就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんをベビーシッターにみてもらう。料金やメリット、デメリット

赤ちゃんをベビーシッターにみてもらう。料金やメリット、デメリット

最近、利用者が増えているベビーシッター。ベビーシッターとはどんなサービスで、どんなときに利用すればよいのでしょうか。どれくらい料金がかかるのか?保育園とベビーシッターの違いは?利用するにあたってメリットやデメリットはどんなことがあるのかをご紹介します。

どんなサービスがあるの?お金はいくら?

ベビーシッターのサービス内容

ベビーシッターは、聞いたことはあっても実際に利用したことがあるママは少ないのではないでしょうか。そもそもベビーシッターとはどんなサービスで、どんなときに利用するものなのでしょう。

ベビーシッターは保育園などとは違い、ベビーシッターに自宅に来てもらい子どもの世話をしてもらうことができるサービスです。また、自宅以外の場所にも来てもらうことができ、サービスやオプションも会社により様々です。

自宅にベビーシッターを呼ぶことができるので、保育園のように送迎が必要ありません。ですので、親が病気などで外出が難しい場合にもとても便利です。また、子どもが病気の場合でもベビーシッターは利用することができます。

忙しいママや、頼れる人がいないママにとって、子どもの預け先がないとき、急な用事のとき、また普段は保育園に通っているけど、病気などで園に行けないときなどにベビーシッターを利用すると、とても便利です。家庭の事情などで、子どもの世話が出来ない場合にうまく利用することで、親も安心して仕事や用事を済ませることができます。

お金はどのくらいかかるの?

ベビーシッターの料金はシッター会社や利用するサービス内容によって異なります。1時間単位で料金が決められているシッター会社が多く、利用した時間分の料金になります。また預ける子どもの年齢によって料金も変わり、0歳児が高額になっている場合が多いです。0歳児の利用で1時間2,000円~3,000円、1歳以上の利用で1時間1,000円~2,000円で利用できるシッター会社が多いようです。

また、利用した分の料金以外にも、ベビーシッターの交通費やお世話にかかった雑費なども、別途必要になることがあります。またシッター会社は会員制になっていることも多く、会員になるために入会金や年会費が必要になることがあります。

ベビーシッターを利用する機会が継続的に決まっている場合は、単発利用するよりも料金が安く設定されていることがあるので、会員になった方がお得に利用できるかもしれません。

シッター会社よって基本料金やオプション料金、割引サービスなども違いますので、いろいろ比較して利用しやすい会社を選ぶとよいですね。

ベビーシッターを頼むときのメリット

幅広いサービスをうけることができる

保育園や託児所などと違い、ベビーシッターはママやパパのニーズに合わせて利用することができます。細かい要望にも対応してもらえやすく、利用したい目的や状況に合わせてお願いできるのがベビーシッターのよいところです。

またシッター会社のよっては、保育中の様子をWEBカメラを利用してスマホやパソコンで見ることができたり、保育をすべて英語で行ってくれるベビーシッターさんもいるようです。さらにママ同士の集まりやイベントのときに、会場に出向いてもらい、複数の子どもを同時にみてくれるサービスもあります。

他には、子どものお風呂や寝かしつけ、園や習いごとの送迎のみ、ハンディキャップがある子どものお世話も依頼することが可能です。

子どもが落ち着く自宅保育

子どもにとってママやパパ以外の人と一緒に過ごす時間は、初めは緊張しストレスもあるものです。しかしベビーシッターは、自宅でのお世話が可能なので、少しでも子どもが安心して過ごす空間づくりが可能です。普段過ごしている自宅ならば、子どもも落ち着きやすく、ベビーシッターとも早く仲良くなれるかもしれません。

特に、病気で体調が悪い子どもは、自宅でゆっくり休むことができますので親も子どもも安心です。

また、ベビーシッターは、一対一で子どもの世話や相手をしてもらうことができますので、細かいサービスをしてもらうことができます。ベビーシッターの保育が終わった後には、保育中の子どもの様子なども教えてもらうことができます。

一時的な利用ができる

ベビーシッターは急に利用が必要になったときでも、対応できるベビーシッターがいればすぐに来てもらうことができます。子どもが病気になってしまったけれど、仕事を休めないママには強い味方ですね。

仕事や病気などのやむを得ない事情のときだけではなく、ママやパパのリフレッシュ目的で一時的に利用することも可能です。1時間から利用できますので、ママの買い物や美容院の間だけ、という短時間でもベビーシッターに子どもをお願いすることができます。

また、産後一時的に赤ちゃんのお世話や上の子の相手、家事代行を一緒に頼みたいときにも自宅まできてもらえるベビーシッターは便利です。保育園や託児施設よりも気軽に利用しやすいかもしれませんね。

ベビーシッターを頼むときのデメリット

利用料は割高になってしまう

マンツーマンで子どものお世話を頼めるベビーシッターは、細かいサービスを受けられる分、保育園や託児施設に比べると料金が高くなってしまうことが多いです。1時間あたりの料金が0歳児の場合、2,000円以上になってしまうことがありますので、毎日保育園代わりに利用するのは難しいご家庭がほとんどではないでしょうか。

ベビーシッターを利用する理由は、ご家庭により様々だと思いますが保育園と併用したり、一時的に利用するなど無理のない利用の仕方を見つけましょう。

また、公益社会法人全国保育サービス教会は「育児と仕事の両立の応援」「多胎児の療育の支援」のための割引制度を行っています。割引が受けられるかぜひ、調べてみましょう。

ベビーシッターとの相性の問題がある

ベビーシッターを利用する場合、「どんなベビーシッターが来るのかな?」という不安がありますよね。シッターにもいろいろなタイプの方がいますので、シッター会社によっては事前にシッターと親の面談があったり、「明るい雰囲気の人」「綺麗好きの人」など、希望を伝えることができます。心配な方は細かい希望を聞いてくれる会社を選ぶとよいかもしれません。

また、子どもとの相性もとても大切です。親からの要望を全て答えてくれても、一緒に過ごす子どもとの相性が悪ければ、子どもは安心して過ごすことができません。指名制を行っている会社もありますので、継続して利用する場合は子どもが気に入ったベビーシッターを選んであげましょう。

自宅に入られるため信頼が必要

自宅で利用することの多いベビーシッター。当然、子どもとベビーシッターが自宅に2人きりになってしまいます。入ってはいけない部屋や、触れてはいけない場所などを指定することは可能ですが、親が不在の自宅にベビーシッターが入ることになるので、信頼のできるベビーシッターでないと安心できませんよね。

子どもにケガやトラブルが起こるかもしれない、ということも頭にいれておく必要があります。

子どもの安全やトラブルから守るためにも、最初は経験豊富なベビーシッターを選ぶ、WEBカメラを貸してくれる会社を選び、外出先からもチェックできるようにするなど、ママやパパも安心して利用できるように対策をするとよいかもしれませんね。



まとめ

子どもが急病のとき、ママのリフレッシュのときなどに、融通が効くベビーシッターをうまく利用すればママやパパの強い味方になります。たくさんあるシッター会社から、自分の家庭の利用の仕方に合った会社やシッターを選ぶことが大切です。

働いていたり、忙しいパパやママにとって、子どもを自宅で見てくれるベビーシッターはとても便利です。料金が割高になったり、安全面で心配なこともあるベビーシッターですが、しっかり対策をとり、信頼できるシッターに出会えれば、よい育児のパートナーになるのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018