子どもが寝ているうちに、家事もほとんど終わってしまうのだとか。まさに発想の転換ですね。

「子どもの自由にやらせておくと決めたら、かえっていろんなことが自分でできるようになった」という体験談もありますよ。気負いを捨てて、良い意味で適当にすると、子どもの自立心も育つのかもしれません。

「子育て上手なママ」で出てきた「子どものリズムに合わせて生活をする」というのは、こういうことかもしれませんね。

孤独感を打ち消す子育てブログを読もう

笑える4コマ絵日記「かぞくばか」

子育てブログや出版本を読むことで、元気が出ることもあります。苦しいことが笑い飛ばせたり、何より「あ、うちと同じだ…」「ある!ある!」と共感が持てますよ。

「かぞくばか」は、日ごろの育児のバタバタを、4コマ絵日記で読むことができます。モチコさん作で「育児ってこんなに笑えるんや!」という本になって出版されていますよ。アマゾンで検索すると出てきます。

作者のモチコさんは、京都府在住の関西人主婦。子ども2人と旦那さんの4人家族です。幼稚園児のイチコちゃんと、生まれたばかりの二太郎君の日々が、ほっこりと描かれていて、思わずクスッと笑ってしまいますよ。

出版本ではありますが、サイト内でも、いくつかのエピソードを無料で読むことができますよ。

育児絵日記「子育て楽じゃありません」

「ツライっていっても『今だけ』といわれる。そんなわたしを救ったのは『ネット』の世界でした」で始まる、育児絵日記「子育て楽じゃありません」も、孤独感を抱えたママにはおすすめですよ。「戦友よ!今日も子育て頑張ろうぞ!」のコメントに元気がもらえます。

「子育て楽じゃありません」は、「おにぎり2525」さんが、育児ノイローゼに悩んだ日々を綴った、育児絵日記ブログです。ともすれば暗くなりがちな育児ノイローゼを、おにぎりさんがコミカルに描きますよ。

しかし、よく読んでいくと、分かる人には分かる、育児ノイローゼの辛い体験が、ひしひしと伝わってきます。大笑いしながら、それでいて心の奥底をぎゅっと捕まれるような、そんなブログです。

育児の参考になる芸能人ママのブログ

テレビの中では、きらびやかに見えるあの人も、育児には悩んでいますよ。芸能人のブログも育児の参考になります。

小倉優子さんや安めぐみさんなどのタレントママのブログは、いつまでも明るく元気なママでいるためのヒントがいっぱいです。木下優樹菜さんや神田うのさんなどのモデルママのブログは、年齢相応の美しさを保ちながら子育てするママの生き方を教えてくれます。

虻川美穂子さんやくわばたりえさんなどのお笑い芸人ママのブログは、笑いの絶えない家庭にするための方法を、アグネスチャンさんや相川七瀬さんらのミュージシャンママのブログは、親子のつきあい方について考えさせられます。

「有名人も、育児にはこんなに悩んでいるんだ」という安心感に、なんだかホッとさせられますよ。

真面目だからこそおちいりがちな落とし穴

育児書に書いていない事態にパニックになる

育児書には、いろんな育児のヒントが書いてあります。「夜泣きのときには…」「授乳がうまくいかないときには…」など、読んでいて参考になりますよね。

ところが知識と実践は違います。育児書の通りにしても、子どもが泣き止まなかったり、予想外の反応をしたりしてしまいますよね。

育児書は、ある意味、事例集です。「夜泣きのときに、こうしたらうまくいった人がいますよ」という例が書いてあるだけで「こうすると必ずうまくいきます」という正解が書いてあるわけではありませんよ。もちろん、例外もたくさんあるのです。

だから「育児書に書いてあるのは、うまくいった例だけなのだ」と気楽に構えておきましょう。育児書通りにならないからといって、パニックになる必要はまったくありませんよ。

ネットで検索しすぎて余計に不安になる

子どもの体調が悪くなると「深刻な病気かも…」と、ネットで検索したくなりますよね。じつはその裏には「大丈夫と思うけど、安心したいから」という心理がはたらいているのかもしれません。

