就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後のママは授乳で睡眠不足?ポイントをおさえて身体を休めよう

産後のママは授乳で睡眠不足?ポイントをおさえて身体を休めよう

産後のママは大変ですよね。自分の身体もまだ元に戻ってないうちから、赤ちゃんのお世話が始まります。特に授乳は誰も代わりがいません。朝晩関係なく、お腹がすくと泣く赤ちゃんに対応するので、睡眠不足ですよね。そんな産後ママに、ほかのママたちの状況や、身体を休めるポイントをご紹介します。

ママたちの授乳中の睡眠時間の実情

1日トータルの平均睡眠時間は4~8時間

産まれて間もない赤ちゃんは、話せない分よく泣きますね。特に、お腹がすいていると眠れないので、場所がどこだろうと時間が何時だろうと、関係なしに泣くと思います。ですから、赤ちゃんが泣けば、いつでも対応しているママは夜中だろうと眠れません。

授乳は、ママも赤ちゃんも上手に授乳したり上手に吸えるようになるまでは、お互いに大変ですよね。上手に吸えないと、お腹がすぐ空いてしまうので、時間がそう経ってないのに、泣いてしまい、また授乳しての繰り返しです。

授乳中のママは、一体どれくらい眠れているのでしょうか?平均睡眠時間は4~8時間といわれています。連続でではなく、昼間の寝られた時間と合わせての方や、4時間以下の方もいるようです。

夜にまとまった睡眠がとれないママが多い

産まれたばかりの赤ちゃんは、生活リズムをつかむまで朝夜の区別ができないようです。起きている時間も寝ている時間もばらばらなのです。ママは夜に寝たいところですが、赤ちゃんのお世話で、なかなか夜に寝られないママが多いです。

上手に授乳できるようになると、次の授乳までだいたい3時間前後空けられるようになるのですが、それまでは赤ちゃんもなかなか寝ることができません。お腹がすいて泣いてしまい、時間を空けずに対応に追われるので、まとまった睡眠を取るのが難しいかもしれません。

でも、赤ちゃんもだんだんと大きくなってくると、しっかり生活リズムができてきます。昼間は起きている時間が、夜は寝ている時間が長くなってきますので、安心してくださいね。

産後のママはショートスリーパー

産後のママの多くが、睡眠時間が少なく寝不足でイライラしたり、身体がだるく感じたりすると思います。しかし、ショートスリーパーで、時間でみれば少なくても調子がよいというママもいます。

実際に、私たち人間は、どの程度睡眠を確保できればよいのでしょうか?だいたい7時間が平均とされていますが、あとは個人差が大きいようです。7時間寝られなくても元気な方もいるようです。

産後のママは睡眠時間の長時間確保は難しいですが、長時間寝ないと身体によくないとか、絶対にダメということはありません。睡眠時間に縛られず、ショートスリーパーでも今日は3時間寝られた!とか、眠たいと思ったときに寝られた!という風に考えられると、よいかもしれませんね。

授乳中のママをとりまく睡眠不足の問題

睡眠の質が変わる産後の睡眠不足とは

産後のママは、よくて3時間おきくらいに、赤ちゃんの授乳やお世話をしている方が多いと思います。産む前までは夜にまとまって寝られていたことから、産後は急に睡眠不足になったと感じるのではないでしょうか。

しかし、これは本当の睡眠不足とは少し違うようです。私たちの身体は、妊娠すると赤ちゃんを育てるために変化するのはもちろんですが、睡眠の質まで変化します。

妊婦のときに、たくさん眠く感じたり何度も目が覚めたりすることがあると思います。このように深い眠りを短時間に何度も取るように変化します。そして、産後はその間隔がもっと細かく変化していくのです。

この変化のおかげで、赤ちゃんが何時間おきに泣いても対応できるようになっているのですね。

産後の生活を振り返って睡眠不足チェックを

では、本当に睡眠不足なのかをチェックしてみましょう。

「授乳間隔」はどうですか?ママも赤ちゃんも上手に授乳できてくれば、赤ちゃんの成長や月日とともに間隔があいてきますよ。

「夜中の授乳や、おむつ替えの間隔」はどうですか?赤ちゃんの生活リズムが整うと、だんだんと夜に長く眠れるようになってきますよ。

「赤ちゃんが寝ている時間に休めない」ことがありますか?赤ちゃんが寝ている間に、家事などやるべきことをこなしたいママは多いと思いますが、産後の身体の調子を考えたり家族と相談したりしながら、徐々に動き出せるとよいですね。

ほかにも、眠りたいのに寝つけなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまう方は睡眠不足になっている可能性が高いと思います。

睡眠不足のママが気を付けたいこと

人間は寝ている間に、身体を休めたり脳が情報の整理をしたりと、身体と心を整えているのです。睡眠不足だと身体や心に思わぬトラブルを起こしやすくなってしまいます。

睡眠不足のママが気をつけたいのは、母乳の出です。母乳は、ママが口に入れるものによって詰まりやすくなったり逆に出やすくなったりするなど、ママの身体の影響を受けます。食べることも大切ですが、寝ることによって母乳が作られるので睡眠は大切ですね。

それから、睡眠不足だと身体や心の疲れがとれない状態が続きます。そのため風邪をひきやすくなったり、常にふらふらして歩けなかったり頭痛がしたりなど、体調が悪くなってしまうことがあるでしょう。また、ストレスや産後うつなど精神的ダメージにも注意したいですね。

産後のママがしっかり身体を休めるポイント

こま切れでもよいので寝られるときには寝る

ここでは、赤ちゃんのお世話に家事にと忙しいママが、身体を休めるポイントをご紹介したいと思います。

まず大切なのは、こま切れでも構わないので、時間を問わず寝られるときには寝ることです。たった数分でも、疲労回復やストレス軽減ができるようですよ。

それに、朝と夜の区別ができてない赤ちゃんと同じ生活を送ることで、夜中の授乳やお世話をこなせたり、ほかの家事もできると思います。ですので、赤ちゃんが寝たときは、なるべく一緒に寝ましょうね。

そして、赤ちゃんとの生活にも慣れ、ママの身体の調子も戻ってきたら、赤ちゃんが寝ている時間を家事ややるべきことを片付ける時間として、少しずつ動いていけるとよいのではないでしょうか。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC