就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の睡眠時間はどれくらい?睡眠時間と発達の関係を知ろう

乳児の睡眠時間はどれくらい?睡眠時間と発達の関係を知ろう

ママ友同士で話していると、赤ちゃん1人1人によって睡眠時間が全然違いますよね。あまり寝てくれない赤ちゃんもいれば、何時間も起きずに寝ていて心配になる赤ちゃんもいます。今回は赤ちゃんの成長と共に発達する睡眠時間や、上手に寝かしつけるコツなどをご紹介します。

乳児期の睡眠にはどんな特徴がある?  

乳児の睡眠にみられる特徴

新生児~1歳になるまでの赤ちゃんを平均的に見ると、1日の半分位の時間は寝て過ごしています。特に生後間もない赤ちゃんは寝ている時間が多く、朝も夜も関係無く寝ている事が多いです。

1回の眠る時間も赤ちゃんによって個人差がありますが、授乳でお腹がいっぱいになると寝てしまう赤ちゃんが多く、2~3時間ごとに睡眠をとっていることになります。

友人に聞いてみると、赤ちゃんが新生児の頃は体も小さく、1回に飲めるミルクの量が少なかったそうです。1回の授乳の量が少ないと赤ちゃんもすぐにお腹が空いて起きてしまうため、長く寝てくれても1時間程しか寝ない赤ちゃんだったと話してくれました。また音にも敏感で、物音がするとすぐに起きてしまうため大変だったそうですよ。

最初は昼夜の区別が分からない

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのお腹から外の世界に来たばかりで昼夜の区別が分かりません。朝日が昇ると人は活動し、夜になると日が沈んでいき眠る時間が来るという1日の流れは、実際に明るい時間と暗い時間を、ママと規則正しい生活をしていく事で、赤ちゃんの体内時計は成長していきます。

先輩ママは初めての慣れない育児で、生後間もない赤ちゃんが朝も夜も関係なく何度も起きていることを心配していたそうです。夜になりお腹いっぱい授乳しても全然寝てくれなくて、どうしたらいいか分からなかったと話してくれました。しかし1カ月検診の時にその事を相談すると、お医者さんに「心配しなくても赤ちゃんが成長すればちゃんと寝るよ」と言ってもらえて安心したそうですよ。

乳児一人一人個性がある睡眠

大人でも1度寝たら朝まで起きない人もいれば、朝起きる時間までに何度も起きてしまう人もいますよね。赤ちゃんも同じで一人一人睡眠にも個性があります。

友人の赤ちゃんは新生児の頃から、1度寝ると4~5時間は起きない事が多くママが「寝すぎじゃないかな?」と心配になったそうです。寝つきも良く授乳するとすぐに寝てくれたので、育児がやりやすかったと話してくれました。赤ちゃんがまとまった時間寝てくれて、寝かしつけがスムーズだと、ママの負担が減りますよね。

同僚の赤ちゃんは友人の赤ちゃんとは真逆のタイプで、授乳しても30分は抱っこしないと寝ない子だったそうです。「やっと寝た!」と赤ちゃんを布団に寝かせるとすぐに泣いてしまい大変だったと話してくれました。

睡眠は乳児の成長と関係している

乳児の睡眠と成長ホルモン

赤ちゃんの脳の発達は寝ている時が1番成長します。「寝る子は育つ」という言葉がありますが、これは赤ちゃんや子どもが寝ている時に、成長ホルモンがたくさん分泌されるという事から、この言葉が使われるようになりました。

成長ホルモンの特徴は、赤ちゃんが眠りに入ってから3時間の間にたくさん分泌されます。睡眠の後半には、ほとんど成長ホルモンは分泌されないそうです。眠りに入ってからの3時間を赤ちゃんがいかに深い睡眠をとっているかが、脳の成長に大きく関わっています。

大人でも夜にしっかり睡眠をとり規則正しい生活をしていると、朝から頭もスッキリし活発に体も動かせますよね。赤ちゃんも同じで、夜にまとまった睡眠をとっている方が、朝から活動的に動けます。夜に睡眠をしっかりとれなかった日と比べると、日中の活動する力が全く違ってくるんです。赤ちゃんも朝起きて、活発に動くことが脳や体の成長にも大切です。

友人の話では、赤ちゃんが夜なかなか寝なかったり、まとまった睡眠をとれなかった次の日は朝から赤ちゃんがボーっとしていて、食欲も少なくご機嫌も悪いそうですよ。

乳児の脳は睡眠中も忙しい?

赤ちゃんがスヤスヤ寝ている姿は、ママやパパの最大の癒しですよね。気持ちよさそうに寝ている赤ちゃんを見て「かわいいなぁ」と親ならついつぶやいてしまうのではないでしょうか?