ところが、ネットには心配な情報ばかり。逆に不安が増すということも少なくありません。不安はさらに不安を呼び、やがて「深刻な事態に違いない」と思い込んでしまうようになりますよ。

実際小児科へ行ってみると「ただ疲れがたまっていただけ」なんてこともあります。手探りで自分たちを追い込むより、早めに専門家の力を借りた方が確実なんですね。

ネットは、家庭にいながらいろんな情報を知ることができて便利です。しかし、無責任な情報も少なくないのが現実です。うまく付き合う必要がありそうですね。

周りの子と成長を比べてしまう

どうしても我が子と周りの子を比べてしまうこともあります。「子ども1人1人違うんだから」と分かっていても、競争の世界から抜け出すことは難しいですよね。

周りと比べられながら育った子どもは「負けること」を異常に怖がるようになります。しかし成長していく中で「負けること」はしょっちゅうですよね。

「自分は負けている」と感じ続けた子どもは、自尊心をなくしていきます。自信がなくなっていくんですね。

そして、やがて生まれてくる我が子も、周りの子と比べるようになりますよ。子育てのお手本は自分の親しかいないのですから、同じ過ちを繰り返してしまうんですね。

こうして負のスパイラルが始まります。まずはパパ・ママから、周りの子と比べることをやめたほうがよさそうですね。

今しかない育児の時間を目一杯楽しむために

「私は最高のママ」と自信を持とう

フランスのママたちは「私が一番よい母親よ」と断言するそうです。どうしてそんなに自信が持てるのでしょうか?

それは「フランスのママたちが、育児に優れているから」というわけでもなさそうです。「完璧な母親はいないのだから、今の私が、一番よい母親よ」という発想だそうです。

フランスのママたちは、自分の育児のやり方を最も大切にしているそうですよ。育児書を読んだり、ネットで検索などは、ほとんどしないんだそうです。

そして、子育てを「命に関わらなければ、ほとんどのことはOK」と、とらえているんだそうですよ。おおらかで優しい子どもが育ちそうですね。

日本のママたちも「私は最高のママ」「私の育児はこれでOK」と、もっと自信を持っていいのかもしれませんよ。

ネガティブなこともポジティブに変換しよう

ネガティブなこともポジティブに変換すると、急に世界が開けることがありますよ。「下り坂」も下から見れば「上り坂」、「ビリ」でも、向きを変えればたちまち「トップ」になる、みたいなことです。

例えば「けんか」を「自己主張」へと、「うるさい」を「よく話せるようになった」と変換して見てみると、成長している我が子に気づいたりしますよ。「目が離せない」ことなども「しっかり動けるようになった」とポジティブに変換して考えると、育児が楽しくなりますね。

発想を転換していくためには、少しトレーニングが必要ですよ。朝になって「早く起きなさい」という前に「あんなに夜泣きしていたのに、よく眠てくれるようになったね。ありがとう。嬉しいよ。」といえる親になりたいものですね。

日々の小さな成長を見逃さないようにしよう

ある専門家は「ママのストレスの原因は『ながら族』の習慣が定着してきたからだ」ということをいっていますよ。確かに「〇〇しながら〇〇する」などの習慣が、普通になってきましたね。

二つのことを同時にこなすのが当たり前になると、何かをしながら、常にもう一つのことが気になるのだそうです。だから「おむつを替えながら洗濯物が気になる」「寝かしつけながら片づけが心配」「仕事しながら育児しなきゃ」と、どんどん暗い気持ちになっていくんだそうです。

最近の心理学の研究で「今のことだけに集中すると、幸福感が高まる」という結果が分かってきたそうですよ。あれやこれや考えすぎてしまうから、「今」を見過ごしてしまって、子どもの小さな成長を喜べなくなっているのかもしれませんね。

まとめ

「子育て上手なママとは?」ということでまとめてきました。長文、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

子育てに悩みはつきものですよね。頭では分かっていても、体と感情がついていかないことがいっぱいです。でも「それは自分だけのことではない」と考えると、多少は気が楽になりますね。

フランスのママたちの「命に関わらなければ、ほとんどのことはOK」という考え方が、子育て上手なママになるための、最終的な結論のような気がします。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018