就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児を迎えるために準備すること。必要なものや準備の注意点

新生児を迎えるために準備すること。必要なものや準備の注意点

妊娠してから出産するまでは、長いようであっという間に時間が過ぎてしまいますよね。ママの物以外にも、赤ちゃんの服やオムツなど準備する物がたくさんあり、出産間近になり焦る方は多いです。今回は出産するまでに買っておいた方がよい物や、退院後の方が選びやすい物などを分かりやすくご紹介します。

出産準備はいつからすればいい?   

出産のための入院に必要なモノの準備時期   

出産してからはママや赤ちゃんの状態にもよりますが、約1週間程度赤ちゃんと共に入院するため、入院の準備をしておく必要があります。しかし、妊娠初期の頃は悪阻があったり、体調が安定しなかったりするのでなかなか買い物に行けないことも多く、準備できないことありますよね。

妊娠後期に入ると体調は安定する方が多いですが、お腹が大きくなるので、ママの体は動きづらくなったり、疲れやすくなったりしてゆっくり買い物できない場合もあります。また、切迫早産などのトラブルで、予定日よりも早く、急に入院しなければいけなくなるケースもあります。ですから、安定期に入り体調が落ち着いてきた頃から、少しずつ入院の準備を進めていくことをおすすめします。

初めての妊娠の方は特に、入院するのに何が必要か分からないことが多いですよね。最近では、産婦人科で出産や入院などの様々なことを教えてくれる、妊婦教室を開いている病院も増えてきました。その様な教室に参加して、入院に必要な準備物を聞いてから、買い物するのもムダな物を買わなくてよいですよね。

産後に必要なモノの準備時期

入院中は赤ちゃんの使う物は、病院で貸してくれることも多いので、入院の準備で買う物は、ママが使う物が多いです。しかし、退院後赤ちゃんをお家に迎えるためには、準備しておかなければならない物がたくさんありますよね。入院に必要な物をある程度買い揃えたら、次は産後に必要な物を準備しましょう。

産後に必要な物の準備も、なるべく体調が安定している時期に始めておいた方がよいでしょう。特に赤ちゃんが使う物は、ママの好みもあるので、選ぶのに時間がかかることが多いです。初めての妊娠で、赤ちゃんが生まれてからの生活を想像するのが難しく感じてしまったり、お店などに行っても、赤ちゃんグッズは種類が多いので、決めるのに悩んでしまいますよね。

赤ちゃんグッズは選ぶのも楽しいと思うので、妊娠初期の頃からお店に行けなくても、インターネットで見たり、育児雑誌を見たりして、じっくり時間をかけて選ぶのも後悔がなくよいかもしれません。肌着やベビー服などの、赤ちゃんの性別が分かってから決めたい物だけを、妊娠後期にゆっくり買い物に行くのもよいですね。

出産準備をする際の注意点とは?   

何を買うかの予算を立てる   

出産準備には、必要な物がたくさんあるためお金がかかります。何も考えずに買ってしまうと、後になって「お金が足りない」と焦ってしまうことも…。購入する前に、入院で必要な物と出産後に必要な物を書き出して、それぞれの予算を立てると効率よくお買い物ができますよ。

友人Aさんに聞いてみると、出産準備に必要な物を妊娠中に書いてみたそうです。書き出してみると、肌着やオムツなどの赤ちゃんが着る物以外にも、綿棒や沐浴グッズなどの細々した物も多くて、用意する物の多さにビックリしたそうですよ。

また、チャイルドシートやベビーカーなどは高額な物なので、「それぞれ細かく予算を立てないと、お金がいくらあっても足りない」と話してくれました。


買い物は必要最低限にして買い過ぎない

出産準備で買い物しているときに気をつけないといけないことは、余計な物を買い過ぎないことです。赤ちゃんグッズを見に行くと、かわいい服がたくさん売ってあるので、ついつい必要以上に買ってしまう方は多いです。しかし、生後間もない赤ちゃんの成長は早いので、すぐにサイズアウトしてしまうことがあります。かわいいからといって買い過ぎてしまうともったいないですよね。

また、最近では便利な育児グッズがたくさん売られています。お店やネットなどで見ていると、すごく便利に感じて買ってしまう方もいます。

友人Bさんは出産準備の際に、「育児がスムーズに進むなら」と便利グッズをたくさん購入していたそうです。しかし、実際はほとんど使わずにいる物が多くて後悔したそうですよ。

季節に合わせたモノを選ぶ

出産準備をするときに大切なのが、赤ちゃんが生まれてくる予定日あたりの、季節に合わせた物を購入することです。たとえば、夏生まれの赤ちゃんと冬生まれの赤ちゃんでは、準備する物がそれぞれ違います。

夏生まれの赤ちゃんの場合は、薄めの肌着や、タオルケットなど暑い季節に合わせた物を選んであげないといけませんよね。また、帽子や新生児から使えるUVケアなどの、紫外線を予防するアイテムがあると健診で外に出るときも安心です。

冬生まれの赤ちゃんの場合は、お部屋の中でも、肌着の上にカバーオールなどを着せて寒さ対策をする必要があります。毛布や厚めのおくるみなども用意し、赤ちゃんが風邪を引かないように暖かい物を選びましょう。

赤ちゃんに必要なものリスト【入院時】   

赤ちゃん用のおむつ、ガーゼ   

入院するときに準備が必要なのが、赤ちゃん用のオムツとガーゼです。しかし、最近では産婦人科でオムツを用意してくれる病院もあるので、出産前に病院で確認しておくとよいですね。

「ガーゼは何に使うんだろう?」と不思議に思う方がいると思いますが、生後間もない赤ちゃんは、母乳やミルクを吐いてしまうことがよくあります。今まではへその緒から栄養をとっていたのが、外の世界に出てきてからは口で母乳やミルクを飲まなくてはいけません。上手く飲めなくてすぐに吐いてしまったり、ゲップができなくて吐いてしまったりするので、ガーゼは使う頻度が多いです。

また、沐浴の際にも、ガーゼで赤ちゃんの顔や体を拭いてあげるので、ガーゼは数枚買っておくと安心ですよ。

大きめのバスタオル(大判タオル)   

入院時にバスタオルが必要ですが、赤ちゃんに使うバスタオルは大判のタオルがおすすめです。生後間もない赤ちゃんは寝たきりの状態なので、沐浴をしてあげるときも常にママが抱っこしないといけません。大判のバスタオルだと、赤ちゃんをタオルでくるみやすいので、顔や体を拭きやすいですよ。

また、夏場などの暑い時期は、おくるみの代わりに使用することもできて便利です。赤ちゃんは全身を丸く包んであげると、お腹の中にいたときの姿勢になるので、安心する子が多いです。ですから、お出かけのときやお家で泣き止まないときに、大判のタオルでくるんであげてから抱っこすると、赤ちゃんが落ち着いてくれることもあります。

バスタオルだと洗濯も簡単にできるので、色々な場面で使いやすいですね。

退院時用の肌着と衣服

赤ちゃんの入院中は、肌着やベビー服を貸してくれる産婦人科も多いので、ママは安心ですよね。しかし、退院するときは、自分で用意した服を着せてあげなければいけません。

退院するときの肌着とベビー服は必ず準備しましょう。夏場であれば、肌着は短肌着1枚と、薄めのコットンなどの優しい肌触りのカバーオールがおすすめです。冬場は、赤ちゃんが外の寒さで風邪をひかないように、肌着は短肌着の上に長肌着を着せてから、厚めの生地のカバーオールを着せてあげましょう。

退院するときにセレモニードレスを着せてあげるのも、赤ちゃんの記念になってよいですよね。セレモニードレスも季節によって生地が違うので、季節に合ったドレスを着せてあげましょう。


赤ちゃんに必要なものリスト【退院後】   

赤ちゃん用の安全な爪切り

退院後はいよいよ本格的に、赤ちゃんのお世話がスタートしますよね。ママが買い忘れがちな物が、赤ちゃん用の爪切りです。赤ちゃん用の爪切りは、大人用とは違ってハサミタイプになっており、刃の部分も丸みがおびているので、赤ちゃんの皮膚に触れても安全です。

赤ちゃんは眠たくなると自分の顔をこすったりするので、爪が伸びているとすぐに顔が傷ついてしまいます。爪の引っかき傷は痛いですし、なかなか治らないのでかわいそうですよね。赤ちゃんが自分で引っかいてしまって、顔を傷つけてしまわないように、こまめに爪が伸びていないかチェックしましょう。

足の爪も「気づいたら割れてしまっていた」ということもあるので、赤ちゃんが寝ている間に手と足の爪を見てみるとよいですね。

ベビーバスや沐浴グッズ   

赤ちゃんと生活する中で、大切なことのひとつに沐浴がありますよね。沐浴グッズは、揃えておく物がいくつかあるので、少しずつ準備を始めていきましょう。

ベビーバスは、空気を入れるビニールタイプや、プラスチックタイプの物など種類が様々です。「ベビーバスの収納に困る」という方は、ビニールタイプの物を選ぶとコンパクトに収納できます。

沐浴グッズは、ベビーシャンプーか石鹸、ガーゼ、大判バスタオル、ベビー保湿ミルク又はベビーオイル、綿棒を用意する必要があります。その他にも、お風呂の中で遊べるおもちゃや、ママが1人でお風呂に入れる方は、ベビーバスチェアやマットがあると便利ですよ。

最近では、赤ちゃん用のバスローブなどの便利グッズも数多く売られていますよね。
 

ベビーベッドやおもちゃ

赤ちゃんを寝かせるベビーベッドやおもちゃの準備も必要ですね。特にベビーベッドは置く場所なども考えて購入する必要がありますよね。

ベビーベッドの中には、収納が付いているタイプの物や、赤ちゃんが大きくなり使わなくなったときに、簡単に折りたためる物なども売られています。また、「家にベビーベッドを置く場所が無い」という方におすすめの、簡易的な箱タイプのベビーベッドもありますよ。箱タイプのベビーベッドは、コンパクトなので持ち運びが簡単です。旅行のときに持って行ったり、寝室からリビングに移動するときに持ち運んだりと、様々な場面で使えそうですね。

生後間もない赤ちゃんはまだ視力が弱いため、音楽が流れたり、振ると音が鳴ったりするような物がおすすめですよ。



ママに必要なものリスト【入院時】   

産褥期用の悪露用生理用品

ママの入院準備にも用意する物がいくつかあります。産褥期用の悪露用に生理用品が必要です。こちらは、出産する産婦人科から出産祝いとして、何枚か頂ける病院もあるので入院前に確認しておくとよいですね。

出産してからは子宮に残っている胎盤が少しずつ出てくる可能性があったり、出血が収まっていない状態だったりするので、生理用品を付けておいた方がよいでしょう。出血の量は人それぞれ違うため、夜用や多い日用の生理用ナプキンだと安心です。

友人Cさんに聞いてみると、出血以外にも産後は骨盤が開いている状態で力が入らず、トイレを我慢するのが大変で少し間に合わないときもあったそうです。そのときに生理用品をつけていることで、ナプキンでカバーできてよかったと話してくれました。

前開きボタンのパジャマ

入院時にパジャマを持参しなければいけない病院が多いですが、前開ボタンのパジャマがよいでしょう。出産してすぐから、ママの赤ちゃんのお世話はスタートします。生後間もない赤ちゃんに授乳しやすいように、前開きボタンのパジャマがよいですね。

前開きではないパジャマだと、ママが服をめくって授乳しなければいけません。入院中はおっぱいの状態も不安定ですし、まだママも赤ちゃんに授乳し慣れていないので、助産師さんに教えてもらうことも多いと思います。そのときに、前開きのパジャマだと助産師さんが、おっぱいの状態を見やすく、ママに授乳の仕方を教えやすいです。

また、ママも赤ちゃんを両手でしっかり抱っこできるので、赤ちゃんの体制も安定しますよね。

産褥ショーツか通常のサニタリーショーツ

先ほどにもご紹介しましたが、出産後は出血がまだあるので、下着は産褥ショーツかサニタリーショーツを着用することをおすすめします。出血が多くて下着まで汚れてしまうこともあり、産褥ショーツやサニタリーショーツを履いていると、パジャマまで浸透するのを抑えてくれ、洗うときも汚れが落ちやすいのでよいですね。