赤ちゃんが寝ている時間は、ママとパパの心と体が唯一休まる時間ですよね。赤ちゃんが生まれてからは赤ちゃん中心の生活で、まとまった睡眠をとることも難しく、「眠れるということがこんなに幸せなんだ」と睡眠の大切さを実感するママとパパは多いです。

大人でも生きていく中で大切な睡眠ですが、小さな赤ちゃんにとって寝るという事は大人よりも大切なことなんです。寝ている赤ちゃんはただ体が疲れたので休むために寝ているわけではありません。赤ちゃんは寝ている間も、忙しく脳が働いて様々なことを学んでいます。生まれたばかりの赤ちゃんは初めての経験も多く、今日あった出来事など1日で感じた刺激を、寝ている間に脳が整理しているのです。

睡眠中の脳の研究でも、脳のある部分は睡眠中が1番活発に動いていると研究結果が出たそうです。赤ちゃんが健康に育つために必要な成長を、睡眠中に行っているんですね。

月齢によって変化していく睡眠時間   

生後1カ月と2カ月から3カ月  

生後1カ月頃の赤ちゃんは体内時計がまだ未発達で、大体の子が朝も夜も関係なく2~3時間おきに起きることが多いです。授乳したりオムツ交換をしたりと、1日中同じことの繰り返しでママも寝不足になりやすい時期です。

生後2~3カ月になると、少しずつ朝と夜の区別がついてくる頃です。大体の赤ちゃんの平均睡眠時間は14~15時間で、起きている時間も徐々に長くなってきますよね。1回に飲める母乳やミルクの量も増えるため、夜中の授乳の回数が減りまとまった睡眠をとる赤ちゃんもいます。

友人の赤ちゃんが3カ月の頃、夜中の授乳の回数も減ってきてママはホッとしていたそうです。しかしお出かけの回数が増えて刺激を受けることが多く、夜泣きが増えて大変だったと話してくれました。

生後4カ月から6カ月 

生後4~6カ月になると、生活リズムもだんだんついてくる時期です。赤ちゃんの睡眠時間は大体13~14時間で、朝起きて活発に遊び、朝・昼・夕方と3回位お昼寝する子が多いですね。よく寝る子だと、夜寝かしつけてから6時間位まとまって寝ることもあります。

この頃の赤ちゃんに大切なのは、ママと一緒に規則正しい生活をすることです。赤ちゃんが朝ぐっすり寝ているからといって、いつまでも起こさないでいたり、お昼寝している赤ちゃんを長時間起こさなかったりすると、夜なかなか寝てくれない赤ちゃんになってしまいます。

朝はママと一緒に赤ちゃんも起きてカーテンを開け日の光を浴びることで、脳も体も活発に働きだすので、朝起きて赤ちゃんと一緒に体を動かして遊びましょう。


生後7カ月から1歳頃

生後7カ月~1歳頃になると、朝明るくなると起きて、夜にまとまった睡眠をとるといった生活リズムが身についてきます。この頃の赤ちゃんの平均睡眠時間は11~13時間で、お昼寝も1日に1回位に減り、起きている時間は活発に動きます。

先輩ママの赤ちゃんは、8カ月頃までは夜中に3回位起きてしまうため、ママも寝不足で育児に疲れていたそうです。夜に寝てもらえるように、昼間にお散歩に行ったり、お家の中でハイハイでいっぱい遊ばせたりしていると、21時頃になると眠くなって、ミルクをいっぱい飲んで寝てくれるようになり、寝かしつけも楽になってよかったと話してくれました。また、1度寝ると朝の4時頃までは起きること無く、ぐっすり寝てくれるそうですよ。

乳児の睡眠。みんなが疑問に思っている事  

眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう

赤ちゃんによっては眠りが浅くて、寝たところなのにすぐに起きてしまう子がいますよね。新生児の頃は特に、ちょっとした物音でも起きてしまう子が多く、「もしかして神経質な赤ちゃんなのかな?」と心配になるママもいます。新生児の赤ちゃんは1日をほとんど寝て過ごしていますが、眠り自体は浅くて、小さな物音や刺激にもすぐに目を覚ましてしまいます。

赤ちゃんがすぐに起きてしまう理由は、レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが関係しているんです。レム睡眠は浅い眠りで、ノンレム睡眠は熟睡している状態のことを言い、睡眠はこの2つの眠りを繰り返しています。
大人の睡眠は、浅い眠りのレム睡眠が全体の15%位になっていますが、赤ちゃんは50~60%位がレム睡眠なんですよ。

ずっと寝ていて寝すぎが心配  

赤ちゃんの睡眠にも1人1人個性があります。「授乳の時間になっても赤ちゃんが起きなくて心配」「睡眠時間が平均より長いけど、私の赤ちゃんは大丈夫かな?」と不安になっているママも、一般的に言われている赤ちゃんの睡眠時間に気をとられ過ぎないようにしましょう。

先輩ママの赤ちゃんは新生児の頃からよく寝る子で、夜中もママが起こさないと朝までミルクを飲まずに寝ていたそうです。2~3時間おきの授乳が平均的なので、ママも心配したそうですが、夜中は3時間おきに目覚ましをかけてミルクをあげるようにしたと話してくれました。検診の時にお医者さんに相談してみると「赤ちゃんは元気に成長しているから心配ないよ」と言ってもらえて安心したそうですよ。

寝ているときの呼吸が心配

赤ちゃんが寝ている時に、赤ちゃんがしっかり呼吸しているのか心配になった事はありませんか?生後間もない赤ちゃんは寝ている間に突然死してしまう事もあるので、ママは不安になりますよね。友人の赤ちゃんは夜眠るとあまり起きない子で「ちゃんと息してるかな」と心配になり、赤ちゃんが呼吸しているかを何回も確認して、眠れないことがあったそうです。

赤ちゃんは体がまだ未発達で、呼吸のリズムが大人のように整わず不規則な呼吸をすることがあります。これは「周期性呼吸」と呼ばれていて、赤ちゃんによってはたまに呼吸するのを止めてしまう事もあります。ママは焦るかもしれませんが、自然と呼吸を再開するのであまり心配しなくても大丈夫ですよ。

睡眠時間を整えるコツとポイント紹介

生活リズムを見直してみよう  

赤ちゃんが快適な睡眠をするためには、ママとパパが赤ちゃんと一緒に生活リズムを作っていくことが大切です。朝日が昇る頃には赤ちゃんを起こして日の光を浴び、体や脳に「朝は起きる!」と教えましょう。毎朝同じ時間に起きる事で、脳や体は起きた後も活発に活動する事ができ、色々な刺激を赤ちゃんがたくさん吸収できますよ。

赤ちゃんとの生活では、夜も早く寝ることをおすすめします。21時になってもお部屋の電気を消さなかったり、テレビをつけたままにしたりと、赤ちゃんが大人の生活に合わせて過ごしていると、安心することができず、寝かしつけも大変になります。赤ちゃんは夜しっかり寝ている時間に、体や脳が発達していくので夜は早めに赤ちゃんを寝かせてあげましょう。

寝かしつけをルーティン化してみる  

赤ちゃんの寝かしつけに苦労するママは多いですよね。全然寝てくれない日が続くとママの体力も限界になり、赤ちゃんにイライラしてしまうことも…寝かしつけをやりやすくするには、寝かしつけの時に毎日同じことを繰り返すと効果的です。大人も寝る前に音楽を聴くとすぐに眠れるなど、寝る前のルーティーンを決めている人もいます。

赤ちゃんも同じで寝かしつけの時に、ママが絵本を読むなどを毎日繰り返す事で、赤ちゃんは絵本を読んでくれた後は寝る時間だなと覚えて、眠りに入る準備ができます。友人は寝かしつけの時に、赤ちゃんの好きな歌を何曲か歌うそうです。歌い始めは手をたたいて喜んでいるそうですが、ずっと歌っていると眠そうにし始めて途中で寝ていると話してくれました。

寝かせ方のコツとポイント

赤ちゃんがスムーズに眠りにつくには、タイミングと環境が大切です。夜寝かしつけする前には寝室に行き、赤ちゃんがまだ遊んでいてもお部屋を暗くして、テレビは消すことをおすすめします。お部屋の温度や湿度を整えておく事も忘れないようにしましょう!

やり始めた頃はなかなか寝てくれない事もあるかもしれませんが、毎日繰り返す事で「電気が暗くなったら寝る時間なんだ」と赤ちゃんも覚えていき、自然と眠くなる子が多いです。そして赤ちゃんが眠たくなった時が、簡単に寝かしつけできるチャンスです。とんとんしたりママが歌を歌ったりと、赤ちゃんによって寝かしつけも様々ですよね。

友人の赤ちゃんはママが添い寝して優しく背中をさすると、自然と寝てくれるそうですよ。

まとめ

赤ちゃんの睡眠はママの睡眠時間にも影響してくるので、ママにとっては大切なことですよね。月齢によっても平均睡眠時間は違いますが、あまり寝ない赤ちゃんだとママは大変です。睡眠は赤ちゃんによって個性がありますが、ママやパパが少し工夫すると赤ちゃんが夜泣きせずに眠るようになったという人もいます。

生活リズムの改善や寝かしつけの前に歌を歌うなど、ママとパパの無理のない程度で挑戦してみましょう。赤ちゃんが寝てくれなくても、焦らず落ち着いた心で赤ちゃんとふれあうことをおすすめします。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018