就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児にルールのある遊びのすすめ!集団で楽しめる遊びを紹介

5歳児にルールのある遊びのすすめ!集団で楽しめる遊びを紹介

子どもの成長は早いもので、わが子も気づけばもう5歳!あと一歩で小学校入学というこの時期は、心身ともにぐっと成長するタイミングです。遊びにおいても、簡単なルールのある集団遊びを楽しめるようになります。今回は、5歳児におすすめの集団で楽しめる遊びを紹介します。ぜひみんなで遊んでみましょう。

5歳児の心と体の成長について知ろう

身の回りのことを1人でできるようになる

5歳になると、「食事」「トイレ」「着替え」「歯磨き」など、身の回りのことを1人でできるようになってきます。生活面で子ども自身でできるものが増えるため、ママも育児が少し楽になり、同時に子どもの成長を実感する時期ではないでしょうか。

また、「遊んだおもちゃを片づける」「服をたたむ」「靴を揃える」などの生活習慣も、身につき始めます。これは子どもが「やらなければいけないこと」を理解し、それを「行動にうつす」ということができる成長の表れなのです。

しかしそうはいってもまだ5歳、子どもによって個人差があったり、日によってできることにムラがあったりするものです。周りの子どもとの比較ではなく、その子自身の成長を見つけ、一緒に喜べるとよいですね。

相手の心や感情を読み取れるようになる

5歳は、友達と一緒に遊ぶことが増えたり、友達の名前が話によく出てきたりと、人との関わりが増える時期です。それにともなって、心が大きな成長をとげます。「相手の心や感情を読み取る」ということができるようになるのです。

まず、「悲しみ」「喜び」「怒り」などの感情を相手の表情から読み取ろうとします。今度は、読み取った感情がなぜ起こっているのかを、自分の経験や想像力を使って考え始めます。さらに、相手の感情を読み取り経緯を考えた結果、「自分はどうしたいのか」まで決めることができるようになるのです。

「どう感じるか」「感じてどう動くか」は子どもによりさまざまですが、相手の気持ちを考えて自分なりの行動をとることは、大きな成長といえるでしょう。

ルールのある遊びを好むようになる

5歳児は、遊びにおいても変化が見られます。簡単なルールのある遊びを面白いと思うようになるのです。このころになると、私たちの社会にはさまざまなルールや、それぞれの役割があることを理解し始めます。そのため、ルールがある遊びに興味を持ち始めるのです。

また友達との関わり合いや、言葉を使って相手になにかを伝えることが上手になるため、ルールのある遊びであっても楽しんで行うことができます。

しかしまだこの遊びを始めたばかりですので、ルールを守り切れなかったり、わからないまま終わってしまったりなんてこともあるでしょう。この時期はルールを守ることにこだわりすぎず、まずは「ルールのある遊びは楽しい」と思えることを、第一に考えてもよいかもしれませんね。

5歳児向け!おすすめのルールのある遊び

ルールをアレンジした鬼ごっこ

私たちの子どものころからある「鬼ごっこ」。子どもでもわかりやすいルールのため、ルール遊びの入門としておすすめです。シンプルな「鬼ごっこ」から、「色鬼」「高鬼」「かげふみ」「ケイドロ」など、さまざまな種類があります。

鬼にタッチされたらバナナになってしまう「バナナ鬼」も、子どもたちには人気ですよ。タッチされた子は、両手を合わせて上にあげ、体を傾けてバナナの形になります。助けるためには、ほかの子がバナナになった子の手を、バナナをむくように片手ずつ、「むきむき」といって下げなければいけません。なんとも可愛らしい鬼ごっこですね。

鬼の人数を変えてみたり安全地帯を設けてみたり、子どもたちに合わせてアレンジができますよ。

ボール遊びの定番!ドッジボール

5歳はボールを投げたり、キャッチしたり、ボールを使った遊びも上手になります。そこでおすすめの遊びが「ドッジボール」です。ボールは当たっても痛くないように、弾力のある柔らいものを使いましょう。取りやすいように、ある程度の大きさがあるボールがよいですよ。

ドッジボールはルールにのっとり、チームで勝ち負けを競う遊びです。その中で、どうすれば自分のチームが勝てるのか、そのための役割分担を子どもたちの中で考えるようになります。自分の特技を生かして友達と協力し、勝ちを目指すという経験ができるのです。

ドッジボールは体全体を使って遊ぶことができます。さらに「ボールが当たるかも」というスリルは、大いに遊びを盛り上げることでしょう。

数字や字の勉強にもなる!すごろく

ルールのある遊びは外遊びだけではなく、室内遊びにもたくさんあります。今回おすすめするのは、「すごろく」です。すごろくは、数字や文字に興味を持ち始た5歳児にぴったりの遊びです。またサイコロを振る順番などもあり、集団遊びができる年齢だからこそ、楽しめる遊びでもあります。

今ではさまざまなすごろくが売られており、止まったマスの行事にあったアイテムがもらえる、日本の年間行事すごろくだったり、人気のキャラクターものだったり、日本地図のすごろくだったりとバラエティに富んでいます。

すごろくの種類によっては、数字や文字の勉強だけではなく、ほかの知識も遊びと同時に身につくのでうれしいですよね。ぜひ取り入れたい遊びの一つではないでしょうか。

5歳児のルール遊び。大人が注意する点は?

大人がルールを守る姿を見せよう

遊びのルールを守ることは、ひいては交通ルールやそのほかの社会のルールを守ることにもつながります。子どもにルールを守ってもらうためには、まず大人がルールを守る姿を見せましょう。

子どもは大人の行動をよく見ているものです。子どもに「ずるい!」なんていわれて、ドキッとしたことありませんか?「このくらいならいいか」や「今日だけ」など、大人の都合は子どもには分かりません。子どもに伝わることは「大人がルールを守らなかった」ということだけなのです。

ルールを守ることは、楽しく遊ぶためだけではなく、生きていく上でとても大切なことです。言葉で教えることも大切ですが、教えに反した行動を自分が取っていないか、一度振り返ってみてもよいかもしれません。

けんかは大人が仲裁しないでサポートしよう

5歳になると自己主張をしたり、友達との関わりが増えたり、ルール遊びをするようになったりと、どうしてもけんかなどのトラブルが発生しやすくなります。

けんかが大きくなる前に、ついつい親が割って入ってしまうことがありますよね。しかしけんかは成長のチャンスです。けんかの理由より、その後をどうしていくかに学びがたくさん詰まっています。怪我などの危険がなければ、親はサポートに回ってみてください。

サポートの方法は、どちらかの正誤を決めるのではなく、まず子どもの気持ちを聞いてみましょう。そしてなにが起こったのか整理します。その後、お互い相手の気持ちを考えてみるのです。最後はどうすればよかったのか、今どうしたいのかを聞き、解決へと導きましょう。

集団遊びが苦手な子も見守ろう

大人でも集団行動が得意な人と苦手な人がいるように、子どもにもこれは当てはまります。わが子が集団遊びをあまりしないといった場合でも、過度に心配せず少し見守ってみましょう。子どもによって、みんなでワイワイ遊ぶのが好きな子だったり、1人でマイペースに遊ぶのが好きな子だったりするものです。

また5歳は1人遊びとみんなでのルール遊びを行ったり来たりする時期でもあるので、一概に集団遊びをあまりしないからといって、苦手と決めつけるのは避けましょう。

「5歳」という一般的な成長にとらわれ過ぎず、1人ひとりの子どもの成長に目を向けてみてください。今好きなことや興味を持っていることに合わせて、遊びを進めていくことがなにより大切かもしれませんね。

まとめ

集団遊びは、ルールや友達との関わり方など、色々なことを遊びの中で学ぶことができます。これからの人生の土台を築く大切な学びが、たくさん含まれているといってもよいでしょう。さらに遊びを通して、友達と一緒に喜びや悲しみを共有する大切さも、経験してもらえるとよいですね。

しかし5歳児は集団遊びの入り口に立ったばかり。「集団遊び」に親がとらわれすぎるのも、子どもによっては負担になることがあります。子どもの成長に合わせて、遊びを提案することが第一ですよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018