産褥ショーツは、ナプキンを付ける部分にマジックが付いています。産後のママの体は、腰やお腹が痛かったり、疲れていたりと、普段の様に動きづらいことがあります。そのときに、産褥ショーツだと、トイレでナプキンを交換するときも簡単で、やりやすいですよ。

サニタリーショーツの場合は、出産に関係無く使い続けられるの所が、よいですよね。



ママに必要なものリスト【退院後】  

少量パックの母乳パット

産後は授乳が始まるので母乳パットを用意しておくと安心です。しかし、母乳が出るかどうかや、母乳の出る量には個人差があります。母乳の量は出産してみないと分からないことなので、母乳パットをしないと服がビチャビチャに濡れてしまう方もいれば、授乳しているけど母乳パットを使わなくても下着が汚れないという方もいます。

出産後しばらくは赤ちゃんも小さく母乳を飲む量も少ないので、母乳パットを使わなくてもよい方が多いです。ですから、出産前に母乳パットを購入する場合は、少量パックを購入することをおすすめします。

少量パックだと、もし使わなくて済んだときも無駄があまりありませんよね。母乳は急にたくさん作られることもあるので、少量パックのパットがあると安心です。

  

だっこおんぶ兼用の紐

赤ちゃんはママに抱っこされると安心します。ママは赤ちゃんが泣いているときに抱っこしてあやしたり、お出かけするときも抱っこして行くことが多いですよね。1日の中で何回も抱っこしていると、だんだん腕も疲れてきます。そんなときに、だっこ紐があれば安心ですよ。

だっこ紐は、生後2週間位から使える物が最近では多く売られています。だっこ紐を使うとママの両手が空くので、だっこしながら用事ができたり、お出かけのときも荷物が持てたりするのでよいですよね。

だっこ紐は歩けるようになっても、寝かしつけのときやお出かけの際に、使うことがあります。長く使える物なので、だっこだけでは無くおんぶもできる兼用の物を買うと便利ですよ。赤ちゃんはおんぶされるのも好きな子が多いです。

多少ゆったりめの産後服

産後のママの体は、まだお腹も元の状態に戻っておらず、骨盤も開いている状態です。ですから、妊娠中の様に少しゆったりめの服を着た方がよいでしょう。あまり締め付ける様な洋服を産後に着ると、しんどくなってしまうママもいるそうですよ。

産後は赤ちゃんに頻繁に授乳するので、上下が分かれている服の方がおすすめです。ワンピースだと授乳するのに時間がかかりますし、お出かけしたときに授乳しづらいですよね。

最近では、マタニティ用の服以外にも、産後に使えるゆったりめの授乳服もたくさん売られています。授乳服だと、ワンピースでも授乳口が付いているので、安心ですね。出産前に健診用に1着でよいので、産後のゆったりした服を購入しておくのもよいかもしれませんね。

出産準備のムダを少しでもなくす節約方法   

親戚兄弟やお友達のおさがりを利用する  

出産準備品を全て買い揃えようとすると、かなりお金がかかってしまいます。ですから、親戚や兄弟、又はお友達におさがりがもらえそうな場合は、おさがりを使うと節約できますよ。

たとえば、赤ちゃんの肌着や服などは赤ちゃんはすぐに体が大きくなるので、あまり使わずにサイズアウトしてしまうことも多いです。「かわいい服を着せてあげたい」と思う方は多いと思いますが、肌着や服のおさがりがもらえる場合はおさがりで頂いた服を部屋着にして、お出かけ用の服だけ購入すると節約になりますよね。

また、おもちゃやベビーバスなどもおさがりを頂けるとかなり節約することができます。おもちゃはせっかく買ってもすぐに飽きてしまうこともあり、ベビーバスは約1カ月程しか使わないことも多いです。

入院中に病院で貰えるものは遠慮せずに貰う   

入院中に、病院から出産祝いとして生理用品や、産褥ショーツなどを貰える場合があります。人によっては、入院中に全部使わずに余ってしまうこともあります。そのときは、お家でも使える物なので、退院のときに遠慮せずに持って帰りましょう。

