就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒に元気に歌おう!楽しく踊れる歌や懐かしい童謡をご紹介

子どもと一緒に元気に歌おう!楽しく踊れる歌や懐かしい童謡をご紹介

子どもは歌が大好きで、歌う声には元気がありますよね。歌を歌うことは、子どもの心を豊かにしてくれる効果がありますよ。子どものまわりには、すてきな歌があふれています。今回は、楽しく踊れる歌や、ママにとっては懐かしい童謡をご紹介します。ぜひ、子どもと一緒に元気に歌いましょう。

子どもの心を豊かにしてくれる歌の効果とは

手遊び歌は子どもの知育につながっている

手遊び歌が好きな子どもは多いですよね。幼稚園や保育園では、手遊び歌を取り入れている園がたくさんあり、子どもの「手」だけでいつでも、どこでも遊ぶことができる魅力があります。

多くの子どもやママに馴染みがあり、定番の手遊び歌が多いですが、もし初めてでも簡単に遊ぶことができますよ。分かりやすい歌詞やメロディー、動作が基本なので親子で楽しむことができるでしょう。

また、手遊び歌は、子どもの知育につながっています。音楽を聴いて真似をして歌ったり、手や体全体を動かしたりすることは、子どもの記憶力や言語力の向上につながります。

手遊び歌の歌詞には、日常生活で使う挨拶や、食べ物、数字などが使われているので、自然と覚えることができますよ。

歌って踊りながらリズム感覚が養われる

子どもが歌を歌いながら、手拍子をしたり体を揺らしたりしている場面は、見ていてほほえましいですよね。子どもは、歌や音楽を聴いて、無意識のうちの体でリズムを取ろうとしているのかもしれませんよ。

まだ二つのことを同時に行うことが難しい年齢の場合だと、始めは歌いながら手拍子をすることが難しいかもしれません。しかし、歌うことを繰り返しているうちに、やがて感覚をつかんで歌いながら、リズムに合わせて手拍子ができるようになります。

また、歌いながら体全体を使って踊ることもリズム感覚が養われます。踊りには、日常生活の「歩く、走る、跳ねる」という動作が含まれることが多いです。リズム感覚とともに反射神経が養われるという効果もありますよ。

想像力が育まれ子どもの世界が広がる

歌には、それぞれの世界観やストーリーがあります。子どもは、その歌からいろいろなことを想像して、歌の世界観を楽しむのではないでしょうか。

歌そのものには、テレビのように映像はありません。その分、歌をしっかり受け止めて、子ども自身で歌の世界を想像する楽しみがありますよ。

例えば、歌詞の中に「星」がでてきたら「星はどんな色をしているかな」「星を見つけたら、どんな気持ちになるかな」など、子どもが歌の状況を想像しやすい質問を投げかけてみましょう。また、歌に登場人物がいる場合、相手の気持ちを想像する力も育まれますよ。

ママが、想像する子どもの気持ちを受け止め、繰り返すことで、子どもの想像力が育まれて子どもの世界がどんどん広がるでしょう。

子どもが元気に踊りたくなる歌3選

前向きになれる歌詞が魅力的な「さんぽ」

【さんぽ】は長年にわたって、子どもから大人まで、幅広い世代に親しまれている歌ですね。前向きになることができる歌詞や、明るいメロディは子どもたちにとって歌いやすく、魅力的なのでしょう。

歌詞の初めに出てくる「歩こう!歩こう!」の部分では、元気に歌いながら、思わず歩き出す子どもがたくさんいるそうですよ。子どもが簡単に行動できる歌詞は、子どもにとって分かりやすく、受け入れることができるのでしょう。

また、幼稚園や保育園では、運動会などの行進曲として選ばれていることが多いですよ。元気に足踏みをしながら歌う園児の姿は、楽しさと頑張る気持ちで満ち溢れていることでしょう。

さんぽを歌いながら、どこまでも進んでいけそうな気持ちになりますよ。

手拍子で歌おう「おもちゃのチャチャチャ」

「チャチャチャ」というフレーズが印象に残る【おもちゃのチャチャチャ】は、子どもに親しまれている代表的な童謡の一つです。2007年には「日本の歌百選」にも選出されています。

童謡の中でも定番の曲で、ママにも子どもにも人気があります。友だちと一緒に歌って楽しむことができるので、子どもに喜ばれますよ。

おもちゃのチャチャチャは、歌いながらリズムに合わせて手拍子をしたり「チャチャチャ」の部分で、早いリズムを三つ打ったりするなど、1曲の中でリズムの変化を感じることができます。小さな子どもだと、早いリズムを三つ打つことは難しいかもしれませんが、カスタネットやタンバリン、鈴などの楽器を使って、子どもが楽しむ気持ちを引き出しましょう。

心が温かくなれる「おめでとうを100回」

NHKの人気番組「おかあさんといっしょ」で人気の曲【おめでとうを100回】は、かわいらしい歌詞と明るくて弾むようなメロディーが人気ですよ。幼稚園や保育園では、お誕生日会で歌われることが多く、先生やほかの子どもたちと一緒に歌ってお友だちをお祝いすると、みんなの心が温かくなりますね。

歌詞には、子どもが日常生活で感じたり、経験したりする小さな幸せや、子ども自身が頑張ることによって達成できたことを、一緒に喜んでくれるような内容が描かれています。親子で歌うと盛り上がりますよ。

子どもが自分の経験と重ね合わせて思い出しながら歌ったり、おめでとうを伝えたい誰かの顔を思い浮かべながら歌ったりして、子どもの心の成長につながるとよいですね。

世代を超えて愛されている童謡3選

可愛らしい振付けが大人気「アイアイ」

童謡は、子どもが歌うことを目的に作られた曲で、ママも子どもの頃に楽しんだことがあるのではないでしょうか。世代を超えて愛されているので、ママやパパ世代、おばあちゃんやおじいちゃん世代も楽しむことができるでしょう。

おさるさんがテーマの【アイアイ】は、可愛らしい振付が子どもに大人気ですよ。誰もが一度は歌ったり、耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。

歌い始めの「アーイアイ」の部分で、両腕を顔の前で交互に上下に動かす振付けは、小さな子どもでも簡単にできるので、幼稚園や保育園のお遊戯会で披露されることが多いですよ。「アイアイ」と繰り返される歌詞が、子どもにとって覚えやすく、言葉にもしやすいので、子どもが楽しんで歌うでしょう。

手遊びの定番「パンダうさぎコアラ」

歌詞がとても簡単な【パンダうさぎコアラ】は、手遊びの定番です。それぞれの動物の特徴を手遊びで表現したり、リズムの変化を楽しんだりすることができるので、大人気の童謡ですよ。

小さな子どもでも歌詞を理解しやすいので、すぐに楽しむことができますよ。手遊びの方法をご紹介しますね。

まず、歌詞の「おいでおいで」の部分では手招きをします。「パンダ」は手を丸くして、覗くように目にあて、パンダの目の周囲が黒いことを表します。

「うさぎ」は、うさぎの長い耳をイメージして両手を頭の上に上げましょう。「コアラ」は、体の前に両手で輪を作り、ユーカリの木につかまっている様子を表現します。

繰り返しながら、曲のスピードを速くすると盛り上がりますよ。

たくさんの動物たちの演奏会「山の音楽家」

曲の中にたくさんの動物が登場する【山の音楽家】は、動物が楽器を使って演奏会をするストーリーです。子どもに馴染みがある動物が登場するので、子どもたちは動物が演奏会をしている様子を想像して、ワクワクすることでしょう。

また、動物たちの演奏会には、普段あまりふれる機会がないような楽器が登場します。なかには、初めて知る楽器があるかもしれませんね。

歌詞の中では、楽器の音色を言葉で表現して歌ったり、楽器を演奏する真似の振付けがあったりして、まるで自分が本当に演奏会をひらいているような感覚で楽しむことができますよ。たくさんの動物や楽器が登場するので、友だちと順番に交代したり、歌詞にはない動物や楽器で替え歌にしたりしても面白いですよ。

まとめ

世代を超えて愛されている手遊び歌や童謡は、子ども目線で作られているので、子どもが自然と口ずさみやすく、ママやパパ、おばあちゃんやおじいちゃんも一緒に楽しむことができます。歌は大切なコミュニケーションツールの一つといえますね。

子どもは映像にはない歌の世界を自分で想像して楽しみます。自分の世界を広げることは想像力が育まれ、やがて、相手を思いやる気持ちが芽生えるなど、子どもの心の豊かさにつながりますよ。

前向きで元気になる曲や、踊りたくなる曲はたくさんあります。ママは子どもと一緒に思いきり楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018