産褥ショーツは、病院から頂けると購入する手間も省けますし、次、出産したときにも使える物なので貰っておくとよいですよ。また、ミルクが余ったときに持って帰らせて頂ける病院もあります。ミルクはいくつあっても使う物なので、貰えるとラッキーです。「お家に買ってあるから」と遠慮しなくてよいですよ。

また、アンケートに答えると赤ちゃんのおもちゃが1つ貰えるなどの、特典のある病院もあります。面倒臭がらずに、おもちゃをゲットしちゃいましょう。

インターネットで安い商品を探す

赤ちゃん用品は、新しい物を揃えるとかなりお金がかかってしまうことがあります。最近では、インターネットで新しい物でも安く購入できたり、中古で赤ちゃん用品を買えたりするので、節約したい方に便利ですよ。

たとえば、チャイルドシートやベビーカーなどは新しい物を買うと高額ですよね。インターネットで調べてみると、中古で1万円以内で購入できる物を見つけられることもあるので、調べてみるのもいいですよね。

また、「中古は嫌だ」という方は、インターネットで型落ちした新古品を購入するとお得に購入できます。「新作じゃなくてもいい」「デザインにこだわりが無い」と言う方は、新古品を探してみると少し安く購入することができますね。


前準備はモノだけではなく心の準備も大切   

出産のイメージや育児の勉強をする

出産準備には、物を揃えるだけではなく、心の準備をしておくことが大切になってきます。自分が出産しているイメージをしてみたり、陣痛や破水について勉強したりすると、いざ出産のときが来ても焦ることが無いので安心ですよね。

出産はママが焦ってしまったり、痛みで暴れたり騒いだりすると、お産の進みが悪くなると言われています。まずはママが深呼吸して落ち着くことが大切なので、出産のことを少し勉強するとイメージしやすくてよいですよね。また、病院や地域で開かれている妊婦教室に参加するのも、出産の流れや入院中の生活などを、色々教えてもらえるので、勉強になりよいかもしれません。

育児も同じで、赤ちゃんが生まれないとイメージがなかなかできないかもしれません。しかし、赤ちゃんのお世話の仕方や、生後間もない赤ちゃんに、気をつけなければいけないことなどを勉強しておくと、赤ちゃんのお世話がスムーズにできますし、トラブルにもママが焦らず対応できます。

実際に育児をしている先輩ママに、出産や育児の話を聞くのもイメージしやすくなるのでよいですよね。



ママだけでなくパパも一緒に準備する

ママは妊娠した頃から、お腹の中で赤ちゃんを育てているため、お腹が大きくなるにつれて徐々に「これから出産して、赤ちゃんとの生活が始まるんだ」とママになる覚悟ができてきます。しかし、パパは身近でママを見ていても、赤ちゃんとの生活や出産はどんなものなのかを、イメージすることは難しい方が多いです。

育児をしていくには、パパの協力が必ず必要になってくるので、出産準備をするときは、パパも一緒に誘い2人で準備することをおすすめします。一緒に準備していくと、服を選んでいても「赤ちゃんはこんなに小さいんだ」と実感したり「これから赤ちゃんが生まれてパパになるんだ」とパパになる自覚が少しずつ芽生える方が多いです。

地域や病院で開かれている妊婦教室には、パパも参加してよい教室が多いので、一緒に教室に参加するのもよいですよね。教室では、沐浴体験や、実際の赤ちゃんの重さ位ある人形を抱っこする体験などもあるので、体験してみると赤ちゃんのお世話の大変さや、「こんな重さを、ママはお腹で支えているんだ」とママの大変さに気づくパパは意外と多いそうですよ。

まとめ

出産準備は、「あれを準備するのを忘れてた」と赤ちゃんが生まれてから焦ったり、「これも必要だったかな」とママが心配になったりしないように、時間をかけて少しずつ準備することをおすすめします。パパと協力して準備することで、夫婦で赤ちゃんの話をする機会が増え、親になる自覚が芽生えます。

ママが安心して出産に集中できるように、買い忘れが無い様に気をつけましょう。出産準備を時間をかけてすることで、無駄の無い買い物ができますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント